ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

24時間パッとカンタン、スグ買える ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

         


フランクフルト


フランクフルトについて

正式にはフランクフルト・アム・マイン(Frankfurt am Main)といいます。
ドイツの中西部、ヘッセン州の都市で、ライン川の支流のマイン川に面する国際都市。
ヨーロッパ有数の文化、経済の中心都市である。
伝統と近代、商業と文化、静寂と喧噪、そんなコントラストが楽しめるフランクフルトである。
中世においても見本市や商業の盛んであったこの街は、
現在、国際的な金融都市としてさまざまな会議や世界的に有名な見本市を開催することで世界的に知られている。
フランクフルトは、文豪ゲーテの生誕地でもあり、旧市街のレーマー地区や、
古くからの町並みと博物館が並ぶザクセンハウゼンなどの見どころがあり、
ロマンチック街道と、メルヘン街道への観光ルートの起点として多くの観光客が訪れている。

フランクフルトの基本情報

通貨

ユーロ(EUR)

人口

約66万人

言語

ドイツ語

民族

ほとんどがドイツ系

行政区画

フランクフルト・アム・マインは、ヘッセン州のダルムシュタット行政管区に属している。 ダルムシュタット行政管区の郡独立市である。

面積

248平方キロメートル

位置

ライン川の支流の一つ、マイン川の下流域に位置する。

気候

フランクフルトの位置するライン川の流れるエリアはドイツの中でも最も温暖な地域である。 夏季は、最高気温が平均25℃、最低気温が平均15℃ほどである。 湿度が低いので蒸し暑さも感じずにとても快適な日を過ごせる。 冬は、最高気温が5℃前後という日が続き寒さが身にしみる。 しかも日照時間が短く、霧に覆われたり曇ったりと暗い日が多い。

時差

日本との時差はマイナス8時間。サマータイム期間中はマイナス7時間。

フランクフルトの旅行情報

フランクフルト旅行の見どころや文化など、旅行情報はこちら!

フランクフルトの空の玄関口

ドイツ最大の空の玄関口として、また欧州における乗り継ぎ拠点として重要な役割を果たしている。
フランクフルトの中心部から南西約9kmの距離にある国際空港です。
空港からフランクフルト市内方面への交通手段は、シャトルバス、鉄道、タクシーがある。
シャトルバスは、空港と市内の主要ホテルを結んでいる。
鉄道は、空港第1ターミナル地下に空港ローカル駅があり、Sバーンと呼ばれる近距離用の列車が、
空港と市内のフランクフルト中央駅を結んでいる。
中央駅までS8またはS9で所要約11分で、15分間隔で運行している。
タクシーは、朝夕は通勤ラッシュで、渋滞する場合がある。市の中心まで所要約20~30分である。

フランクフルトの観光スポット

レーマー広場
街のシンボル、旧市庁舎のレーマーを始め、ニコライ教会やパウルス教会、ローマ浴場、大聖堂などの歴史的建造物などが周囲を取り囲む石畳の広場。

パウルス教会(Die Paulskirche)
ドイツで最初の国民議会(1848/49年)が開かれた場所で、ドイツ民主主義のシンボルになっている。

フランクフルト動物園(Zoo Frankfurt)
市の中心にあり、世界の動物園の中でも最古の一つに数えられている。屋外及び他に類を見ない独特の動物館に、総数500種類、4,500匹以上の動物がいる。

パルメンガーデン(Palmengarten)
世界中から集められた植物の楽園。毎年6月にはバラと光の祭典が開かれる。

マインタワー(Main Tower)
一つは正方形で高さ170メートル、もう一方は丸く、高さ199.5メートルで、非反射ガラスを使った高層ビル。

ゲーテハウス(Goethehaus)
ヨハン・ヴォルフガング・ゲーテはこの両親が住んでいた家で生まれた。18世紀中期の上流階級の生活ぶりがうかがえる家です。

メッセ(フランクフルト見本市)
メッセは、13世紀から続く書籍見本市と、国際モーターショーで知られるフランクフルトの見本市会場で、
複数の建物で構成され、高さ256mのタワーがフランクフルトのシンボル的存在になっている。

シュテーデル美術館/市立美術館(Stadelsches Kunstinstitut/ Stadtische Galerie)
ドイツで最も重要で有名な美術館の一つである。

ユダヤ博物館(Judisches Museum)
フランクフルトのユダヤ人社会の歴史と社会的、宗教的生活を紹介している。

フランクフルトのショッピング

ゲーテ通りの高級ブティックからツァイルの大型デパート群を通り、
高級陶器や家庭用品店が並ぶシラー通りまでが華やかな一大ショッピング地域である。
そのほかに点在するショッピング街は個性的な店が並び、落ち着いた雰囲気。
マイン川沿いでは毎週土曜日の午前に骨董や古着などのフリーマーケットが開かれる。

