• 初めての方へ
  • HELP
  • メルマガ
  • サイトマップ
  • ログイン(マイページ)

         


ドバイ


ドバイについて

ドバイはアラビア湾(ペルシャ湾)の南岸に位置し、アラブ首長国連邦(UAE)を構成する7つの首長国のひとつである。
7つの首長国の中でアブダビ(Abu Dhabi)首長国の次に大きな首長国である。
ドバイ市は、ペルシャ湾に通じる水路「ドバイ・クリーク」の両岸に位置し、水路を挟んで、市の北側のデイラ地区と南側のバール・ドバイ地区に分かれている。
それぞれの地区に立派なモスク、賑やかなスーク、官庁街、ショッピング・モール、ホテル、商業ビル、銀行、病院、学校、アパートや住宅がある。
ドバイ市はUAEで最も重要な港であり、商業都市である。
超近代的な建造物の建設が続き、ガラスを多用した高層ビル群や上品で機能的なモダン建築物の数々、ドバイのスカイラインは常に変化している。
市街地を一歩外れるとそこは人の暮らしもまばらな砂漠地帯、砂漠の植物の世界が広がっている。
ドバイの飲酒は、ホテル内のレストランやバーでは認められているが、ホテル以外の場所ではたとえレストランでもアルコール飲料を供することは禁じられている。
写真撮影は、通常、観光客が写真を撮ることは許容されているが、ムスリムの女性を許可なく撮影することは大変に無作法なこととされている。
ムスリムの男性を撮影するときも事前の許可を得ることが望まれる。一般的に、政府及び軍事機関の建物を撮影することは禁じられている。

ドバイの基本情報

通貨

ディルハム (Dh)とフィルス(Fils)1Dhは100Fils

人口

1,200,309(2005年推計)

言語

公用語はアラビア語ですが、英語も共通語として広く理解されている。

行政区画

アラブ首長国連邦(UAE)はアブダビ(首都)、ドバイ、シャルジャ、アジュマーン、ウンム・アル・カイワイン、フジャイラ、ラアス・アル・ハイマ7つの首長国で構成されている。

面積

3,855平方キロメートル(アラブ首長国連邦(UAE)の中で2番目に大きい)

位置

中東地域のほぼ中央、アラビア湾(ペルシャ湾)の南岸に位置する。

気候

亜熱帯乾燥気候に属している。 1年は基本的に夏季(4~10月)と冬季(11月~3月)に分けられる。 夏季は高温多湿で、気温は40℃以上、湿度は100%に近くなる。 冬季は比較的温暖かつ湿度も適度で、平均気温は日中で20~30℃、夜間は15℃位になる。 サングラスや眼鏡を利用されている方は光発色性のフォトクロミックレンズの着用や帽子をお勧めする。

時差

日本との時差はマイナス5時間。アラブ首長国連邦の方が遅れている。

ドバイの旅行情報

ドバイ旅行の見どころや文化など、旅行情報はこちら!

ドバイの空の玄関口

ドバイに本拠を置くエミレーツ航空のハブ空港で、シンガポール航空の第2ハブ空港でもある。
ターミナルは3つ。第3ターミナルはエミレーツ航空専用である。
空港からドバイ市内方面への交通手段は、タクシー、バス、ドバイメトロである。
ドバイメトロが2009年に一部開通し、空港からの移動が便利になった。現在も建設中で順次開通予定である。
ドバイ国際空港から40km離れたジュベル・アリ地区に世界最大ドバイ・ワールド・セントラル国際空港(Dubai World Central International Airport)が建設中である。

ドバイの観光スポット

ブルジュ・アル・アラブ・ホテル(Burj al-Arab Hotel):ドバイ政府観光局の格付けによると「7つ星」の最高級ホテルである。
アラビア湾(ペルシャ湾)に面するパーム・アイランド(人工島)にあり、本土とは橋で繋がっている。
ブルジュ・ハリファ(Burj Khalifa):世界で最も高い建物で高さは828mである。建設の段階では、ブルジュ・ドバイの名で知られていた。
スキー・ドバイ(Ski Dubai):2005年にオープンした世界最大の室内スキー場である。下の階には、ショッピングモール(Mall of Emirates)およびホテル施設がある。
ドバイ博物館(Dubai Museum):ドバイ博物館は陸上からの侵入に備えて1799年頃建設されたアルファヒディ砦の中にある。
等身大のジオラマで、石油が発見される前の日常生活の様子を展示している。
シェイク・サイード邸(Sheikh Saeed’s House):ドバイ首長(1912-1958)を務めたシェイク・サイード・アル・マクトゥーム(現首長シェイク・マクトゥーム・ビン・ラシッド・アル・マクトゥームの祖父)の公邸であった建物が修復され、一般公開されている。
バージュ・ナハール(Burj Nahar):バージュナハールはドバイ防衛のためかつて多数建設された見張り塔のひとつで、1870年に建設され、デイラの美しい庭園の中にあり、人気の撮影スポットである。
ジュメイラ・モスク(Jumeirah Mosque):市内でも最大級のモスクである。中世ファティマ朝の伝統に基づき建設された、ふたつの尖塔をもつ荘厳なドームである。
ドバイ動物園(Dubai Zoo):ジュメイラ・ビーチ沿いにある屋外動物園。
世界で唯一の屋内ソコトラ・ウミウ(Socotra Cormorant)コロニー、自然界ではすでに絶滅したアラビア狼などのアラブ原産の生物を見ることができる。
ジュメイラビーチ(Jumeirah Beach):市内から少し離れた、静かで美しいビーチ。アラビア湾に沈む大きな夕日が見所である。
ワンダーランド(WonderLand):18ヘクタールの広大な遊園地に、さまざまな水のアトラクション、陸のアトラクションがある。
スピードスライド、サーフヒル、ツイスター、ウェーブランナー、カリビアン・クルーズなどが人気を呼んでいる。

