ガイ・フォークス・ナイト(ボンファイヤー・ナイト)

ガイ・フォークス・ナイト(ボンファイヤー・ナイト)

イギリスでは、11月5日はガイ・フォークス・ナイト(Guy Fawkes Night)またはボンファイヤー・ナイト(Bonfire Night)と呼ばれ、各地で篝火が焚かれ花火が打ち上げられるなど、秋から冬への季節の変わり目の風物詩として、長くに渡って親しまれています。
起源は今から約400年前にさかのぼり、当時の王政に不満を持ったガイ・フォークスを含む13人のカトリック教徒による陰謀「Gunpowder treason Plot」です。
今では11/5に向けて子供たちがガイ・フォークスに見立てた人形を作って町を引き回し、道行く人たちにお小遣いをねだり当日の篝火を買う資金などにし、その人形に篝火を焚いて祭るものとなっています。
ガイ・フォークス・ナイト(ボンファイヤー・ナイト)

イギリス

都市

ロンドン(メイン)

時期

11月5日

会場

ミッドサマーコモン、ケンブリッジのシティセンター

入場料・アクセス

入場料はかかりません。ご来場頂く場合、駐車場等ないため、車でのご来場はお避けください。

打ち上げ花火

日本のように長時間打ち上がるのではないですが、冬の風物詩として街を彩ります。

仮装行列

地域や、団体によって実に様々で、必ずしもボンファイアーに関係する仮装でないものも多く、ハロウィーンのようにお祭りの一環として思い思いに仮装しています。

開催時期の気候

日本と同じく10℃を下回る日が続くので、寒さ対策は万全に。

イギリスとの時差

日本時間マイナス9時間 ※サマータイム期間中は8時間

イギリスのイベント情報

ガイ・フォークス・ナイト(ボンファイヤー・ナイト)以外の、他のイギリスのイベント情報はこちらから。

※記載している情報は予告なく変更される場合があります。最新情報はご自身でご確認ください。