• 初めての方へ
  • HELP
  • メルマガ
  • サイトマップ
  • english
  • ログイン(マイページ)
         


ハワイアン航空(Hawaiian Airlines)


ハワイアン航空について

ハワイアン航空についての画像

ハワイアン航空はハワイ最大の航空会社。1929年に創業したハワイアン航空は現在ハワイを拠点として運航する航空会社としては最も歴史が古く、2008年3月にアロハ航空が旅客サービスから撤退した後は、ハワイ唯一の大手航空会社となっている。 ハワイ諸島間のインターアイランド路線を中心に、アメリカ本土への国内線、タヒチ、シドニー、マニラへの国際線も運航している。
またアメリカの旅行雑誌「Travel + Leisure」のエアラインランキングではアメリカの航空会社トップ10に必ず顔を出す常連である。米国運輸省の航空旅客レポートでは定時到着率やサービスランキングで全米1位に選ばれることもある。サービス面では荷物の取り扱いについてもその正確性が高く評判が良い。
これまではホノルル空港とハワイ島コナ、ヒロ、マウイ島カフルイ、カウアイ島リフェを結ぶ国内線で便利な航空会社として人気だったが、2010年11月からは念願の羽田-ホノルル直行便が就航。また大韓航空とのコードシェア便に加え、2011年1月には韓国ソウル-ホノルル直行便も就航。また2011年7月には関空-ホノルル線も運航を開始した。日本ではロゴを使ったTシャツや雑貨などのグッズも人気となっている。

ハワイアン航空の基本情報

正式航空会社名

ハワイアン航空

英語名

Hawaiian Airlines

通称

ハワイアン

2レター

HA

3レター

HAL

日本発着路線

羽田-ホノルル
関空-ホノルル
札幌-ホノルル
仙台-ホノルル

ハブ空港

ホノルル国際空港

ネットワーク

ハワイ諸島、北米、タヒチ、アジア、アメリカンサモア

アライアンス

非加盟

所有機材

B717-200(主にハワイ諸島のインターアイランド路線)、B767-300ER(ハワイ-アメリカ本土,国際線)、A330-200(アメリカ西海岸路線、国際線)

リコンファーム

不要(リコンファーム要・不要一覧

オンラインチェックイン

ハワイアン航空の情報

ハワイアン航空の機内食やビジネスクラスなど、ハワイアン航空の情報はこちら!

ハワイアン航空 マイレージ

ハワイアン航空の“HawaiianMiles”(ハワイアンマイルズ)は日本からも簡単に入会ができるマイレージプログラム。ハワイアン航空の利用はもちろんのこと、デルタ航空やヴァージンアトランティック航空などの提携エアラインやハワイアン航空が飛んでいないハワイのラナイ島やモロカイ島への路線があるアイランドエアーでもマイルを貯めることができる。またハワイ旅行でも便利なレンタカーや現地ホテルの宿泊も対象となる。マイルや購入制度や事後登録も簡単に利用できる。利用回数が多くなるとプアラニ・ゴールドやプアラニ・プラチナムといった上級会員ステータスを獲得することも可能で、プレミア・クラブ特典としてラウンジの利用や優先予約、預かり手荷物の無料などさまざまな特典が受けられる。

ハワイアン航空 機内食

ハワイアン航空の羽田発ハワイ・ホノルル行きでは離陸後に軽い食事のサービスがあり、ホノルル着陸前にも朝食のサービスがある。ハワイ・ホノルル発羽田行きでは離陸後は食事のサービスが、羽田着陸前にも軽い食事のサービスがある。ハワイアン航空の機内食は、アジアとハワイの味と文化をミックスした、創作料理で有名な人気レストラン「チャイズ・アイランド・ビストロ」のシェフ、チャイ・チャオワサリー氏の監修による一流レストランの味と、伝統的なハワイ料理を融合させた幅広いメイン料理をハワイアン航空全クラスで楽しむことができる。また、飲み物については、日本発着便では、トロピカルジュースを含むソフトドリンクはもちろん、全てのアルコール飲料を無料で楽しむことができる。

ビジネスクラス

ハワイアン航空のビジネスクラスは、機材により座席数や座席配置などは異なる場合があるが、通常は2-2-2の配置で合計18席をビジネスクラスとして用意している。前後の座席間の間隔は76cm~81cmです。シートの間隔は他航空会社と比較してさほど広くはないが、本皮張りのシートで、体になじむ居心地のいい時間を過ごすことが可能だ。特に上質なハワイアンキルト柄のブランケットが好評である、また、日本の文化や習慣などのカルチャートレーニングを受けた客室乗務員が快適な空の時間を提供している。ハワイ到着後に過ごしていただく素晴らしい時間を予感させるサービスとしてまずは、搭乗後すぐにトロピカル・カクテルがサービスとして提供される。