ドバイのショッピング

食料品: クリークのすぐ近くにある昔ながらの狭い通路にあるスパイスのスークから、アラビア湾から取れた色々な種類の新鮮な魚を並べるモダンなスーク、 新鮮でみずみずしい色の果物や野菜のスークまで、各種のスークがある。
金製品: ドバイのスークの中で最も有名なものは金のスークです。狭い通路に面して、18金、21金、22金のブレスレット、ネックレス、イヤリングなど、色々な形と重さの24金の延べ板、22金や24金のブリオン金貨が販売されている。
カーペット: デイラタワーのショッピングモールには、イランやアフガニスタン、パキスタンなど湾岸地域一帯のカーペット商人たちがカーペットのスークを作り上げ、40軒の店舗が数百ディルハムから数千ディルハムまでのカーペットを商っている。
消費財: バールドバイではアルファヒディ・ストリートが電気製品の商店が集まっていることで有名です。
一方、近くのコスモス・レーンでは鮮やかなプリントの綿からエキゾチックな錦まで東西から集まった繊維製品を販売するお店が集まっている。
都心から離れたカラマはドバイの安売りセンターで、おもちゃ、家庭用品、繊維製品、ファッション、アクセサリーなどのお店で賑わっている。

ドバイのエンターテイメント&スポーツ

ラクダレース:町外れのレース場で冬期の毎週木曜日と金曜日に開催されている。
バードウォッチング:ドバイ首長国で観察できる野鳥は400種近くあり、多くの野鳥愛好家を魅了している。
サンド・スキー:ドバイ内陸部にある山岳砂丘の斜面を特殊なスキー板を使って滑り降りるスポーツである。
水上スキー:湾岸の暖かい海水と一年中降り注ぐ陽光のおかげで、ドバイは水上スキーにとって理想的な場所である。
セーリング:湾岸の優しい潮流や気流のためドバイで最も人気のある娯楽のひとつである。
ゴルフ: ドバイには世界最高クラスのゴルフコースとゴルフリゾートがいくつもある。
ドバイ・カントリークラブ(Dubai Country Club)やバイクリーク・ゴルフ&ヨットクラブ(Dubai Creek Golf and Yacht Club)などがある。

ドバイの魅力

1.経済成長率:ドバイの経済的成長率は2005年度で16%という驚異的な数字を記録。ドバイはイギリスの保護国として商人達の中継貿易港として発展してきた。その後、UAE結成などもあり原油産業からの脱却を図る。特に1981年の経済特区(ジュベル・アリ・フリーゾーン)の設立はその発展に大きく影響を与え、世界中の国々から人や物が集まることとになる。後に金融や流通の重要なスポットとして注目を集める一方で観光にも力を注いできた。

2.インドかドバイか:現在ドバイに居住している人のおよそ90%が外国人、そのうちの60%がインド人を含む南アジア出身者。数学に強く優秀な人材が豊富。また、英語が使えるということで、欧米企業のサポートコールセンター等が多く開設されたり、市場の大きさなどからもインド経済へも世界の企業が進出をし注目をされている。

3.税金無:オイルマネーが豊富な為過剰に税金を取る必要もなく、結果人や物が多く集まり、より経済が大きくなっていく。経済特区では関税がかからない。ドバイ全体でも所得税かからないさらにUAE人であれば、大学まで学費免除、結婚すると政府からお金が貰える。

ドバイ以外のアラブ首長国連邦旅行情報

ドバイ以外の、他のアラブ首長国連邦各地域の旅行情報はこちらから。

※記載している情報は予告なく変更される場合があります。最新情報はご自身でご確認ください。

ドバイ旅行
格安航空券を検索する
出発地
目的地
中東・アフリカ - アラブ首長国連邦 - ドバイ
日本出発日(往路)
現地出発日(復路)
★さらに絞込みができます。
航空会社
座席クラス
人数
大人  人   子供  人

10人以上の方はこちらから

検索する

航空券+ホテル・セット割で検索する


        


Copyright © AIRPLUS co.,ltd. エアプラス株式会社

  • オンライン海外旅行サイト
  • イーナ・カスタマーサービス