ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

24時間パッとカンタン、スグ買える ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

         


アンタナナリボ


アンタナナリボについて

アンタナナリボは東アフリカにあるマダガスカル共和国の首都で、世界で4番目に大きい島であるマダガスカル島のほぼ中心に位置する。地元の人たちは短く「タナ」呼ぶ。アンタナナリボとは「高原の街」という意味だ。1975年の社会主義路線への変換以前の旧称はタナナリブといい、街の標高は1200mと高原上にあり周囲を水田に囲まれている。17世紀初頭にメリナ族の王により建設され、1895年にフランスに占領され植民地の政庁が置かれた都市で、現在は商工業・交通の中心地である。今でも中世の面影を残す建造物を見ることができる。世界でも有数の希少動植物の宝庫で、動物園、植物園、市場などが見どころだ。高地にある都市のため朝晩は冷え込むが、日中は暖かく待ち歩きに向いている。日本レストランはないが中華やフランス、イタリア料理を楽しむことができ、郊外にジャンボという大型スーパーマーケットがあり買い物に便利だ。

アンタナナリボの基本情報

通貨

アリアリ(MGA)

人口

150万人(2008年)

言語

マダガスカル語、フランス語

民族

アフリカ大陸系、マレー系、部族は約18(メリナ、ベチレオ他)

行政区画

アンタナナリボ州

面積

587,041k㎡(マダガスカルの国面積)

位置

マダガスカル、マダガスカル島の中心部

気候

年間を通して涼しく過ごしやすい。雨季でも1日中降り続くことはあまりない。

時差

-6時間

アンタナナリボの旅行情報

アンタナナリボ旅行の見どころや文化など、旅行情報はこちら!

アンタナナリボの世界遺産

マダガスカル語で「青い丘」を意味するアンボヒマンガ(Ambohimanga)は、アンタナナリボから北東21kmにある。かつて、初めてマダガスカルを統一したメリナ王国の首都であった。1794年にアンタナナリボに首都が移転されるまで、マダガスカルを統一したメリナ王国の4人の王がここで暮らしていたという。現在は陸の頂上に王宮跡と城壁が残り、王宮の残る王領地の丘は2001年に世界遺産に登録された。近くには博物館もある。

アンタナナリボのグルメ

マダガスカルの主食は米とパンで、米はタイ米のようにさらさらしている。パンはフランス仕込みの棒パンやクロワッサンなどである。マダガスカルには、古来マレー半島やインドネシアから移住したマレー系が多く住み、現在でも人口の4分の1がマレー系である。また、フランスの植民地であった歴史からその影響が今でも残っている。

料理にもアジアやフランスの影響が残り、ご飯に汁物のおかずをかけて食べる文化があり、マレーシア料理とよく似た料理もある。ご飯はココナツミルクで炊き、バニラで香り付けするときもあるという。マダガスカルは、一人当たりのお米の消費量が世界一を誇る。基本的にはご飯とおかずがセットになっており、スープ料理であればご飯にかけて食べるのが一般的だ。

また、本場のフランス料理も一般的な食事となっている。マダガスカルのオリジナル料理では、ラヴィトト(Ravitoto)という豚肉をキャッサバの葉と煮込んだ料理や、ル・マザヴァ(Ro mazava)という青菜と肉を煮込んだ料理が代表的だ。

チンバザザ動植物公園

アンタナナリボの中心部から車で20~30分ほどのところにある、動物園と植物園が一緒になっている施設だ。園内では、マダガスカル固有のキツネザル科の動物や、ワオギツネザル、エリマキキツネザル、アイアイやマダガスカルホシガメ、鳥類などマダガスカルの貴重な動物のほかにエレファントバードや恐竜の化石なども見ることができる。毎日9時から17時まで開園している。

また、入口の横には入場無料の博物館があり、絶滅した巨大キツネザル「メガラダビス」や巨大鳥「エビオルニス」の骨格の標本を見ることができる。園内は広く、ゆっくり見て回っても1時間以上はかかる。アイアイは夜行性なので、アイアイを見るためには事前にチケットの購入し、18時以降に来園することになる。真っ暗なので懐中電灯が必要だ。

レミュールパーク

アンタナナリボから車で30分ほどの郊外にあるレミュールパーク(Lemurs' Park)は、マダガスカルの珍しい動植物を集めた動植物園である。日本人とフランス人による共同運営の施設高遠だ。4haの園内では、ワオキツネザル、ブラウンキツネザル、シロクロエリマキキツネザル、2種類のシファカなど、7種類のキツネザル(レミュール)が放し飼いにされている。キツネザル類はあちこちで間近まで寄ることができる。

ここではランチを取ることができ、自然に囲まれたオープンエアの席での食事は開放感があっておすすめだ。ガイドからは、動物についての詳細な見識やマダガスカルの環境状況についての話をきくこともできる。また、キツネザルのほかにもカメレオンやイグアナ、カメなども見ることができる。

※記載している情報は予告なく変更される場合があります。最新情報はご自身でご確認ください。

アンタナナリボ旅行
格安航空券を検索する
出発地
目的地
中東・アフリカ - マダガスカル - アンタナナリボ
日本出発日(往路)
現地出発日(復路)
★さらに絞込みができます。
航空会社
座席クラス
人数
大人  人   子供  人

10人以上の方はこちらから

検索する

航空券+ホテル・セット割で検索する


上部へ戻る