MIATモンゴル航空(MIAT Mongolian Airlines)


MIATモンゴル航空について

MIATモンゴル航空についての画像

MIAT(ミアット)モンゴル航空はその名の通り、モンゴル国のフラッグ・キャリア(当該国を代表する航空会社)である。以前は日本航空のように国営化の航空会社であったが、1993年に民営化された。日本への就航は1996年で大阪(関西)-ウランバートル線が最初に就航し、2002年に東京(成田)-ウランバートル線が就航した。1956年創業で最初はロシアのフラッグ・キャリアである、アエロフロートロシア航空の支援を受けてのスタートであった。日本-ウランバートル線はビジネスクラスとエコノミークラスの2つでビジネスクラスは通称「ブルースカイクラス」と呼ばれている。日本路線の就航の拡大で、日本語を話せるスタッフを乗務させるなど、ミアットモンゴル航空のポリシーでもある、「真心を込めたサービスで皆様のお世話を」の精神でサービスを提供している。マイレージサービスはないが、成田空港では「ブルースカイクラス」搭乗者には成田空港のANA(全日空)が所有する「ANAラウンジ」が利用出来る。

MIATモンゴル航空の基本情報

正式航空会社名

ミアットモンゴル航空

英語名

MIAT Mongolian Airlines

通称

ミアットモンゴル航空,ミアットモンゴル,ミアット

2レター

OM

3レター

MGL

日本発着路線

成田-ウランバートル

ハブ空港

ウランバートル空港(チンギスハーン国際空港)

ネットワーク

東京、大阪、ソウル、北京、エレンホト、香港、ベルリン、モスクワ

アライアンス

非加盟

所有機材

A310-300、B737-800、B767-300ER 計6機

リコンファーム

必要(リコンファーム要・不要一覧

オンラインチェックイン

不可

MIATモンゴル航空の情報

MIATモンゴル航空の機内食やビジネスクラスなど、MIATモンゴル航空の情報はこちら!

MIATモンゴル航空 マイレージ

ミアットモンゴル航空は、「ミアットマイレージコブランドプログラム」というマイレージプログラムを設けている。航空券購入時におけるマイレージポイント加算の他に、溜まったマイルポイントでエコノミークラスからビジネスクラスへのアップグレードも可能である。
マイレージ会員の入会基準は18歳以上から申し込み受付可能で、初乗りの航空券使用証明書等があれば発行可能である。マイレージポイントの加算率は、ノーマルビジネスクラスにおいては区間の125%、ノーマルエコノミークラスにおいては区間の100%でその他ディスカウントチケット(格安航空券)などは、区間の70%の加算率である。(但し、一部正規割引運賃など加算不可対象もあり)空港のチェックイン時などでマイレージカードの提示がない場合でも、搭乗日から30日以内に航空会社に申請すれば、区間のマイルポイントは加算される。ミアットモンゴル航空では他航空会社とマイレージプログラムの提携がない為、他のマイレージプログラムとの併用加算は不可となっている。

MIATモンゴル航空 機内食

ミアットモンゴル航空の機内食はビジネス(ブルースカイ)クラスとエコノミークラスでは異なっている。ビジネスクラスの場合は、食事はフルコースメニューとなっていて、メインは2種類からチョイスができる。東京~ウランバートル便はランチをサーブ、メニューはモンゴル風串焼きビーフあるいは魚料理などがある。ドリンクはモンゴル特産ウォッカの「チンギスハーン」、ブランデー、スコッチ、ワイン、ビール、日本酒、ソフトドリンク各種と日本茶も選択することができる。エコノミークラスは、メインは2種類からのチョイスとなっていて、東京からの便では前菜に、そばやお寿司をサービスしてくれる。ドリンクはワイン、ビール、ソフトドリンク各種とビジネスクラスと同じく日本茶も選ぶことが可能である。特に人気のあるウォッカ「チンギスハーン」は機内販売としても購入が可能である。

MIATモンゴル航空 ビジネスクラス

MIATモンゴル航空のビジネスクラスは「ブルースカイクラス」と呼ばれ、エアバスA310-300利用時で27席(2-3-2配列)、ボーイング767-300で18席(2-2-2配列)、最新鋭機であるボーイングB737-800では12席(2-2配列)のラグジュアリーシートが用意されている。機内食はフルコースで、2種類(路線によっては3種類)のメインディッシュから選択可能。またドリンクはワイン・ビール・ウィスキーなど主要なアルコール類やソフトドリンクの他、機内販売もされているモンゴル特産のウォッカ「チンギスハーン」も用意されている。他、空港でのラウンジ利用に関しては、現地ウランバートル空港のビジネスラウンジはもとより、成田空港ではANAラウンジも利用可能となっている。

日本就航機材

MIATモンゴル航空は、1990年代後半に機材の近代化を進め、現在はエアバスA310-300とボーイング737-800が主力機材となっている。A310-300は2クラス216席仕様となり、前方に2-3-2の7アブレストのビジネス(ブルースカイ)クラスが27席配置され、その後方に2-4-2の8アブレストのエコノミーが配置されている。かつてはアジアのエアラインを中心に数多くの機体が日本路線に就航していたA310だが、現在この機材を日本に就航しているのはミアット・モンゴル航空とエアインディア、パキスタン航空のみである。ボーイング737-800はミアット・モンゴル航空の最新鋭機材で、こちらもA310動揺2クラスで、ビジネス12席、エコノミー150席の162席仕様となっている。夏のシーズンのみ運航される関西-ウランバートル線もA310となっている。 基本的に日本線運航便に日本人クルーは乗務していないが、ウランバートルの大学で日本語を学んだクルーが各便に1~2名乗務している。

ネットワーク・フライトスケジュールなど

ミアットモンゴル航空のネットワークは国際線が5路線あり、それぞれ日本は成田空港(関西国際空港は期間限定)、韓国はソウル、中国は北京、ヨーロッパはロシアのモスクワとドイツのベルリンに就航をしている。成田空港の2014年のスケジュールは3月28日まで(冬季スケジュール)は毎週月曜・金曜日の週2便で直行便の運航となっている。

MIATモンゴル航空の就航している都市

MIATモンゴル航空が就航している都市はこちらから。


MIATモンゴル航空
格安航空券を検索する

出発地
目的地
日本出発日(往路)
現地出発日(復路)
★さらに絞込みができます。
航空会社
MIATモンゴル航空
座席クラス
人数
大人  人   子供  人

検索する

航空券+ホテル・セット割で検索する