ツァイル(Zeil)
フランクフルトでの買い物には、ショッピングセンターのツァイル・ギャラリーやデパートが並ぶツァイル地区がおすすめ。
特に世界のブランドショップなどのファッションを多彩に取り揃えている。

ゲーテ通りと食いしん坊通り(Goethestrase und Fresgass)
ゲーテ通りには世界的なファッションデザイナーの店がある。
一流を求める顧客のための商品がここにはあり、ウィンドウショッピングだけでも目の保養になる。

ボルンハイム、ボッケンハイム、ザクセンハウゼン(Stadtteile Bornheim, Bockenheim und Sachsenhausen)
のんびりと買い物を楽しみたい人は、ボルンハイムやボッケンハイム、ザクセンハウゼン地区がおすすめである。
ベルガー通り、ライプツィガー通り、シュヴァイツァー通りでは小さなブティックやリサイクルショップ、カフェなどが並び、国際色も豊かである。

フランクフルトのイベント

フランクフルトは世界で最も古いメッセ会場である。
今日このメッセ会場では、年間約50の展示会とメッセが開催され、
合計4万の出展者が参加し、1,500万人が訪れている。

アンビエンテAmbiente
アンビエンテは“ダイニング、リビング、ギヴィングDining, Living und Giving”の国際メッセである。
毎年90ヶ国から約14万人の業界関係者が訪れている。
住まいの装飾品、テーブル食器、贈答品、宝石、そのほか数々のインテリア関連製品を紹介している。

アウトメヒャニカAutomechanika
アウトメヒャニカは、車の国際的にリードしている部品と付属品分野の主要メッセである。
2年に1度秋に開かれ、16万人以上の来訪者を数え、72ヶ国から約4.500の出展者が参加している。
工業と商業部門の国際的な代表者のほか、多くのドイツの修理工場経営者が訪れている。

フランクフルト・国際ブックフェアFrankfurter Buchmesse
フランクフルト・国際ブックフェアは、本、漫画、雑誌、新聞、地図、カレンダー、芸術を5日に渡って紹介している。
毎年10月に開催され、101ヶ国から7.200の出展者が参加し、約28万人が訪れている。
専門情報のための特別メッセや文化イベントなど、多くの催しがメッセ開催中に行われている。

フランクフルトのフェスティバル

近現代的なビルが立ち並ぶ新市街と中世の趣を残す旧市街が共存する街、フランクフルト。その新旧の文化が絶妙に入り混じっている街で、一番の賑わいをみせるイベントは、毎年恒例のクリスマスマーケット:「ハウフトバッフェ(Hauptwache)」である。
観光地にもなっているレーメ広場で開催されるこのクリスマスマーケットでは、体の温まるホットワイン「グリューヴァイン」や地元の名物であるリンゴ酒などを味わうこともできる。またアーモンド菓子、手作りの木製おもちゃ、ろうそくなどを売る露店が200軒ほどひしめき、クリスマスの買い出し客でごったがえしている。吹奏楽隊による教会の塔からの演奏も楽しみの一つである。
またこの時期になると、世界各国からこのクリスマスマーケットを見に来る観光客も多い。フランクフルトのイベントはこの他に、毎年8月最後の週末に開催される、博物館河岸祭りや毎年6月に開催されるオペラ座広場祭などがある。特に博物館河岸祭りには3日間で300万人以上ものひとがこのお祭りにやってきて、マインツ川両岸の8マイルにも及ぶ、舞台や演出などの芸術家のパフォーマンスや、教会のコーラスやオルガン演奏、また世界中から集まる寸劇やバラエティー、音楽パフォーマンス、ドラゴンヨット競争などを楽しむことができる。

フランクフルト旅行の格安航空券

フランクフルト旅行への航空券はこちらをおすすめ!

フランクフルトへの格安航空券をもっと見る

フランクフルト以外のドイツ旅行情報

フランクフルト以外の、他のドイツ各地域の旅行情報はこちらから。

※記載している情報は予告なく変更される場合があります。最新情報はご自身でご確認ください。

フランクフルト旅行
格安航空券を検索する
出発地
目的地
ヨーロッパ - ドイツ - フランクフルト
日本出発日(往路)
現地出発日(復路)
★さらに絞込みができます。
航空会社
座席クラス
人数
大人  人   子供  人

10人以上の方はこちらから

検索する

航空券+ホテル・セット割で検索する


上部へ戻る