ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

24時間パッとカンタン、スグ買える ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

         


シンガポール


シンガポール旅行の歴史

シンガポールが歴史上最初に登場するのは3世紀中国の文献の記述で当時シンガポールは、“Pu-luo-chung” (半島の先端の島)と書かれていた。
14世紀、シンガポールは当時強大なスリ・ビジャヤ帝国の一部となり、テマセク(海の町)として知られるようになった。
また、この時代に、“Singa Pura”(ライオン・シティ(シンガプーア)という新しい名前がつけらた。
伝説によると、スリ・ビジャヤ帝国の王子が島にいる動物をライオンと見間違えて、この名をつけたと言われている。
シンガポールのシンボルである上半身がライオン、下半身がマーメイド(人魚)の形をした像、マーライオンはこれが由来である。
18世紀、隆盛を誇ったイギリスは、この地域において船の修復や補給、保護のために、またオランダによるこの地域への進出を防御するための戦略拠点の必要性を感じていた。
そして東洋と西洋の岐路に立つここシンガポールに白羽の矢が立つことになった。
英国の東インド会社の職員スタンフォード・ラッフルズ卿は、島に貿易港を設立し、ジョホールのスルタン帝国との間で、この権利をイギリスに与える協定を結んだ。
シンガポールを貿易港にしたことは、イギリスの政治的背景に反していたが、自由貿易という政策は、アジアや遠くアメリカ、中東からの商人達を魅了することになった。
主な貿易は中国からの茶と絹、マライ半島からの木材、インドネシアからの香辛料であった。
シンガポール建国5年後の1824年の人口は建国当初の500人から1万人へと急増することになった。
それから500年後、第二次世界大戦の重要な戦地となった。1942年、この島は日本軍により占領されたが、終戦後イギリスの直轄植民地となる。
愛国主義の高まりと共に、1959年に自治政府が設立され、1965年8月9日、シンガポールは独立共和国となった。

シンガポール旅行のご案内

シンガポールへの旅行ガイド情報はこちらから。

※記載している情報は予告なく変更される場合があります。最新情報はご自身でご確認ください。

シンガポール旅行
格安航空券を検索する
出発地
目的地
アジア - シンガポール
日本出発日(往路)
現地出発日(復路)
★さらに絞込みができます。
航空会社
座席クラス
人数
大人  人   子供  人

10人以上の方はこちらから

検索する

航空券+ホテル・セット割で検索する


上部へ戻る