ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

24時間パッとカンタン、スグ買える ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

         
       
ena(イーナ)なら安心予約

チャンギ国際空港

チャンギ国際空港について

シンガポール・チャンギ空港の広さは1,300ヘクタール、場所はシンガポール国内の北緯1°21'23" N 、東経103°59'28" Eに位置している。2つのターミナル、2つの滑走路が用意され、72社のエアラインが乗り入れており、シンガポール航空のハブ空港でもある。
国土が小さいため国際線のみであり、国内線は存在しない。小さな国であるため国内の航空需要は少なく乗り継ぎの客を重視しており、深夜早朝も離発着があり24時間開かれている。待ち時間も快適にすごせる空港としても有名。ヨーロッパ、オーストラリア、ニュージーランドをつなぐカンガルールートの一環としてシンガポールを経由地として利用する客も多い。
4つのターミナルを有しバジェットターミナルという格安航空会社向けに設備を簡素化したターミナルも存在し、二本の平行な滑走路を持っている。
1981年オープン以降世界中の航空・空港関係の賞を累計300以上受賞し、“Best Airport”の名前がつく賞を数多く受賞しており旅行客本位の空港ともいえる。今や大きさでは世界最大級(第7位)の空港で、設備やサービスは世界の1、2を競っている。

チャンギ国際空港の基本情報

日本語表記

チャンギ国際空港

英語表記

Singapore Changi International Airport

IATA 3レターコード

SIN

ICAO 4レターコード

WSSS

国・都市

シンガポール・

日本からの所要時間

6時間半~7時間

日本からの行き方

成田、羽田、関西、中部、福岡から直行便が就航

年間利用者数

3720万人(2009年)

シンガポールの入国

チャンギ空港に到着後、到着客は飛行機に接続されたボーディング・ブリッジを渡り、空港ターミナルビル内に入りコンコースへ。コンコースに入ったら、そこは空港ターミナルの2階なので天井から下がっている案内板にしたがって1階へと降りる。1階到着ホールは入国審査ホールとなっており、入国審査を受けます。

入国審査ブースでは外国人旅行者向けのブースとシンガポール国民と在住者のブースがあり日本人旅行者は外国人旅行者向けのブースへ進みパスポートを出します。係官がパスポートにスタンプを押し、出入国カードの出国カードの部分のみをパスポートに挟んで返される。これで入国審査は終了。原則日本人の場合30日以内の滞在であればビザは不要、ただし帰りの航空券が必要となる。検疫は黄熱病に対して汚染地域を経由して6日以内に到着した場合は予防接種が必要。

シンガポールの出国

出国の場合は、チャンギ空港に到着後、空港ターミナルビル内に入り、そのターミナルからの出発でも2階出発ホールへ向かう。税金還付を申請する旅行者は、出国時にチャンギ空港の税関GST窓口へ行き検査を受けなければいけない。航空会社カウンターでチェックインをすると、パスポートと航空券を出し大きな荷物を預ける。パスポートと航空券を返され、搭乗券が渡される。その後手荷物の検査をし、パスポート、出国カード、搭乗券のチェックを受けパスポートと搭乗券を受け取り搭乗口まで向かう。

チャンギ国際空港の国内線・国際線の乗り継ぎ方法

アジアを代表するハブ空港であるチャンギ空港では乗継が非常にスムーズで、チャンギ空港に到着した後は、わかりやすい案内板があるため、案内板の表示に従って進めば乗り継ぎに迷うこともない。同じターミナルから乗り継ぐのであれば、到着後案内板の指示に従い2階出発乗り継ぎラウンジへ向かい、トランスファー・ラウンジ内発券カウンターで航空券とパスポートを渡し、接続便の搭乗券を受け取り、出発ゲートへ向かう。

別のターミナルから乗り継ぐ場合は、案内板の指示に従い、2階出発乗り継ぎラウンジへ向かい、skytrainに乗って接続便の出発ターミナルへ移動する。到着後トランスファー・ラウンジへ向かい、発券カウンターで航空券とパスポートを渡し搭乗券を受け取り、出発ゲートへ向かう。

チャンギ国際空港の最低乗り継ぎ時間(MCT)

・シンガポール航空(SQ)
国際線 » 国際線:50分~1時間30分

2013年10月現在
注意:時間帯・便名により異なりますのであくまでも参考値とお考え下さい。詳しくは、当社コールンセンターもしくは、航空会社にお尋ね下さい。

チャンギ国際空港の施設

空港内施設は、プール・インターネット・映画館・シャワー・サウナ・フィットネスセンターと充実している。プールは、S$10.30でなんと野外のプールで、バーもある。オープン時間は7時から23時までで、石鹸、タオル、シャンプー、ロッカー室の利用も可。インターネットはターミナル1では、Internet and LAN Gaming Centerと、ターミナル2のe-Hubの2箇所で、e-Hubでは自分のPCを持参すれば無料でインターネットを使うことができる。また、23時から6時までは無料で店内端末を使うことができる。

映画館はターミナル2に24時間利用可能な映画館が併設されており、快適な椅子、暗い室内、音響システムなどとても快適なミニシアターとなっている。ポップコーンなどのスナック菓子や飲み物ももちろん販売されている。シャワーはS$5.15、サウナはS$10.30で石鹸、タオル、シャンプー、ロッカー室の利用も可。フィットネスセンターは、S$10.30で石鹸、タオル、シャンプー、ロッカー室の利用も可となっている。

