ベトナム航空(Vietnam Airlines)


ベトナム航空について

ベトナム航空についての画像

ベトナム航空(Vietnam Airlines)は国営の航空会社で、ベトナムのフラッグキャリア。 1956年に宗主国のフランスからハノイ・ザラム航空が返還された際に、ベトナム航空局として1989年に設立されたのが始まりである。当初はベトナム国内2都市間のみの運航だったが、1970年代よりラオス・カンボジア・中国・タイなどのアジア主要都市を中心として国際線の路線も拡大。現在ではアメリカ・ヨーロッパ・オーストラリアにも就航し、国内18都市、世界27都市とのネットワークが築かれている。
ベトナム航空は2007年に12機のボーイングB787、20機のエアバスA321を購入するなど最新鋭機の導入を積極的に進めており、2015年には104機、2020年には150機程度まで機材が増える見込みである。ベトナムの高い経済成長率を背景に、さらなる発展が期待される。

ベトナム航空の基本情報

正式航空会社名

ベトナム航空

英語名

Vietnam Airlines

通称

ベトナム航空

2レター

VN

3レター

HVN

日本発着路線

成田-ホーチミン 週21便 成田-ハノイ 週14便 中部、関空、福岡からもホーチミン、ハノイへ就航している 日本からトータル週59便就航

ハブ空港

ホーチミンシティー(タンソンニャット国際空港)、ハノイ(ノイバイ国際空港)

ネットワーク

ベトナム国内18都市、ヨーロッパ、アジア、アメリカ、オセアニアに27都市に就航

アライアンス

スカイチーム

所有機材

エアバスA320-200 10機、エアバスA321-200 28機、エアバスA330  11機、ボーイング777-200ER 10機 など76機

リコンファーム

不要(事前に現地滞在先を連絡している場合)(リコンファーム要・不要一覧

オンラインチェックイン

ベトナム航空の情報

ベトナム航空の機内食やビジネスクラスなど、ベトナム航空の情報はこちら!

ベトナム航空 マイレージ

ベトナム航空のマイレージプログラムはゴールデンロータスプラス(Golden Lotus Plus)という名称で、フライトのほか提携ホテル等の利用でマイレージを貯めることができる。
ベトナム航空は2010年6月10日にスカイチーム(Skyteam)のメンバーに加わったため、フライトによるマイレージを以前より貯めやすくなった。
スカイチームはアエロメヒコ航空、エールフランス、デルタ航空、大韓航空、チェコ航空、アリタリア航空、KLMオランダ航空、アエロフロートロシア航空、中国南方航空、エアヨーロッパ、ケニア航空が加盟し、ちょうど2010年6月に10周年を迎えた。
2011年には中国東方航空が加盟し、アライアンス内のフライトがさらに充実している。

ベトナム航空 機内食

ベトナム航空は搭乗する座席クラスを問わず機内食はアジア料理か西洋料理を選択することが出来るシステムだ。ドリンクはワイン、シャンパン、ウイスキー、日本酒、ビール、ソフトドリンク各種など種類は豊富である。なお2カ月に1度メニューが変わるシステムであり、搭乗する度に様々な味を体験することが出来る。

なお、ビジネスクラスの食事では朝食メニューにベトナム麺「フォー」が出されることもある。また、希望により薫り高いベトナム茶やベトナムコーヒーも提供され、機内からベトナムを感じることができる。

特別食は通常のチャイルドミールやベジタリアンミール、宗教食に加え、果物やフルーツコンポートを中心としたフルーツプレート、生野菜プレート、エビ、ホタテ貝、キャビアなどを除いた魚介類をメインにしたシーフードミールなどがある。

