エアカナダ(Air Canada)


エアカナダについて

エアカナダについての画像

エアカナダ(Air Canada)は、カナダのモントリオールに本社をおくカナダのナショナルフラッグキャリアである。トロントピアソン国際空港を拠点に、太平洋路線はバンクーバー、大西洋およびその他路線はモントリオールをハブ空港として多くの路線を展開しており、特に南米や西インド諸島への路線が多いのが特徴である。エアカナダの歴史は当初はカナダの国営航空会社でカナディアンナショナル鉄道(CNR)の子会社として設立されたトランス・カナダ航空(Trans-Canada Airlines, TCA)であったが、1987年に民営化、2000年にカナダの大手航空会社カナディアン航空を回収しカナダでもっとも大きな航空会社に成長した。現在ではカナダ20都市、アメリカ35都市とアジア、オーストラリア、カリブ、ヨーロッパ、メキシコ、インドおよび南米47都市へ運航し、平均して毎日740便近くの便数を就航している。日本路線はB777及びB767-300ER型機で就航しておりエコノミークラスでもパーソナルモニターを設置しており、充実した機内エンターテインメントを楽しむ事ができる。またビジネスクラス「エグゼクティブファースト」はB777型機運航の機材では180度リクライニング可能なフルフラットシートを採用している。

エアカナダの基本情報

正式航空会社名

エアカナダ

英語名

Air Canada

通称

エアカナダ

2レター

AC

3レター

ACA

日本発着路線

成田-バンクーバー(週7便)、トロント(週7便)、カルガリー(週3便)

ハブ空港

トロント,モントリオール,バンクーバー,カルガリー

ネットワーク

カナダ・アメリカ各都市、ヨーロッパ及びアジア、南米および西インド諸島

アライアンス

スターアライアンス

所有機材

B777-300ER/200LR、B767-300ERなど333機

リコンファーム

不要(リコンファーム要・不要一覧

オンラインチェックイン

可能

エアカナダの情報

エアカナダの機内食やビジネスクラスなど、エアカナダの情報はこちら!

エアカナダ マイレージ

マイレージプログラム「アエロプラン」はエアカナダおよびユナイテッド航空などのスターアライアンス各社にて加算が可能である。一部の積算対象外の予約クラスを除いてエコノミークラス100%、ビジネスクラス125~150%の加算が可能となっている。全日空(ANA)の正規割引運賃(PEX)においても100%の加算が可能である。マイレージ有効期限は12ヶ月以内にマイル口座に動きがあるのを条件に7年間有効と規定されている。使用方法はエアカナダの特典航空券をはじめ、全日空(ANA)やルフトハンザドイツ航空などスターアライアンス各社特典航空券、アップグレード特典などに利用が可能である。

エアカナダ 機内食

エアカナダの機内食は、エコノミークラスは2種類の温菜メニューから選択することができる。エアカナダ機内食の特長として、パンは好きなものを選択でき、西回り路線では、映画上映時にアイスクリームとクッキーのサービスもあり小腹が空いたときの軽食としてカップラーメンも用意されている。    エグゼクティブ ファーストクラスは他航空会社のようにキャセロールに入った料理をカートで配膳するスタイルではなく、一品ずつお皿に盛り付けて提供している。エグゼクティブ・ファーストの乗客への食事は、一人分ずつ客室乗務員がお客様の席まで配膳するスタイルである。
メインディッシュは、アジア風料理、カナダ料理、懐石スタイル日本料理の3種類から選択することができる。エア・カナダのワインセラーは、世界の航空会社の中でもトップクラスの充実度を誇り 好評である。「エア・カナダ・ワイン・カウンシル」が厳選したものでカナダ産のワインを含む東西の優れたワインを毎年ブラインドテイスティング(目隠しをして試飲)し、その中からより優れたものを選び抜いている。

