ユナイテッド航空(United Airlines)


ユナイテッド航空について

ユナイテッド航空についての画像

ユナイテッド航空(UA)は、アメリカ合衆国イリノイ州シカゴに本拠を置き、同地のシカゴ・オヘア国際空港をハブとする他、デンバー国際空港やサンフランシスコ国際空港、ロサンゼルス国際空港などを主要なハブとしている。
またアメリカ国際線のみならず日本、バンコク、シンガポール、台湾、韓国等のアジア、ヨーロッパ、南北アメリカなど世界各国へ路線網を広げ695機で世界373都市への運航を行っている。
日本へは1983年に初就航を果たした。またマイレージプログラムも「マイレージ・プラス(Mileage Plus)」として1981年にスタート。スターアライアンスには1997年5月に設立メンバーとして加盟し、全日空などスターアライアンス加盟航空会社を中心とした他社とのコードシェア便も多数運航している。
現在では経営再建を果たし、2010年5月2日、提携していたコンチネンタル航空と合併し世界最大の航空会社となり、よりスターアライアンスとしてのマイレージも貯めやすくなっている。

ユナイテッド航空の基本情報

正式航空会社名

ユナイテッド航空

英語名

United Airlines

通称

ユナイテッド航空、UA

2レター

UA

3レター

UAL

日本発着路線

成田-シカゴ・ニューヨーク・ロサンゼルス・ホノルル・バンコク等

ハブ空港

シカゴ・ニューヨーク・ロサンゼルス等

ネットワーク

アメリカを中心にアジアとその他の地域世界373都市

アライアンス

スターアライアンス

所有機材

B737(-500/700/800/900)を中心に、B757(-200/300)、B777-200、B767(-200/300/400)、A320、A319など、約700機

リコンファーム

不要(リコンファーム要・不要一覧

オンラインチェックイン

ユナイテッド航空の情報

ユナイテッド航空の機内食やビジネスクラスなど、ユナイテッド航空の情報はこちら!

ユナイテッド航空 マイレージ

スターアライアンスは世界27航空会社が加盟しており日本では全日空が加盟している。同じスターアライアンスでもマイルの有効期間が異なる。ユナイテッド航空で行っているFFPマイレージ・プラス(Mileage Plus)は「18ヶ月に1回のマイル増減で、さらに18ヶ月有効期限が延長される」という大きな利点がある。
加算してから2年後の年末で順次有効期限が切れてしまう他の多くのプログラムよりは有利であり、会員自身のペースで気長にマイルを加算することが出来る。この貯めたマイルは勿論、全日空で無料航空券と引き換える事ができる。国内線へ引き換える際には、全日空特典(ANAマイレージクラブ)と同様に15,000マイルが必要であるが、全日空特典では2区間であるのに対して、ユナイテッド航空のスタアラ特典では乗り継ぎ便を利用可能な1往復となるため必要マイルを抑えられることが大きい。アメリカ系の航空会社のマイレージであっても日本国内での有利な点が多く利用価値があるため日本人の利用者も多い。

ユナイテッド航空 機内食

ファーストクラスとビジネス、および日本発着を含む太平洋路線とアジア内の国際線のエコノミーでは、アルコール飲料を無料で提供している。
米国内線およびアジア太平洋路線を除く国際線のユナイテッド・エコノミーでは、アルコール飲料(カクテル、ワイン、インポートを含む各銘柄のビール)を有料で提供している。また機内食ではフライト出発時間の24時間以上前に予約センターへ連絡をすれば医療や宗教、およびその他の理由による特別な食事制限に合ったお食事をお願いすることができる。
この他米国と日本を結ぶ国際線ファーストクラスおよびビジネスクラスのお客様に、伝統的な日本の味をお楽しみいただける「和食膳」も用意している。ユナイテッド航空は、日本発着が多い航空会社だからこそ日本の客層に合ったサービスを展開している。

ユナイテッド航空 ラウンジ

ユナイテッド航空ではユナイテッドクラブとして、フライトの合間のひとときを、世界各地の空港にある名高いラウンジでゆっくり過ごして頂くために下記の用意をしている。
・主要な空港の中心に位置する快適なラウンジ
・無料のお飲み物、軽食 ・無料の無線LANサービス
・無料の市内通話やコピー機利用・航空券の予約、事前座席指定、eチケットの手配
またユナイテッド・グローバルファーストラウンジではファーストクラス利用の搭乗者へ最高級のもてなしを、アライバルラウンジではビジネスクラス国際線を利用の搭乗者のうち、当日の航空券で旅行中かつ正午前に到着のお客様が対象でシャワーをご利用いただける。空港ラウンジもぜひ利用したい。

ビジネスクラス

ユナイテッド航空のビジネスクラスは、区間に応じて、ユナイテッド・ビジネスとユナイテッド・ビジネスファーストを設けている。アメリカ~日本を含むアジア、アフリカ、ヨーロッパインドなどの路線で利用できるビジネスファーストは、747、757-200、767、777、787の全機に完全に水平になる「フラットベッドシート」が導入されており、ゆったりくつろぐことができる。ユナイテッド航空ビジネスクラスの預け入れ荷物の制限は32kgまでの手荷物を2個まで預けることができる。機内持ち込み手荷物は、エコノミークラスと同様で3辺(長さ+幅+高さ)の合計が158cm以内(車輪および持ち手を含める)となる。成田空港にあるユナイテッド航空のラウンジ「ユナイテッドクラブ」は中央ビル3階にあり、和洋折衷な雰囲気と非常に広いのが特徴。寿司やシリアル、スナックなどといった軽食類に加え、ソフトドリンクやビールやワイン等アルコール類が揃い、シャワールームも完備されている。

ユナイテッド航空のハブ空港

シカゴ・オヘア空港は、シカゴ郊外にある4組の平行滑走路を含む計8本の滑走路を持つ巨大な空港であり、ユナイテッド航空のハブ空港である。2005年までは離着陸回数が世界一の空港であった。
ユナイテッド航空の本拠地シカゴ・オヘア空港は世界でも有数の乗客数を誇る国際空港。ユナイテッド航空が使用する第1ターミナルは機能的にデザインされ、スピーディな乗継が可能で、ショップやレストランも充実している。空港ラウンジ「ユナイテッドクラブ」は、第1ターミナル内にユナイテッドグローバルファーストラウンジを含め4ヶ所あり、第2ターミナル内には1ヶ所ある。成田空港には第1ターミナル内にある。

世界初が多いユナイテッド航空

ユナイテッド航空にはたくさんの世界初がある。1930年にスチュワーデス(女性客室乗務員)が登場。当時は看護師の資格が必要であった。1936年には機内食工場を開設し、1929年に航空無線電話を実用化。航空会社が航空機メーカーと力を合わせて航空機をデザインするのもユナイテッド航空とボーイングの777が最初であった。そして「E-チケット」は、ユナイテッド航空が開発し今では世界基準となっている。
そして今では生活の一部にすらなっている「マイレージ」であるが、世界最初のプログラムのひとつ「マイレージ・プラス(Mileage Plus)」を1983年から日本で展開をしてきたのもユナイテッド航空である。


ユナイテッド航空
格安航空券を検索する

出発地
目的地
日本出発日(往路)
現地出発日(復路)
★さらに絞込みができます。
航空会社
ユナイテッド航空
座席クラス
人数
大人  人   子供  人

10人以上の方はこちらから

検索する

航空券+ホテル・セット割で検索する