ベトナム航空 ビジネスクラス

人間工学に基づいて設計されたスリーパーシートはシートピッチ132cm、最大リクライニング角度135度でヘッドレストとフットレスト、背もたれが体型に合わせてジャストフィットするようになっている。オンデマンド機能付きパーソナルTVモニターも付いている。食事は日本-ベトナム間でもメインは洋食2種、和食2種から好きなものが選べる。アパタイザーにはじまり、デザートワゴンサービスまで、長距離路線並のボリュームで特にビジネスマンに好評である。希望の搭乗者にはベトナム「フォー」のインスタントヌードルも用意しており、食事を一層楽しくしてくれる。メニューは2カ月に1度変更され、アルコール類は世界一流のワイン、シャンパン、ウイスキー、日本酒、ベトナム産のビール、香り高いベトナムコーヒーやロータスティーのドリンクサービスがある。ハノイとホーチミンの空港には専用ラウンジがあり、専用シャトルバスでターミナルから搭乗機まで案内してくれるサービスがある。ホーチミンの空港ではターミナルのリニューアルに伴いラウンジもバージョンアップした。ビジネスセンターやブッフェ形式のバーなど多彩なサービスを用意している。

デザイン

ベトナム航空は金色のハスの花“ゴールデンロータス”をシンボルとして採用している。 ハスの花は太古の文化を象徴し、逆境に耐え、独自の文化を維持する象徴とされていて、ベトナム人にとって非常に重要な意味を持つ。
また金色は、ベトナム航空の品質の高さ、高級感を表している。ゴールデンロータスは機体にも用いられ、搭乗前からベトナムらしさを感じることができる。
女性の客室乗務員の制服は民族衣装のアオザイで、その美しさで人気が高い。アオザイはチャイナドレスを起源とし、ベトナム独自の服飾文化と相まって形作られ、さらにフランス領時代にヨーロッパのドレスのデザインの要素も取り込まれ、現在のようなスリットの深い、色っぽいデザインとなった。飛行中は映画や窓からの眺めだけではなく、アオザイにも目を奪われることだろう。

注目路線

ベトナム航空(Vietnam Airlines)がベトナムに一番早く到着する。縦に長いベトナムでは、ホーチミンやハノイから国内線を上手に使うことで、旅の選択肢が広がる。ベトナム中部の人気リゾート、ニャチャンやダナン、そして世界遺産があるホイアン、フエへは同日乗り継ぎで行くことができる。特に味わいのある街並みが特色の古都ホイアンは、2006年APECが開催されますます注目を集めている。また、近隣諸国の世界遺産で有名な都市へもアクセスが便利である。カンボジアの世界遺産アンコールワットにもその日の夕方には到着することが出来る。近年人気の出てきている、ラオス、ビエンチャンやルアンパバーンへのアクセスも便利。多くの魅力的な世界遺産が集まるアセアン各都市に行くのであればベトナム航空がおすすめである。

ベトナム航空のオンラインチェックイン

ベトナム航空は、お客様の搭乗手続きをより便利にするため、ウェブチェックインサービスを行っている。ウェブチェックインは、フライト出発時刻の40時間前から2時間前までの間、搭乗便のチェックインがオンラインにて事前に可能である。そのため、搭乗当日、空港で並ぶ手間がなく、また、事前に座席指定を行うことも可能である。搭乗便名及び座席を選択し、お客様自身でボーディングパスを印刷するだけで、搭乗手続きが完了する。
搭乗当日は、自身で印刷されたボーディングパスを持って、遅くとも出発の45分前までに各空港のウェブチェックインカウンターにて搭乗手続きをする。一部ウェブチェックインが利用不可の航空券もあるので、不明な点があればベトナム航空のホームページにて確認するか、ベトナム航空まで問い合わせをしよう。

オーストラリアへ渡航される際の注意点

ベトナム航空にてオーストラリアにご渡航される場合、ハノイ-ホーチミン間のフライトが入る旅程では、ベトナムへの入国手続きが必要となりVISAを要求される場合がありますので、ご注意ください。詳しくは、弊社コールセンターへご相談ください。

ベトナム航空の就航している都市

ベトナム航空が就航している都市はこちらから。

ベトナム航空の格安航空券一覧

ベトナム航空の格安航空券の一覧です。


ベトナム航空
格安航空券を検索する

出発地
目的地
日本出発日(往路)
現地出発日(復路)
★さらに絞込みができます。
航空会社
ベトナム航空
座席クラス
人数
大人  人   子供  人

検索する

航空券+ホテル・セット割で検索する