タイ国際航空(タイ航空)(Thai Airways International)


タイ国際航空(タイ航空)について

タイ国際航空(タイ航空)についての画像

タイ国際航空(Thai Airways International)の歴史は1959年、国内航空会社「タイ航空(Thai Airways Company)」(70%)と「スカンジナビア航空(SAS)」(30%)の合弁事業として設立された、タイ王国のナショナルフラッグキャリア。
「微笑みの国タイランド」を象徴するホスピタリティ溢れる機内サービスで定評があり、コンデナスト・トラベラーなどの旅行専門誌や、各国のビジネス誌などによるサービスランキングでも上位の常連であり、スカイトラックス社の「ベスト・キャビン・スタッフ>ベスト・エアライン」賞を2006年に受賞している。
また、B777-300をはじめA340-600など導入機材の新しさと整備技術の高さからスカイトラックス社の航空会社の安全度ランキングでは「A」をマークした。
現在の就航路線はバンコク、スワンナプーム国際空港(Suvarnabhumi International Airport)を起点に南アメリカを除く全方面へ就航している。
2010年8月23日、スワンナプーム国際空港より「エアポートリンク(Airport Rail Link)」が開業し、空港~マッカサン駅までエクスプレストレインにて約15分で繋がりより市内までの移動が便利になった。
日本からは成田(NRT)、大阪(KIX)、名古屋(NGO)、福岡(FUK)、札幌(CTS)、仙台(SDJ)から運航しており、プーケットやチェンマイへも同日乗継が可能である。
2012年10月より札幌よりバンコクへの直行便が運航され、北海道からタイへのアクセスが便利になった。また2013年11月より仙台線開設され、東北からバンコクへのアクセスが便利になった。

タイ国際航空(タイ航空)の基本情報

正式航空会社名

タイ国際航空

英語名

Thai Airways International

通称

タイ航空,TG

2レター

TG

3レター

THA

日本発着路線

成田~バンコク(週21便)
羽田~バンコク(週7便)
中部~バンコク(週14便)
関西~バンコク(週17便)
福岡~バンコク(週7便)
札幌~バンコク(週7便)
仙台~バンコク(週3便)

ハブ空港

バンコク・スワンナプーム国際空港

ネットワーク

アジア各国、オーストラリア、ヨーロッパ、中東、北米、34ヶ国73都市

アライアンス

スターアライアンス

所有機材

B777-200/300、B747-400、A340-600他

リコンファーム

不要(リコンファーム要・不要一覧

オンラインチェックイン

不可

タイ国際航空(タイ航空)の情報

タイ国際航空(タイ航空)の機内食やビジネスクラスなど、タイ国際航空(タイ航空)の情報はこちら!

タイ国際航空(タイ航空) マイレージ

マイレージプログラム「ロイヤルオーキッドプラス(Royal Orchid Plus)」はタイ国際航空及びユナイテッド航空などのスターアライアンス加盟航空会社にて加算が可能である。一部の積算対象外の予約クラスを除いてエコノミークラス100%、ビジネスクラス125%、ファーストクラス150%の加算が可能となる。またロイヤルオーキッドプラスではマイル不足分の条件30000マイルまでのマイル購入やマイルの譲渡が可能である。
マイレージの使用方法はタイ国際航空の特典航空券をはじめ、全日空やユナイテッド航空を始めスターアライアンス各社特典航空券、アップグレード特典、ホテル無料宿泊特典、超過手荷物特典、THAIショップ特典、雑誌の年間購読特典、ケータリング特典など幅広い利用が可能である。

タイ国際航空(タイ航空) 機内食

エコノミークラスにおいてタイ料理をはじめ、洋食、和食と路線により2種類から選択が可能である。質の高い機内食で定評があり本場のタイ料理を機内で楽しむことができる。
またロイヤルシルククラスでは4種類のメインディッシュを出発前にリクエストをすることが可能。 また日本路線では和食(松花堂弁当)も予約可能で、4種類、バンコク発では3~5種類の主菜より選択が可能である。 食後にはポートワインとフルーツに続きデザートとコーヒー・紅茶・リキュールなどを楽しむことができる。
また宗教上や健康上、特別な食事も幅広く用意がされている。ベジタリアンミールをはじめヒンズーミール、コーシャーミール、イスラムミールのリクエストも可能である。
タイ国内線で短時間でのフライトでも食事が提供されるのもタイ航空の嬉しいサービスのひとつである。

