ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

24時間パッとカンタン、スグ買える ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

         


コナ(ハワイ島)


ハワイ島の人気オプショナルツアー
ハワイ島の人気オプショナルツアー

コナ(ハワイ島)について

ハワイ島は、ハワイ諸島の南東端に位置するハワイ諸島中で最大の島。「ビッグアイランド」と言われている。 コナ(Kona)は、ハワイ島の商業・観光の中心地であるカイルア・コナをはじめとして、ハワイ島の拠点となる地域である。
コナにあるカイルア・コナは、ハワイ島で2番目に大きな都市であり、カメハメハ大王が晩年を過ごした場所としても知られている。アイアンマン・トライアスロン選手権大会の開催地でもある。
フアラライ山沿いに広がるコーヒー・ベルトでは、コナ・コーヒーの生産が行われている。郡庁は、ヒロに置かれ、島の政治、経済、文化の中心地になっている。
ハワイ島は、島の北側に標高約4,205mのマウナ・ケア火山と、南側に標高約4,169mのマウナ・ロア火山が並んでそびえ、今もなお活発に火山活動を続けている。ハワイ島は、18世紀にハワイを統一した英雄カメハメハ大王の出身地で、島内には王家にまつわる史跡や、古代ハワイアンの生活や歴史を辿ることができるスポットがたくさんある。

コナ(ハワイ島)の基本情報

通貨

アメリカドル(USD)

人口

ハワイ島の人口:15,8423人(2003年現在)、コナの人口:約5万人

言語

英語とハワイ語

民族

白人、日系、フィリピン系など

行政区画

カイルア・コナ(Kailua-Kona)、ケアウホウ(Keauhou)、ホルアロア(Holualoa)、ホナロ(Honalo)、カイナリウ(Kainaliu)、ケアラケクア(Kealakekua)、キャプテン・クック(Captain Cook)、ホナウナウ(H?naunau)、ホオケナ(Ho'okena)、ミロリイ(Miloli'i)

面積

10,432.5 km2(ハワイ島)

位置

ハワイ島の西部に位置する。

気候

南西部のコナでは、雨が少なく、気温は、夏季は日中の最高気温が25~26.7℃、冬季の夜の最低気温は17.2~19.4℃である。

時差

日本との時差は-19時間

コナ(ハワイ島)の旅行情報

コナ(ハワイ島)旅行の見どころや文化など、旅行情報はこちら!

コナ(ハワイ島)へのアクセス

コナにはコナ国際空港があり、成田空港からハワイ・ホノルル国際空港経由便でアクセス可能である。ホノルル国際空港からコナ国際空港まで、ハワイアン航空、マウイ経由のアイランドエアー、go!、モクレレ航空が就航している。尚、ホノルル国際空港からの乗継時間は、3時間ほど余裕を持った方が良い。
おすすめの旅程プランとして、復路のホノルル国際空港から日本行きの便は午前中が多いので、往路はそのまま乗継でハワイ島で満喫し、復路にホノルルに何日間か滞在して日本に帰国、というプランを組むことができる。日本からホノルル国際空港までは、アメリカ系、アジア系航空会社が多数乗り入れていて、チケットの種類は格安航空券と正規割引運賃(PEX)航空券がある。PEX航空券では、事前に座席指定ができるので(一部の予約クラスで座席指定が出来ない場合もある)、カップルや家族連れにはお勧めであるが、格安航空券の場合、事前座席指定が出来ない場合があるので、事前に確認するようにしよう。

コナ(ハワイ島)の空の玄関口

ハワイ島の西側にコナ国際空港、東側にヒロ国際空港がある。コナ国際空港からカイルア・コナまでは、車で約15~20分である。コナ国際空港からの交通手段は、タクシー、レンタカーがある。ホテルによっては送迎を行っている場合もあるので、事前にホテルに確認をとっておくと良い。