エアカナダ 機内サービス

エアカナダではエコノミークラスのキャビンを随時、最新の設備にグレードアップしている。調整可能なヘッドレスト、時差ボケ解消のムード照明、各座席にタッチパネル式パーソナルTV(オンデマンド対応)、ノートパソコン用電源、ゲーム用USBポートなども利用可能である。ビジネスクラスの「エグゼクティブファースト」では全席1名掛けの独立シートを採用し、就寝時にはボタン一つでフルフラットのベットとして利用できる。大き目の枕や羽毛ふとんなどのアメニティも充実しており、エンターテインメントではSennheiser社製ノイズリダクションヘッドホン付き12のパーソナルテレビが設置されている。

エアカナダ ビジネスクラス

エアカナダのビジネスクラス(エグゼクティブファースト)は国際線A340型機に搭載されていて窓から2席-2席-2席の配列を採用、全席が窓側または通路側になり、通路への出入りにも隣席を気にする必要がない。また、全長191cm、肩幅79cm、前席との間隔は、約152cm確保され、ゆったりした作りで深いリクライニングがしっかりと体を支え、好みの体勢で過ごすことができ快適なフライトを実現している。寝るときはフルフラットになり、ぐっすりと休むことができ人気も高い。AVOD(オーディオ・ビデオ・オンディマンド)は8カ国語対応のビデオ映像や音楽、ビデオゲームと様々に楽しむことができる。映画だけでなくデイリーニュース、スポーツ、経済ニュース、天気、エンターテイメントなどのプログラムも豊富である。

ニュース

エアカナダでは2010年、サーチ会社スカイトラックス(Skytrax)社において「北米のベスト・エアライン」に選ばれた。また2009年にも「ビジネストラベルのベストエアライン」、「北米のベストフライトアテンダント」「北米のベストインフライトサービス」「北米のビジネスクラスサービスのベストエアライン」「国際線における北米のベストエアライン」「カナダのベストエアライン」など数多くの名誉ある賞を受賞した。また、エアカナダは南米路線をはじめ西インド諸島など日本からアクセスが難しい都市へも多くの便を就航させ利便性を発揮している。西インド諸島はセントジョーンズ、オラニエスタッド、バルバドス、ケイマン諸島、ハバナ、キングストン、モンテゴベイ、サンフアン、ビューフォート、南アメリカへはブエノスアイレス、サンパウロ、サンディアゴ、ボゴタ、リマ、カラカス、中央アメリカコスタリカのサンホセ、リベリアへ就航している。
ラテン・アメリカへのアクセスは大変便利で、リマ、サンパウロ、ブエノスアイレス、サンティアゴへは同日乗り継ぎが可能である。

搭乗体験記

エアカナダ(Air Canada)にてバンクーバー経由でシアトルへ行った。エアカナダのサービスは北米系航空会社の中では他の北米系航空会社に比べサービス水準が高く、長時間のフライトも快適に過ごす事ができた。機内食はおいしく、ペットボトルのミネラルウォーターを配られるのも良いサービスであった。またバンクーバーオリンピックに先駆けて2009年8月にスカイトレイン(カナダライン)が開通し、空港~ダウンタウンまで24分で結ばれるようになった。ただし、この影響でリムジンバスは廃止となったの注意が必要である。バンクーバーの空港ではメープルシロップやメープルクッキーなどカナダの国旗にもあるメープルの商品を多く取り揃え、空港でのショッピングも楽しむことができる。1つだけ注意点として、バンクーバー経由でのアメリカ行きは乗り継ぎとセキュリティチェックに非常に時間を要するため、時間を多めに取ることを予定に入れておきたい。アメリカの入国審査はカナダで行うことが理由の1つでもある。


エアカナダ
格安航空券を検索する

出発地
目的地
日本出発日(往路)
現地出発日(復路)
★さらに絞込みができます。
航空会社
エアカナダ
座席クラス
人数
大人  人   子供  人

検索する

航空券+ホテル・セット割で検索する