中国南方航空(China Southern Airlines)


中国南方航空について

中国南方航空についての画像

中国南方航空(China Southern Airlines)は1988年に広州を拠点として誕生した航空会社である。その後2002年に中国系の航空会社との合併により、中国において最大規模の旅客数・便数を誇る航空会社へ発展している。2009年には搭乗者数で世界第3位、アジアでは1位を記録しており、2014年には年間輸送旅客数が1億76万人を記録し、中国の航空会社では初めて1億人の大台を超えた。 また中国南方航空は、31年連続で中国最大の航空会社に認定されており、年間フライト利用者数において、中国本土の航空会社で唯一、世界の上位10位以内に位置付けられている。日本へは1995年に、関空から広州までの便を就航し始め、現在では、関空、成田、中部など全国7都市と広州などの中国各地を結んでいる。また中国南方航空は安全な運航に対して中国航空業界で最も栄えある賞、「Five-Star Flight Safety Award」を中国民用航空局(CAAC)から授与された航空会社でもある。

中国南方航空の基本情報

正式航空会社名

中国南方航空

英語名

China Southern Airlines

通称

中国南方航空,南方

2レター

CZ

3レター

CSN

日本発着路線

成田・関空・中部を含め日本7都市から大連・瀋陽・広州など中国国内へ運航。
近年では、特に日本~中国内陸部間における直行便の路線開拓に非常に意欲的で、2015年夏ダイヤからは新たに12の路線に新規就航予定である。
中部からの武漢線や、関西からは貴陽線を皮切りに、長沙・深セン・南寧線などが新規就航予定。更に静岡からは武漢・南寧、長沙、鄭州と中国中南部4都市との定期便も予定しており、大幅な路線増となる。
また、計画段階ではあるものの、羽田~広州・貴陽・南寧線や、成田~鄭州・長沙・武漢線、茨城~深セン線など、今までに類を見ない画期的な日中間路線の拡大計画が一際注目を集めている。

ハブ空港

広州白雲国際空港

ネットワーク

中国をメインに約190都市に就航

アライアンス

スカイチーム

所有機材

ボーイング778・777・757・737およびエアバスA380・330・321・320・319など、600機以上保有

リコンファーム

必要(リコンファーム要・不要一覧

オンラインチェックイン

不可

中国南方航空の情報

中国南方航空の機内食やビジネスクラスなど、中国南方航空の情報はこちら!

中国南方航空 マイレージ

中華人民共和国で最も人気のあるフリークエントフライヤー・プログラムである「スカイパールクラブ(Sky Pearl Club)」は累積マイルに応じて無料航空券やアップグレードなどの特典がある。通常のマイレージのほか、マイル数に応じてシルバー・ゴールドカードもあり優先チェックインカウンターやラウンジなどを利用することができる。また、スカイチームに加盟しているため、KLMオランダ航空やデルタ航空などの航空会社ともマイル提携をしているので、予約クラスなどによってマイルの加算が可能となる。その他の特典として、中国最大級の航空会社のフライトを利用した特典旅行をより早く獲得できる方法や、世界中の提携航空会社およびその他の提携パートナーから各種特典を受けることもできる。

中国南方航空 機内食

中国南方航空の機内食はエコノミークラスはビーフかフィッシュの2種類、ビジネスクラスでは3種類から選択することが可能で、半月~1ヶ月ごとにメニューの変更を行っており好評である。特に中国南方航空のビジネスクラスではメインディッシュがビーフ、チキン、フィッシュの3種類から選択が可能である。あとはそばやチーズやクラッカー、デザートも提供される。その他 宗教、健康上の理由の特別食も用意されている。特別食やチャイルド、ベビーミールは出発の72時間前までのリクエストが必要である。リコンファーム時にも確認が必要となるので予め知っておくとよい。ドリンクはビール・ワイン・梅酒・紹興酒・日本酒他、各種ソフトドリンクも提供しているが、紹興酒を提供するところはさすが中国系の航空会社である。

ビジネスクラス

中国南方航空のビジネスクラスはワンランク上のサービスを提供している。シートピッチは180cm、自動調整機能付きのフットレストを用意、ヘッドレスト両側ウイングを動かすことにより就寝時でもプライバシーが守られる。各座席にはパーソナルテレビ、機内電話を設置。上空でもお客様のビジネスをサポートしている。その他 ビジネスクラス利用者には、預入荷物にプライオリティタグをつけることで預け入れ荷物を優先的に受取が可能で、乗り継ぎもスムーズである。チェックインではビジネスクラス専用のカウンターがあり、カウンターでの長時間待たされることも不要でスムーズにチェックインが可能である。当然各空港のラウンジも利用が可能で、飲み物や軽食、新聞、雑誌も用意してあり出発までの時間を快適に過ごすことができる。

スカイチームに加盟

中国南方航空は2004年8月にスカイチーム(Skyteam)へ加盟することを発表し、2007年11月に正式加盟をした。スカイチームは2000年エールフランス、大韓航空(コリアンエアー)、アエロメヒコ航空、デルタ航空により設立され、2015年現在で20社の航空会社が加盟している、スターアライアンスやワンワールドと並ぶ世界最大級の航空連合のひとつである。スカイチームに加盟している航空会社間でのフリークエントフライヤー・プログラムの提携、空港ラウンジの共有や、スムーズな乗り継ぎが可能となっている。また170ヶ国以上、1,000都市以上の国際的なネットワークを活かしたスカイチーム世界周遊パスや、ヨーロッパパスなどスカイチームパスが販売されていて、中国南方航空は中国国内100以上の就航都市から購入可能なスカイチームチャイナ・パスを提供している。

広州白雲空港

中国南方航空がハブ空港としている広州白雲国際空港は、2004年に旧空港より移転し新しく開港し、現在北京首都国際空港、上海浦東国際空港と並ぶ中国最大級の空港のひとつである。国際線と中国国内線が統合された設計になっていて、広州を経由して中国の各都市やその他の国際線への乗り継ぎがスムーズにできるようになっている。また乗り継ぎの待ち時間の間に隣接するホテルをデイユース(料金は別途必要)として利用することも可能であり、代表的な2つのホテルはいずれも空港への送迎サービスを行っている。 空港内にはホテルの予約カウンターや両替のカウンターがある。広東省の省都である広州中心部までの距離は28キロあり、高速道路が通じていて広州白雲空港から広州市内のアクセスは便利になっている。タクシーで市内へ行くこともできるが、「空港快線」「機場快線」の2社が空港と市内をリムジンバスで運行もしている。また2010年には地下鉄3号線が開通している。

※記載している情報は予告なく変更される場合があります。最新情報はご自身でご確認ください。

中国南方航空
格安航空券を検索する

出発地
目的地
日本出発日(往路)
現地出発日(復路)
★さらに絞込みができます。
航空会社
中国南方航空
座席クラス
人数
大人  人   子供  人

10人以上の方はこちらから

検索する

航空券+ホテル・セット割で検索する