コナ(ハワイ島)の観光スポット

カイルア・コナ(Kailua Kona)
ハワイ島観光の玄関口であるコナ国際空港に最も近い街。趣がある歴史が点在する街でありながら、流行のフードからファッションまで何でもそろっている。

プウホヌア・オ・ホナウナウ国立歴史公園(Puuhonua O Honaunau National Historical Park)
「逃れの場」を意味する聖域で、カプーの掟を破った王族がその罪をつぐなった場所である。復元された神殿やトーテムポールのような神像などを見ることができる。

モクアイカウア教会(Mokuaikaua Church)
ハワイ最古のキリスト教の教会で、コナのシンボルとなっている。

セント・ピーターズ教会(St Peter’s Church)
別名「リトル・ブルー・チャーチ」ともいわれ、世界で2番目に小さな教会。1889年に建設され、コナの海をバックにしたキリストのレリーフが有名で、人気のウェディング・スポットである。

キャプテン・クック記念碑(Captain Cook Monument)
1778年にハワイ諸島を発見した探検家キャプテン・クックが、不慮の死を遂げた場所の付近に建てられている。

ハワイ島コナのイベント

3月中旬:コナ・ブリュワーズ・フェスティバル
カイルア・ベイを会場に約30の醸造所から集まったビールと、レストランのシェフによる料理が楽しめる。

5月下旬:フォード・ホヌ・ハーフ・アイアンマン・トライアスロン
有名なコナのアイアンマン・ワールド・チャンピオンシップ・レースのコースを舞台に行われる長距離トライアスロン大会。

6月中旬:キング・カメハメハ・デイ・パレード
カメハメハ大王の功績をたたえるお祭りです。ハワイアン・パレードなどが行われる。

7月下旬~8月上旬:ハワイアン・インターナショナル・ビルフィッシュ・トーナメント
世界中の釣り愛好家の間で有名なフィッシング・トーナメント。

9月中旬~:アロハ・フェスティバル
コンサート、エンターテイメント・イベントなど多彩なイベントが行われるハワイ最大のお祭り。

10月中旬:アイアンマン・トライアスロン選手権大会
1978年に世界初のトライアスロン・レースとして開催され、その後は、毎年開催されている。

11月上旬:コナ・コーヒー・カルチュラル・フェスティバル
島の名産コナ・コーヒーにちなんだイベント。

12月中旬:コナ・クリスマス・パレード
1400人以上が参加するクリスマス・パレード。

コナ・コーヒー

ビッグ・アイランド独特の、火山性の土壌と水はけの良さ、豊かな日差しと適度な雨量、昼夜の寒暖の差など自然条件に恵まれたコナ地区は、アメリカで唯一ビジネスとしてコーヒー栽培をしている場所。
ハワイ州政府が厳しく品質管理するコナ・コーヒーは、ブルーマウンテン、キリマンジャロと並ぶ世界3大コーヒーと称され、世界のコーヒー生産量の0.1%ほどしか収穫されません。
春には農園中を真っ白に変えてしまうほどの、コナスノーと呼ばれる甘い香りのコーヒーの花が咲き誇り、収穫時期の毎年11月上旬には「コナ・コーヒー・カルチュラル・フェスティバル」が開かれる。
コナ・コーヒーは、薫り高くまろやかな味わいで、訪れる人を一年通して楽しませてくれる。

コナ(ハワイ島)以外のハワイ旅行情報

コナ(ハワイ島)以外の、他のハワイ各地域の旅行情報はこちらから。

※記載している情報は予告なく変更される場合があります。最新情報はご自身でご確認ください。

コナ(ハワイ島)旅行
格安航空券を検索する
出発地
目的地
ハワイ - ハワイ - コナ(ハワイ島)
日本出発日(往路)
現地出発日(復路)
★さらに絞込みができます。
航空会社
座席クラス
人数
大人  人   子供  人

10人以上の方はこちらから

検索する

航空券+ホテル・セット割で検索する


上部へ戻る