関空に就航、2011年7月~

ハワイアン航空は、2011年7月より関西国際空港へ就航した。ハワイアン航空のホノルルからのアジア線就航は2010年10月の羽田国際空港就航、2011年1月のソウル・仁川空港就航に次いで3都市目となった。使用機材はボーイングB767-300ER、座席数はビジネスクラス18席、エコノミークラス246席である。関空からのホノルル線直行便は、日本航空、デルタ航空に次いで3航空会社目となり、近畿圏からホノルルへの渡航がより便利となった。

フライトスケジュールは、以下の通り
HA450 関西 2115 → ホノルル 1025
HA449 ホノルル 1420 → 関西 1815(翌日)

羽田就航

2010年11月からは国際線定期便が就航する羽田空港に乗り入れた。他社ではJAL、ANAも羽田-ホノルル線に就航しているが、米系エアラインとしては唯一の羽田-ハワイ直行便となる。美しくデザインされた機体に、ハワイの雰囲気を感じさせる機内サービスで、日本出発時からハワイ気分が楽しめる。スケジュールは毎日1便、羽田の出発時間は深夜0時頃、ホノルル到着は時差の関係で同日の正午頃となる。帰りはホノルル出発が午後6時頃、羽田到着は翌日の午後10時頃となり、首都圏なら終電にも間に合う時間。成田と比較すると、日本を出発する日は仕事帰りでも間に合う深夜、国内地方空港からの乗り継ぎにも便利。ホノルル出発は成田行きが朝~昼なのに対して、羽田行きは夕方遅くに設定されているため、帰国日にも買い物や観光を楽しめる。なお時刻は変更になる場合があるので、最新の時刻表は公式サイトで確認するのがおすすめ。

ハワイの国内線

羽田線就航が注目されているハワイアン航空だが、ハワイ諸島間のメインキャリアであることには変わりはない。ハワイの玄関口であるオアフ島ホノルル空港を中心に、ハワイ島、マウイ島、カウアイ島への国内線は最多本数を誇っており、ホノルル空港での国際線からの乗り継ぎも大変便利である。飛行時間の短いハワイ諸島間でもボーイング社のジェット機を使用しており、所要時間とホノルル-ハワイ島コナが約40分、ホノルル-ハワイ島ヒロが約50分、ホノルル-マウイ島カフルイが約35分、ホノルル-カウアイ島リフェが約35分とハワイの航空会社では最短。ホノルルからハワイ島、マウイ島、カウアイ島への主要路線はそれぞれ1日15~20便あり利便性が高い。離島間を結ぶ路線では本数は少ないがマウイ島カフルイからハワイ島コナ、ヒロ、カウアイ島リフェへの便もある。マウイ島カパルア、ラナイ島、モロカイ島へはアイランドエアーとの共同運航便を利用できる。

ホノルル空港での乗り継ぎ

ハワイアン航空ならハワイの玄関口であるオアフ島ホノルル空港から離島への乗り継ぎも便利。ハワイ島コナ、ヒロ、マウイ島カフルイ、カウアイ島リフェへ1日に何本も運航している同社の国内線に乗り継ぐことができる。国内線は国際線ターミナルから歩いてすぐのインターアイランド・ターミナルに発着している。荷物は日本からチェックインできるが、ホノルル空港では米国入国のチェックを受けるため、国際線で到着後にいったん引き取る必要がある。その後、乗り継ぎ専用の荷物カウンターで預けるか、自分でインターアイランド・ターミナルまで運び、再度預けなおすことになる。帰りにホノルルで滞在せずそのまま国際線へ乗り継ぐ場合は、離島から日本まで運んでもらうことができる。

※記載している情報は予告なく変更される場合があります。最新情報はご自身でご確認ください。

ハワイアン航空
格安航空券を検索する

出発地
目的地
日本出発日(往路)
現地出発日(復路)
★さらに絞込みができます。
航空会社
ハワイアン航空
座席クラス
人数
大人  人   子供  人

10人以上の方はこちらから

検索する

航空券+ホテル・セット割で検索する


        

Copyright © AIRPLUS co.,ltd. エアプラス株式会社

  • オンライン海外旅行サイト
  • イーナ・カスタマーサービス