• 初めての方へ
  • HELP
  • メルマガ
  • サイトマップ
  • ログイン(マイページ)
          
       



路線別商品概況(レビュー)



路線別の2017年12月現在の概況です。各方面お買い得な時期や今後の傾向などの情報が満載です。
<仕入・マーケティンググループ部長 飯島正人>

1.北アジア:中国・台湾・韓国

 韓国線は、訪日需要が好調につき、LCCを筆頭に増便し、プサン・テグの路線が拡充しました。日本各地から韓国路線の供給座席は一段と増加しています。LCCなどは往復¥10,000以下でも購入可能です。間際は訪日旅行の混雑で価格が高騰するケースが多いので、日程が決まっているのであれば、早期購入をおススメします。
 台湾線は、訪日および訪台需要の両方向とも好調につき、非常に座席が取りづらい状況が続いています。2月の旧正月でさらなる混雑も予想されます。成田発のスクートなどのLCCは¥10,000台で確保できる日程もあります。日程が決まっているのであれば、先の出発日も含め早めに購入したい先手必勝の路線です。
 中国線は、台湾同様旧正月の影響で、2月初旬からの半月間訪日旅行はもちろん、タイなどへの第3国行きが活性化しており、通常安価で購入できる日本発東南アジア線などの価格にも影響が出ています。中国線は先の出発日で早割で購入できるお得な商品をお早めにお申し込みください。

2.東南アジア:その他アジア(バンコク、シンガポール、ホーチミンなど)

 東南アジア線は、各社ともに非常に競争が激しい路線です。通常は安価な中国系航空会社も2月の旧正月に掛かると混雑することが予想され価格も割高傾向です。旧正月以降は多少混雑は緩和されるので、学生の方には春休み旅行のお得な商品を購入できるチャンスです。また、マレーシア航空シンガポール航空タイ国際航空などが予告なくキャンペーンを発表することがある時期で、それらのキャンペーンは通常より安くなるので、格安航空券の賢い買い方でおススメです。

3.北米・ハワイ

 北米線は、アメリカン航空が安価なキャンペーンを発表しており需要拡大をはかっています。また、新設されたプレミアムエコノミーの告知・販売にも注力をしています。
 ハワイ線は、根強い人気が続いており、ホノルル、コナへの直行便があるハワイアン航空に人気が集まっています。関空からはLCCのスクートエアアジアがホノルルへの直行便就航を開始しました。航空券代を抑え、現地でお金を使いたい方に非常に人気となっています。直行便が取れない場合はソウル経由が定番化されつつあります。ますます人気路線につき、予定が決まった時点での早期購入をおススメします。

4.ヨーロッパ

 ヨーロッパは、オフシーズンかつ、テロの影響により需要が低迷しています。現在、航空会社は減便や運休等により、需要の調整を行っているため、値下げ商品も例年と比べても動きが鈍い状態です。4月以降は、オンシーズンとなり、巻き返しの需要回復を図っています。

5.中東・中南米

 中東は、政情不安定なイメージから、需要が少ない状態が続きます。ただし、エチオピア航空が就航後、アフリカへの渡航者が以前に比べて増えています。2017年11月エジプトでのテロ以降、エジプトへの渡航延期の傾向が見られます。また、カタール周辺国との国交断絶によりカタール航空の就航路線が減少しています。
 中南米は、全日空が成田-メキシコシティへ就航しましたが、相次ぐ地震などの影響で個人旅行の需要は低迷しています。米国系など航空会社によっては中南米行きの路線縮小が続いています。

6.オセアニア・ミクロネシア

 オセアニアは、オンシーズンでもあり羽田からカンタス航空ニュージーランド航空の就航もあり、この時期は人気の渡航先となっています。安全で安心な渡航先として、おススメな路線の1つです。
 ミクロネシアは、近場の人気リゾートですが、北朝鮮問題の影響で航空会社の撤退/減便で日本からの渡航者が低下しています。LCCのティーウェイ航空が日本各地からチャーターを開始、価格面を含めて、需要喚起を行っています。

過去の情報はこちらから


海外旅行
格安航空券を検索する
出発地
目的地
日本出発日(往路)
現地出発日(復路)
★さらに絞込みができます。
航空会社
座席クラス
人数
大人  人   子供  人

10人以上の方はこちらから

検索する

航空券+ホテル・セット割で検索する




Copyright © AIRPLUS co.,ltd. エアプラス株式会社

  • オンライン海外旅行サイト
  • イーナ・カスタマーサービス