香港エクスプレス(Hong Kong Express Airways)


香港エクスプレスについて

香港エクスプレスについての画像

香港エクスプレス航空は香港の航空会社である。中国語の旧称は「港聯航空」。
香港を拠点とした1997年に設立された航空会社である。海南航空の傘下にあり香港航空と提携している。
香港とマカオを結ぶ定期ヘリコプター、HELI EXPRESSの関連会社でもある。
2008年4月から、日本と香港の間の航空自由協定を受けて、日本便を大幅に増便した。
さらに、2012年末、香港エクスプレスの株主は香港初となる真の格安航空会社(LCC)を設立するための実現性調査に着手しました。そして、2013年6月26日の発表により、香港エクスプレスのLCCへの転換が正式に開始されました。
LCCサービスは2013年10月27日に開始した。

香港エクスプレスの基本情報

正式航空会社名

香港エクスプレス航空

英語名

Hong Kong Express Airways

通称

香港エクスプレス

2レター

UO

3レター

HKE

日本発着路線

羽田、関空から香港へ毎日運航

ハブ空港

香港国際空港

ネットワーク

中国国内線、アジアの都市8都市就航

アライアンス

非加盟

所有機材

エアバスア320 5機

リコンファーム

不要(リコンファーム要・不要一覧

オンラインチェックイン

香港エクスプレスの情報

香港エクスプレスの機内食やビジネスクラスなど、香港エクスプレスの情報はこちら!

香港エクスプレス 機内食

短距離区間を除き、機内食、ワインを含むドリンクが提供される。 ワインは、フランス産の赤、白2種類から選べる。 日本ー香港間は、ホットミール2種類(チキンと魚など)から選択でき、温かいパンと一緒に配られる。 食後は、ホットコーヒー、紅茶、中国茶のサービスがある。 ベジタリアンミールやベビーミールなどの特別食のリクエストは、出発24時間前までに予約センターで受け付け可能。 また、搭乗日が記念日や特別な日の場合は、出発24時間前までに予約をすると別料金で、シャンパンやケーキが用意される。

香港エクスプレス 機内サービス

機内表記、アナウンスは、英語、中国語のみで日本語の案内はサービスされていない。機内モニター等のサービス、アメニティグッズも用意されていない。毛布等の有料サービスも提供していないので、事前に用意し、飛行機に搭乗されることがお勧めである。無料持込荷物の制限も以前より厳しくなっており、1人あたり、1個(10kg)・115cm(36*56*23cm)になる。超えた場合は機内持ち込み不可となるので、注意が必要である。

チェックイン

香港エクスプレス航空は、MTRの香港、又は九龍駅で出発1日前からチェックイン、手荷物チェックインを完了する事ができる。(団体料金航空券は除く) また、香港空港到着後、深セン空港や中国本土やマカオ行きのフェリーに同日乗り継ぎのチケットを持っている乗客は、香港国際空港到着後、香港入国せずに直接中国本土やマカオで入国審査を受ける事ができる。その場合、香港入国審査の手前のフェリーへの乗り継ぎカウンターで手続きを済ませ、受託手荷物は船会社職員が代理で受け取り、船内に運ばれる。乗客は、専用バスで港まで身軽に移動ができる。

香港エクスプレスの就航している都市

香港エクスプレスが就航している都市はこちらから。

香港エクスプレスの格安航空券一覧

香港エクスプレスの格安航空券の一覧です。


香港エクスプレス
格安航空券を検索する

出発地
目的地
日本出発日(往路)
現地出発日(復路)
★さらに絞込みができます。
航空会社
香港エクスプレス
座席クラス
人数
大人  人   子供  人

検索する

航空券+ホテル・セット割で検索する