スカルノハッタ国際空港


スカルノハッタ国際空港について

スカルノ・ハッタ国際空港(Jakarta International Soekarno-Hatta Airport)は、インドネシアの首都ジャカルタ中心部から北西約35kmのバンテン州タンゲランにある国際空港である。
1985年4月に開港。それ以前は、国内線空港はジャカルタ中心部にあったクマヨラン空港、国際線空港はジャカルタ東部にあったハリム・プルダナクスマ国際空港が利用されていた。「スカルノ・ハッタ」という空港名は、インドネシアの「独立宣言書」に署名した初代大統領スカルノと副大統領のモハマッド・ハッタからとられた名称だ。空港名をつけたのは第二代大統領スハルトである。
ターミナルは、ジャワ王宮の建築様式が取り入れられ、それぞれ航空会社別にAからFまでに分かれている半円形のものが二つとLCC専用のターミナル3がある。
ガルーダ・インドネシア航空の拠点空港の一つであるスカルノ・ハッタ空港は、インドネシア最大の空港である。ジャカルタ市の中心部からは、離れているため車で1時間程度かかる。

スカルノハッタ国際空港の基本情報

日本語表記

スカルノハッタ国際空港

英語表記

Jakarta International Soekarno-Hatta Airport

IATA 3レターコード

CGK

ICAO 4レターコード

WIII

国・都市

インドネシア・ジャカルタ

日本からの所要時間

約8時間

日本からの行き方

成田、関西から直行便が就航

年間利用者数

3,086万3,806人(2006年)

インドネシアの入国

インドネシア入国の際には、まず機内での入出国カードの記入が必要となる。入出国カードには、姓名(パスポートと同じスペル)・性別・国籍・出生地・生年月日・パスポート番号・発給地・有効期限・居住国・搭乗地・便名・職業・旅行の目的・宿泊施設・滞在予定期間・インドネシアでの滞在先(ホテルなど)・サイン・次の目的地の記入が必要となる。

空港到着後、ビザ・カウンターでビザを取得し、ビザの貼られたパスポートと出入国カードを持ち、入国審査へと向かう。この時、出国カードは返されるが帰国時に必要となるため保管しておくこと。入国審査後、搭乗した便名の掲示されたターンテーブルで荷物を受け取る。万一、荷物が出てこない場合は、バゲージ・クレーム・タグを持ち係官へ申し出を。荷物を受け取ったら税関へ行き、カウンターで税関申告書を提出する。その後、市内へ。

スカルノハッタ国際空港の国内線・国際線の乗り継ぎ方法

ジャカルタで国内線乗り継ぎは、1階到着ロビーにてまずは、VISA ON ARRIVALカウンターへ行き、入国・検疫審査、荷物受け取り、税関審査の順序となる。その後、出発階2階へ移動し、乗り継ぎ先航空会社カウンターで手続き。なお、出発階2階のFエリアが国内線となる。
ジャカルタでの国際線乗り継ぎは、1階到着後、国際線乗り継ぎカウンターで手続きし、入国審査前のエスカレーターにて出発階2階で進む。注意事項として、国内線への乗り継ぎは、一旦ジャカルタでの入国審査となるため、時間が思いの外かかるようだ。余裕を持った乗り継ぎ時間を確保することと、事前に搭乗する航空会社のホームページで予習をしたほうがよいだろう。ジャカルタでの必要乗り継ぎ最低時間(国際線→国内線)は2時間だが、もう少し余裕があった方が良いという意見が多くなっている。

スカルノハッタ国際空港周辺のホテル

スカルノ・ハッタ空港には、エアポートホテル「ジャカルタ エアポート ホテル」がある。このホテルはスカルノ・ハッタ空港の中にあるトランジットに便利なホテルである。また乗り継ぎや出発時間までの休憩などにも便利。ターミナル2Eの中央にある2階の専用エスカレーターを上がるとレセプションがある。ホテルに沿った窓からは、飛行機の離着陸が見ることができる。ホテルの内部は24時間営業のレストランやビジネスセンター、くつろげる客室など快適に過ごす事ができる。フライトスケジュールをチェックできるテレビも完備されている。しかし、インターネットの使用にはプリペイトカードを買う必要がある。部屋数は82室あり、タイプはアメリカンである。

スカルノハッタ国際空港へのアクセス

ジャカルタ市街までは約35kmである。市内中心部へのアクセスは、タクシーかエアポートバスが便利である。

リムジンバス

エアポートバスは、ジャカルタ空港の到着ロビー前から、ガンビル駅西口、ブロックM、カンプン・ランブータン・バスターミナルの間を結んでいる。どちらも所要時間は約30~45分程度かかる。