チャンギ国際空港へのアクセス

チャンギ国際空港から市街地へのアクセスは、MRT、タクシー、エアポートシャトルがある。タクシーの場合、空港から中心部までは約20分から30分ほどで、メーターはS$10~15程度、空港から出発した場合のみ規定の追加料金が必要約S$3。シンガポールのタクシーは料金も安く、不当請求などはしてこないためお勧めだが、料金形態は複雑なため祝日・夜間料金など、しっかり確認してから乗車することを勧める。

鉄道

MRTは、シンガポールのエアコンのきいた鉄道、都市部は地下鉄になっており、郊外では高架鉄道となっている。料金はS$0.80からS$1.80と経済的。空港から中心部まではデポジットS$を含めてS$2.60(デポジットS$1は降車駅の券売機でチケットと引き換えに返金されるため忘れずに手続きをする事。)市街地全域に停車駅が設置されている。早朝から深夜遅くまで運行しているため移動手段としては非常に便利。

バス

路線バスは、チャンギ国際空港各ターミナルからバスナンバー 24、27、34、36、53、858 が出ている。利用する場合は、目的地に直接行けるバスがあるかどうかを調べてから利用するべき。ない場合乗り換えの必要あり。料金も複雑なため旅行初心者にはお勧めしない。

リムジンバス

エアポートシャトル(乗り合いタクシー)は、チャンギ空港から市内まで9人乗りのシャトルバスが運行されており、空港のエアポートシャトルカウンターで行き先を告げるとアレンジしてくれる。時刻表が無く、乗車定員になると随時発車するシステムで運転手に料金を支払う。他の人と相乗り乗車になる場合が多い。料金は大人一人S$9子ども(12歳以下)はS$6。渋滞具合や人数によるが、時間帯などによってはタクシーのほうが安くつく場合もある。

シンガポール・ツーリスト・パス

MRTや路線バスを多く利用する人にはシンガポール・ツーリスト・パスがお勧め。ビジターセンターや主要MRT駅販売窓口で購入することができ、購入すれば、有効期限内、MRTと路線バスが乗り放題で利用できる。1~3日間用の三種類のパスがあるため、滞在期間によって選べる。1週間以上滞在する人にはイージーリンクカードがお勧め。イージーリンクカードは、S$15(内S$10が料金として利用可能)で購入が可能。購入すればMRTとシンガポールバスサービス、トランスアイランドバスサービスも利用できるので、非常に便利である。残金が少なくなれば券売機でチャージが可能で、余ったらカードを返却する際に全額返却される。

税関

課税対象品は、酒類、タバコ、その他輸入制限品に課せられる。酒類はウイスキー、ブランデー、ウォッカ、ワイン、ビールそれぞれ1リットル以内は免税対象。タバコ類については、シンガポールでは、国内へのタバコ持ち込みは一本でも課税対象品となる。免税は一切なし。タバコを所持しているにもかかわらず、税関で申告対象無しのグリーンチャンネルへ進みタバコの持込が発覚した場合、不正、不正確申告があった場合には、課税額の10倍の金額または最高でS$5,000の罰金が科せられる。タバコ持参の際には必ずレッドチャンネルへ進むよう。

その他輸入制限品は、肉および肉製品、武器、弾薬、ビデオ、レーザーディスク、CD-ROMは検閲あり。また持ち込み禁止の品もある。チューインガム、噛みタバコなどの持ち込みは禁止。また猥褻物や麻薬、その他武器や爆竹などの治安を脅かすものは持ち込み禁止とされている。ただし治療目的のチューインガムは持ち込みが可能。猥褻物はアダルト雑誌やDVDはもちろん、週刊誌のグラビアも禁止されておる。麻薬類の持ち込みについてはその場で逮捕され最大で死刑に処される。少しでも申請すべき物品に関して不明な品がある場合には、レッドチャンネルへ進み税関担当者へ照会することを勧める。

両替

到着客なら、入国審査後に一階到着ホールの空港両替店で両替が可能。出発客なら、出国審査前となる一般エリア二階の出発ホールと、出国審査後となる制限エリア二階の出発乗り継ぎエリアでの空港両替店の両方が利用できる。乗り継ぎ客なら、二階の出発乗り継ぎエリアの空港両替店で両替することができる。

チャンギ国際空港の両替所は、金融機関が経営しており、24時間営業、世界主要通貨とシンポール近隣諸国の通貨を扱っている。チャンギ空港では、空港両替店を二軒並んでいる。そのため隣り合った二軒の為替レートを見比べてから、どちらで両替するか決めるといい。

空港両替店ではテレホンカードも販売しており、チャンギ空港内公衆電話からの国際電話やシンガポール滞在中の公衆電話で使用できる。全てのターミナルの制限エリアと一般エリアの両方に、ATMが設置されている。国際キャッシュ・カードでの銀行口座からの引き出しと、クレジット・カードでのキャッシングも簡単に行うことができる。

チャンギ国際空港のお役立ちリンク集

※記載している情報は予告なく変更される場合があります。最新情報はご自身でご確認ください。
チャンギ国際空港
格安航空券を検索する
出発地
目的地
アジア - シンガポール - シンガポール
日本出発日(往路)
現地出発日(復路)
★さらに絞込みができます。
航空会社
座席クラス
人数
大人  人   子供  人

10人以上の方はこちらから

検索する

航空券+ホテル・セット割で検索する

シンガポールの旅行ガイド

シンガポール旅行を楽しむための旅行ガイドはこちら!

シンガポール旅行ガイド
google play APP

上部へ戻る