タイ国際航空(タイ航空) 機内サービス

「ロイヤルオーキッドサービス」と呼ばれるタイ国際航空は機内へ入ると微笑みの国を感じることができ、伝統的なワイのポーズと微笑で迎えられれます。 タイならではのソフトなサービスもタイ航空の人気の秘密である。
また人気のロイヤルシルククラスと呼ばれるビジネスクラスは長距離路線には約170度にリクライニングできるシェルフラットシートを採用しワンランク上のサービスを提供している。
またエコノミークラスにおいても一部を除く長距離線用のB777-200、A340-500/600型機にはパーソナルモニターも設置され、機内にて楽しむことができる。機内販売のショッピングはもちろん免税(Duty Free)である。

タイ国際航空(タイ航空) ビジネスクラス

タイ国際航空のビジネスクラスは「ロイヤルシルク」クラスと呼ばれている。座席は約170度リクライニングできるシェルタイプのシートを採用しており、個人のプライバシーを確保し、さらに座席の「心地よさ」をアピールしている。座席のつくりとしてタイのモダニズムと伝統を融合しており、力強い直線美を描きながら、美しい曲線を描くことによりソフトな間接照明とインテリアを使用している。

シートもプライベート空間大切にしているので様々な部分の工夫を施されている。ビジネスマン向けにAC電源や機内で使える衛星電話を各シートに標準に装備を目的地到着までにもオフィスで働いているのと同じような感じで、使い易さというのもタイ国際航空では追求をしている。

機内サービスもタイ自慢のタイシルクのようなしなやかさを感じられ、きめ細やかなおもてなしにも包まれているのもフライトタイムの一つの楽しみとなる。

バンコク・スワンナプーム国際空港

タイ国際航空のハブ空港として名高いスワンナプーム国際空港はタイ・バンコク中心部から32㎞東方のサムットプラーカーン県バーンプリー郡にある、2006年9月28日に全面開通した国際空港である。通称、新バンコク国際空港(New Bangkok International Airport,NBIA)とも呼ばれている。
スワンナプーム空港が建設される前までは、ドンムアン空港がシンガポールのチャンギ国際空港や香港のチェクラップコク国際空港(※香港国際空港)と並び、東南アジアのハブ空港として発展してきたが、1960年代以降の航空機の大型化やタイ国内並びに東南アジア圏内における航空需要増加に伴い、ドンムアン空港が手狭になった為、新空港の建設計画が立案された。空港ターミナルビルはドイツ人建築家のヘルムート・ヤーンが設計した斬新なデザインである。
日本の関西国際空港、羽田国際空港と同じように24時間運営の空港であり、ターミナル内にはレストラン、オフィス、コンビニ、喫茶店なども完備しており、便利な空港である。

搭乗体験記

関西空港からは深夜便が就航しており、バンコクに早朝に着くため色々な都市への同日アクセスが可能である。少ししんどいですが往復夜行便を使い会社を休むことなくバンコクへ旅行することができるのはおすすめである。
タイ航空は機内に入った瞬間から微笑みの国タイの印象が強く、ホスピタリティ溢れる暖かいサービスに迎えられる。また着陸前に、女性客へ蘭の花がプレゼントされるのもポイントの1つである。余った場合は、男性へもプレゼントされる。機内食もタイ料理が提供され非常においしい。
日本路線へはB777を中心に最新機材で運航されているので安心して利用ができる。バンコクへの渡航は、スマイル0円のタイ国際航空がお勧めである。


タイ国際航空(タイ航空)
格安航空券を検索する

出発地
目的地
日本出発日(往路)
現地出発日(復路)
★さらに絞込みができます。
航空会社
タイ国際航空(タイ航空)
座席クラス
人数
大人  人   子供  人

検索する

航空券+ホテル・セット割で検索する