ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

24時間パッとカンタン、スグ買える ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

         
       



路線別商品概況(レビュー)



路線別の2018年10月現在の概況です。各方面お買い得な時期や今後の傾向などの情報が満載です。
<仕入・マーケティンググループ部長 飯島正人>

1.北アジア:中国・台湾・韓国

 韓国線は、訪日需要が落ち着いており、他時期と比較し日本発の座席が安価で購入可能となっています。地方発はLCCの台頭により、以前と比較して価格が値下がりしており、お買い得価格で渡航できます。ソウルプサン以外にもテグ、ムアンなど韓国の地方都市へのフライトも増えており、新たな韓国の魅力に触れることができるでしょう。
 台湾線は、変わらず双方向の需要が高く、慢性的に混雑している路線です。時限的にLCCはキャンペーン料金を設定するケースがありますので、その時が狙い目です。混雑する日程は、早めの購入をお勧めします。
 中国線は、訪日需要が活況であり、幹線の機材大型化や新規航空会社による地方都市への就航が相次いでいます。日本発においては、供給座席数の増大により価格が値下がりしており、お買い得商品が多くなっています。
 新規就航として、チェジュ航空が2018年10月28日より成田→テグ線の就航を予定しています。

2.東南アジア:その他アジア(バンコク、シンガポール、ホーチミンなど)

 東南アジア線は、LCCのシェア拡大により全体的に価格競争が激しくなっています。人気の東京-バンコク線においては、エアアジアスクート系の3社が5便の直行便を運航しており、価格競争に拍車をかけています。直行便以外においても、中国系、韓国系LCCなどが安価に設定しており、魅力的な価格にて購入が可能となっています。
 新規就航として、LCCのベトジェットエアが2018年11月8日に関空ハノイ線、12月14日に関空ホーチミン線の就航を予定しています。
 また、ベトナム航空が10月28日より関空→ダナン線、ノックスクートが10月29日より関空バンコク線、タイ・エアアジアが10月30日より中部バンコク線の就航を予定しています。

3.北米・ハワイ

 北米線は、供給座席数に大きな変動はなく、双方向の需要が活況なため、価格は下げ止まっています。これからはオフシーズンに入りますので、時限的なキャンペーンが期待できます。
 ハワイ線は、引き続き人気のある路線です。GWは、10連休が予定されており、早速購入されるお客様が相次いでいます。予定が決まっている場合は、今確保できる価格で購入されることをお勧めします。関空線は、LCCのスクートが新規就航し共有座席過多による大幅な価格値下げが期待されます。

4.ヨーロッパ

 ヨーロッパは、オフシーズンとなり価格の値下がりが期待できます。前述した中国系航空会社の供給座席拡大により、日中線の確保がしやすくなり、ヨーロッパ行きの価格において、圧倒的な価格でのプライスリーダーとなるケースが多くなっています。ヨーロッパへ直行便を運航している各航空会社においても時限的なキャンペーンが多くなる時期となりますので、そちらを狙って購入することも賢い購入方法の1つとなります。

5.中東・アフリカ・中南米

 中東は、エミレーツ航空カタール航空エティハド航空、3社の競争が激しくなっています。供給座席数・路線数が多いエミレーツ航空が一歩リードしています。
 中南米は、全日空メキシコ線に対抗して、アエロメヒコ航空日本航空がコードシェアを発表しており、今後の戦略による価格変動が期待できます。

6.オセアニア・ミクロネシア

 オセアニアは、オンシーズンとなり安価な価格を求めるお客様には、乗継便が人気となっています。中国南方航空マレーシア航空は既にキャンペーン料金を発表しており、他航空会社の追随が期待できます。
 ミクロネシアは、グアム線において成田発の日本航空が1日2便を継続することとなりました。関空発はチェジュ航空ティーウェイ航空ユナイテッド航空が運航しており、過去の供給過剰状態が再度発生しており価格の値下がりが期待できます。

過去の情報はこちらから


海外旅行
格安航空券を検索する
出発地
目的地
日本出発日(往路)
現地出発日(復路)
★さらに絞込みができます。
航空会社
座席クラス
人数
大人  人   子供  人

10人以上の方はこちらから

検索する

航空券+ホテル・セット割で検索する


上部へ戻る