松山空港


松山空港について

国内旅行の空の玄関といえば、台北の松山機場(飛行場)。台北市内にありビジネス街から車で10分程度という便利な立地に加え、1日のフライト数は150を越えるという、ほとんど列車か長距離バス並のスケジュール。まさに列車感覚で、気軽に利用できる国内空港である。  松山機場の前身は、日本の空軍基地。戦後は国際空港としても使用され、ここから東京、香港、バンコク、そして中国大陸の福建省や、上海へ国際便が飛んでいたそう。1979年に桃園市に台湾桃園國際機場(旧名:中正國際機場)がオープンすると、国際線はそちらに移管され、松山機場は国内便専用の飛行場として使われるようになった。2010年10月に羽田空港の松山線が就航開始により、段階的にターミナルの改修工事が行われ、2011年3月29日に国内線が第2ターミナルに移転、第1ターミナルが国際線専用になった。

松山空港の基本情報

日本語表記

松山空港

英語表記

Taipei Songshan Airport / Taipei International Airport

IATA 3レターコード

TSA

ICAO 4レターコード

RCSS

国・都市

台湾・台北

日本からの所要時間

約4時間

日本からの行き方

羽田-台北(松山)

年間利用者数

4,470,859人

松山空港のターミナル情報

空港ビル内では、航空会社の営業運営、パスポート検査、安全検査といった作業、銀行、保険、郵便、電信、ショッピング、レストランといったスポットを提供し、完璧、スピーディー且つ便利なサービスを提供しております。松山空港は24時間運行の空港に属している。ただし、騒音管制により、毎日23:00から翌日6:00までは飛行及び試行運転制限時間としている。現ターミナルの西側に第二ターミナル(国際線到着専用)が建設され、その後、日本の国土交通省航空局は、日本と台湾の航空関係に関する民間協会間の合意で羽田第4滑走路供用開始後の羽田/台北(松山)線の開設が合意され、就航航空会社は日本航空と全日本空輸、チャイナエアラインズとエバー航空で、両国の航空会社がそれぞれ1日4便ずつ就航する。

台湾の入国

機外に出て、まず検疫を通過し、入国審査カウンターへ進みます。本国籍は、到着日の翌日から起算して90日以内は、ビザ不要。機内で配布される入国カードと税関申告書に必要事項を記入してパスポート、復路または第三国行きの予約済航空券と一緒に提示すること。その後、1階へ降り、荷物受取ターンテーブルへ。荷物を取ったら、税関でチェックを受け、到着出口へ。

台湾の出国

搭乗手続きは、出発時刻2時間半前より。搭乗便の表示で出ているカウンターで航空券とパスポートを提示して搭乗券を受け取ること。チェックイン後はエスカレーターで2階へ進むこと。機内手荷物検査でX線による手荷物の検査がある。 2階出発ロビーの中央に審査場入口がある。審査場ではパスポートと搭乗券を提示し、パスポートに出国スタンプを受け取る。審査後、ゲート案内表示板に従い、ゲートに向かう。

松山空港の国内線・国際線の乗り継ぎ方法

松山空港内での乗り継ぎの場合、乗り継ぎの案内に沿って移動する。もし、桃園国際空港への移動が必要な場合、到着ターミナルを出たところにタクシー乗り場がある。時間帯によっては交通渋滞により、時間がかかることがある。 所要時間 約40~50分 料金 約TW$800~1000 運行時間 24時間 もしくは、リムジンバス・国光バス「国光号」が松山国際空港と桃園国際空港間を運行している。 所要時間 約45~60分 料金 TW$125元 運行時間 5:00台~22:00台 鉄道アクセス;台北捷運内湖線松山機場駅より徒歩1分 かつて松山駅から松山飛機場線という台湾鉄路管理局の鉄道路線があったが、1976年に廃線になった。現在、台北捷運内湖線が2009年7月4日に開業し、鉄道によるアクセスが復活している。

