ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

24時間パッとカンタン、スグ買える ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

         


カラカス


カラカスについて

カラカスは、ベネズエラ・ボリバル共和国の首都である。DIEGO DE LOSADO(ディエゴ・デ・ロサード)によって 1567年に建設された。 南米有数のグローバル都市として知られる。カラカスの都市圏にあるリベルタドール市に、ベネズエラ中央大学のキャンパスを中心にした大学都市という地区があり、現代建築と彫刻が調和しているとされ、2000年に世界遺産に登録された。2010年、アメリカの外交専門誌フォーリンポリシーにより、世界第55位のグローバル都市に選ばれた。南米大陸ではブエノスアイレス、サンパウロ、リオデジャネイロ、ボゴタに次ぐ第5位である。カラカスは東西に20キロ広がる町だ。海岸沿いから20数キロの標高900メートルの盆地にあるため、年間を通じて海岸よりも涼しい気候である。ベネズエラでは、コロとその港、カラカスの大学都市、カナイマ国立公園が世界遺産に登録されている。

カラカスの基本情報

通貨

ボリバル・フエルテ

人口

5,174,034人

言語

スペイン語(公用語)

民族

混血66%、白人22%、黒人10%、先住民2%

行政区画

リベルタドール市とカラカス大都市地区

面積

1,930km2

位置

ベネズエラ北部

気候

熱帯

時差

マイナス13時間

カラカス旅行の格安航空券

カラカス旅行への航空券はこちらをおすすめ!

カラカスの旅行情報

カラカス旅行の見どころや文化など、旅行情報はこちら!

カラカスの観光スポット

カラカスは歴史が深く、そのため偉大な文化や芸術をもつ都市である。国立図書館は、大量の蔵書が自慢だ。コロニアル・アート博物館は、ベネズエラ独立以前の時代の万年筆、家具、コロニアル庭園、といったユニークな展示が揃う。ファイン・アート博物館は、先コロンブス期の陶器など考古学的発見の好例を保持している。

カラカスは、1974年から現代美術館を保持しており、芸術を鑑賞できる観光スポットとなっている。1982年からは、カラカス児童博物館が加わり、児童に科学、技術、文化、芸術を教授している。国立科学博物館は、原始的土着文化からの考古学的な遺物の豊富な収蔵品を所蔵し、興味深い。

他にもカラカスには、ラウル・サンタナ・クレオール博物館、交通博物館、貨幣博物館、ボリバリアーナ博物館、ハコボ・ボルヘス博物館、カルロス・クルス=ディエス博物館、アレハンドロ・オテーロ博物館、宗教博物館などがあり、芸術に触れる機会に恵まれている。

カラカスの世界遺産

カラカスの大学都市は、2000年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された、ベネズエラが誇る世界遺産だ。建築家のカルロス・ラウール・ビリャヌエバなどによって、1940年から1950年代にかけて設計された。ベネズエラの都市計画、建築、芸術を代表する作品となっている。ベネズエラ中央大学の講堂アウラ・マグナには、アメリカの彫刻家であるアレキサンダー・カルダーの代表作である『雲』がある。

ベネズエラ中央大学をはじめとするカラカスの大学都市のキャンパスは、数多くの建物や機能を統合しており、オリンピック・スタジアム、屋内プラザの絵画、彫刻などの視覚芸術など幅広い。また、ベネズエラを訪れた際に必ず見ておきたいのは、エンジェルフォールだ。エンジェルフォールは、世界最大落差を誇る滝である。滝の迫力に圧倒されること間違いない。

カラカスのグルメ

カラカスは、移民の影響によるさまざまな種類の伝統的な料理をもつ。フランス料理、イタリア料理、スペイン料理、インド料理、中華料理、日本料理、メキシコ料理を含んだ国際的なレストランも存在する。有名な料理としては、パベリオン・クリオージョ、エンパナーダ、アレパ、アジャーカ、ブラック・ローストビーフ、チキンサラダなどが挙げられる。特にアレパはベネズエラの国民食といわれる、とうもろこしの粉から作ったパンだ。アレパに肉やたまご、チーズなどをはさんで食べる。

アレパと一緒にいただくサンコーチョという肉と野菜のスープもポピュラー。また、とうもろこし粉に砂糖を加えた甘いパンケーキにチーズをはさんだカチャーパなども食べる。飲み物では、グアラポ、カラート、ティサーナ (フルーツと飲み物を混ぜたもの)が有名である。ビールやコーヒーなども飲まれる他、とうもろこしまたは米を発酵させたチャチャという飲み物も人気だ。

ベネズエラのスポーツ

ベネズエラは世界でも有数の野球大国であることで知られ,カラカスにおいても野球は盛んだ。野球国内リーグのカラカス・レオネスというチームがあり、野茂英雄はそこでプレーしたことがあるほどだ。カブレラやペタジーニ、ラミレスなどの選手も日本で活躍しており、野球が盛んな国だということがよく分かる。ベネズエラの人々にとって野球は国民的なスポーツなのだ。

また、気候の良さからゴルフを一年中楽しむことができる。常夏とは言うものの、1,000メートルの高原にあるカラカスは湿度が低いため、「夏の軽井沢」のような快適さ。緑豊かなゴルフ場に訪れてはいかがだろうか。ベネズエラでは野球が最も盛んなスポーツであったが、近年ではサッカーの競技人口が野球の競技人口を上回っている。カラカスでお気に入りのスポーツに汗を流したり、観戦で盛り上がったりするがおすすめだ。

※記載している情報は予告なく変更される場合があります。最新情報はご自身でご確認ください。

カラカス旅行
格安航空券を検索する
出発地
目的地
カリブ・中南米 - ベネズエラ - カラカス
日本出発日(往路)
現地出発日(復路)
★さらに絞込みができます。
航空会社
座席クラス
人数
大人  人   子供  人

10人以上の方はこちらから

検索する

航空券+ホテル・セット割で検索する


上部へ戻る