タクシー

タクシーに乗るには、国際線ロビー内のタクシーカウンターでチケットを購入するか、到着ロビーの外でタクシーの係員の指示に従う。タクシーはメーター制で、チャージ料と高速料金が加算され、市内まではRp.10万程度である。また時間帯によっては渋滞もあるので、余裕ある行動を心がける必要がある。所要時間は約40分~1時間程度かかる。渋滞が激しい場合は1~2時間かかる場合もある。

ビザ

インドネシアではインドネシア政府の通達により日本を含む65の国と地域の国籍の観光客に対し、観光目的でインドネシアに入国する場合、短期観光ビザの取得が義務付けられている。スカルノ・ハッタ国際空港を含むインドネシア国内の20の空港で、到着時に短期観光ビザを取得することができる。

その際には帰り便のチケット、もしくは第3国行きのチケットが必要となる。また、日本出国前に、パスポートの残存有効期間が6カ月以上、査証欄空白ページが3ページ以上ある事を確認する必要がある。短期観光ビザの適用滞在日数は、30日以内。代金は1人当たり35米ドルである。入国手続きに混雑も予想されるので、出発前に該当金額分の米ドルの用意を勧める。

スカルノ・ハッタ国際空港では、ビザ・カウンターでビザを取得する。最初に、支払窓口で当額金額(30日間有効、1人35米ドル)を支払い、次のビザ発行窓口で、パスポート、記入済みの出入国カード、領収書を提出する。すると、パスポートに短期ビザのシールが貼られ、出入国カードと共に返される。

税関

税関申請書は機内で用紙にて配布される。税関申請書には、表面に、1. 到着日、2. 便名、3. 姓名、4. 国籍、5. パスポート番号、6. 職業、7. インドネシアでの滞在先、8. 同伴者数(本人を除く・1家族に1枚)、9. 荷物の数を記入する。

裏面には、『下記の物を持ってきていますか?』と書かれており、その内容は、10.「1人につき250米ドル以上、または1家族につき1,000米ドル以上の海外で購入した品物」「11.紙巻きタバコ200本以上、または葉巻50本以上、または刻みタバコ200g以上、または酒類1リットル以上」「12.動物・魚・植物、またはそれらの産物」「13.麻薬、向精神物質、火器、武器、弾薬、爆発物、ポルノ関連品」「14.映画フィルム、録画済ビデオテープ、レーザーディスク、レコード」「15.1人につき1億ルピア以上の現金」である。これらに対し、該当する場合にはYesの欄に、該当しない場合にはNoの欄にチェックをする。

入国審査・荷物の受け取りを終えたのちに税関へ行き、カウンターでこの税関申告書を提出する。免税は18歳以上にのみ適用されるが、タバコ類、酒類は21歳以上に適用となる。なお、ここで手荷物のX‐線チェックを受ける。

ジャカルタ空港で支払いが必要な諸税

・空港税
インドネシアの空港から出発する旅客が対象。国際線は150,000インドネシアルピー(約1,500円)、国内線は方面によって20,000~40,000インドネシアルピーが必要となる。
非課税対象者は、座席を使用しない2歳未満の幼児、国際線⇔国際線での6時間未満の乗継旅客となる。支払方法は、当日空港のチェックインカウンターにて支払う。

2014年1月現在
注意:条件が変更となる場合があります。詳しくは、弊社コールセンターまでお問合せください。

インドネシアでの注意点

ジャカルタ(インドネシア)では、国民の多くがイスラム教徒である。そのため、宗教的な文化背景に配慮が必要である。例として、不浄の手とされている左手で握手を求めたり、食べ物をつかんだりしないこと。また、人の頭部は神聖な場所と考えられているため、触れられることを嫌うので、子どもと接する時などは気をつけたい。

またイスラム教の教えがあるため女性は肘まで袖のあるもの、膝丈以上のものを着るようにし、なるべく肌の露出が高い服は避けること。インドネシアは多民族国家ゆえに、地域によって宗教や文化も異なるためそれぞれのタブーやマナーは事前にチェックが必要だ。また治安は比較的良い方であるが、置き引き、スリがいる。大金は持ち歩かない、現金は分散して持つなどの注意点が必要である。


スカルノハッタ国際空港
格安航空券を検索する
出発地
目的地
アジア - インドネシア - ジャカルタ
日本出発日(往路)
現地出発日(復路)
★さらに絞込みができます。
航空会社
座席クラス
人数
大人  人   子供  人

検索する

航空券+ホテル・セット割で検索する

インドネシアの旅行ガイド

インドネシア旅行を楽しむための旅行ガイドはこちら!

インドネシア旅行ガイド