松山空港周辺のホテル

ザ シャーウッド台北(台北西華飯店): 台北のSongshan周辺に位置するこのホテルは、国立台北大学、台北アリーナに近接している。 ザ シャーウッド 台北 (台北西華飯店) では、室内プール、サウナ をご利用いただけます。ホテル では、レストラン、フルサービス スパ も利用できる。 ハイビジョンテレビ では、プレミアム 衛星放送 チャンネルを見ることができる。客室には、無線インターネットアクセス (無料)、ファックス、ズボンプレッサー もある。 松山空港までは、1キロの距離でアクセスが便利な立地である。

サンワールド・ダイナスティー・ホテル(台北盛世王朝大飯店) ホテルは、台北地心部のビジネス地区(松山区敦化北路)にあり、MRT木柵線 南京東路まで徒歩7分、国内線の台北松山空港まで1.5km。

福華敦化緑園(ハワード・グリーン・ガーデン・ホテル) ハワード・グリーン・ガーデン・ホテルは台北市街中心部に位置している。高いレベルのサービスが宿泊客にとって台北の良い想い出になる。住宅地域にあり、MRT木柵線 南京東路駅から徒歩で15分の距離です。国内線の松山駅はホテルの北700mの場所にある。

松山空港の観光スポット

台北市は、台湾の最重要都市である。台湾のほかの県や都市と較べると面積的には大きくないが、沢山の名所旧跡がある。旧跡と博物館の数では、台湾の首位に位置している。外国人観光客を魅了してやまないのが台湾名物の「夜市」で、有名な夜市としては士林夜市、饒河街夜市、臨江街夜市、華西街夜市、寧夏路伝統夜市などがあり、東区新興商圏のPUB街も人気の場所となっている。台北101から眺める台北の夜景もお薦めである。また、自然豊な陽明山や北投温泉も知られている。 台北の主な見所 総統府(旧 台湾総督府) 国立故宮博物院 二二八和平公園 陽明山国家公園 士林官邸

松山空港へのアクセス

台北捷運内湖線松山機場駅より徒歩1分 かつて松山駅から松山飛機場線という台湾鉄路管理局の鉄道路線があったが、1976年に廃線になった。現在、台北捷運内湖線が2009年7月4日に開業し、鉄道によるアクセスが復活している。 台北松山空港への行き方:市内バス(5、33、49、214、225、225区間車、254、262、275、285、617、630、801、803、902、906、909、敦化幹線、棕1線、棕16線、紅29線、紅31線、紅32線) リムジンバス:台北松山空港と台湾桃園国際空港の間で運行、基隆と桃園への空港バスもある。 タクシー :到着ターミナルでタクシーを利用できる。時間帯によっては交通渋滞により、時間がかかることがあります。所要時間 約15~20分(台北駅まで) 料金 約TW$120~150 桃園国際空港方面へも、到着ターミナルを出たところにタクシー乗り場がある。所要時間 約40~50分 料金 約TW$800~1000 運行時間 24時間

免税手続きについて

台湾で購入したものに付加される消費税を免税する手続きは、出国審査後にはできなくなっているので注意をしたい。1Fチェックインカウンター横の専用カウンターで手続きを行う。2Fの手荷物検査場手前にも日本語で注意書きが記載されている。

松山空港の外貨両替について

松山空港での外貨両替については、国際線到着時、税関検査後(1F)に両替所があるのでそちらで行うと便利である。なお、出国時、出国審査後の制限区域内には両替所がないので注意をしたい。余った台湾ドルを両替したい場合は、到着ホール(1F)にある両替所へ行く必要がある。

松山空港のお役立ちリンク集

※記載している情報は予告なく変更される場合があります。最新情報はご自身でご確認ください。

松山空港
格安航空券を検索する
出発地
目的地
アジア - 台湾 - 台北
日本出発日(往路)
現地出発日(復路)
★さらに絞込みができます。
航空会社
座席クラス
人数
大人  人   子供  人

10人以上の方はこちらから

検索する

航空券+ホテル・セット割で検索する

台湾の旅行ガイド

台湾旅行を楽しむための旅行ガイドはこちら!

台湾旅行ガイド