ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

24時間パッとカンタン、スグ買える ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

         
       


スキポール空港


スキポール空港について

スキポール空港(別称アムステルダム国際空港)はオランダ最大の国際空港で、KLMオランダ航空がハブ空港としている。
1916年に当時の陸軍が陸軍基地として利用したのが始まりだが、現在スキポール空港は世界の284ヵ所にネットワークを持ち、乗客数でいうとヨーロッパで5番目に大きい。
空港内にカジノや博物館などユニークな施設もあり、充実な時間を過ごすことができる。そんなヨーロッパ最大級のスキポール空港は旅行客がもう一度戻ってきたくなるようなバライティーに富んだ魅力的な空港である。

スキポール空港の基本情報

日本語表記

スキポール空港

英語表記

Schiphol Airport

IATA 3レターコード

AMS

ICAO 4レターコード

EHAM

国・都市

オランダ・アムステルダム

日本からの所要時間

約12~13時間

日本からの行き方

成田、関空、福岡から直行便が就航

年間利用者数

51,036,000人(2012年)

スキポール空港のターミナル情報

スキポール空港の魅力はなんといっても移動のしやすさである。全ての施設が1つの建物の中に備わっていて、旅行初心者であっても迷わずスムーズに移動することが出来る。

また、スキポール空港ではシー・バイ・フライ・ショッピングセンターやスキポールプラザなどの大きなショッピングエリアがあるため、満足するまで買い物ができる。品揃えが豊富なので、ショッピング好きにはうれしい。シー・バイ・フライ・ショッピングセンターでは化粧品や香水から電気製品まで揃う。オランダを代表する食材の球根やチーズも購入することが出来る。ここでは全ての商品を免税価格で発売している。スキポールプラザには様々な食材を売るスーパーマーケットや薬局、花屋、フードコートなどもあるため、長旅に備えて食料品や生活用品などを買い揃えることが出来る。

ショッピングの他には、スロットマシーンやルーレットなどのカジノや瞑想ルーム、世界初の空港博物館などもある。カジノへの入場には搭乗券の提示が必要で、18歳以上でないと入場することが出来ない。国立博物館アムステルダム・スキポール空港ではオランダ黄金時代の作品が展示されていて、入場料は無料。ショッピングが苦手な人も楽しめる施設が魅力。

オランダの入国

到着後、まず入国審査を受ける。オランダへの入国審査は簡単で、パスポートを提示するだけ。乗り継ぎをしない場合には、入国カードは不要。また、目的が観光で滞在期間が6ヶ月間で90日以内の旅行客はビザはいらない。しかし、日本で事前にパスポート有効期限が3月以上であることを確かめること!次に荷物受け取り。自分の利用した便名が表示されたターンテーブールへいき、荷物を受け取る。受け取ったら、最後に税関。荷物が免税される以内であれば、緑のランプへ進む。免税されない荷物をもってる場合は赤のランプの方へ進み、申告する。

オランダの出国

出国の場合はまず利用する航空会社のカウンターへ。ここで荷物を預け、搭乗券を受け取る。そしてセキュリティー、出国審査を受ける。(ここで税関申告が行われる。)スキポール空港で入国しても、EU加盟国であれば、そこから出国できる。

スキポール空港の国内線・国際線の乗り継ぎ方法

スキポール空港はターミナルが一つしかないので、乗り継ぎもスムーズに出来る。シェンゲン協定加盟国へ乗り継ぐ場合にはセキュリティーや税関などに時間がかかる場合もある。乗り継ぎのことで分からないことがあれば、乗り継ぎカウンター(Transfer desk)へ。乗り継ぎカウンターはラウンジ1、Dピア、Eピア、Fピア、Gピアに設置してある。

乗り継ぎ時間まで時間がある旅行客には、Back to lifeのマッサージでフライトでの疲れを癒したり、Holland Casinoで空港にいながらもカジノを楽しんだり、世界初の空港博物館Rijksmuseumで古代オランダに触れたり、テラスでパノラマを眺めたりなどのアクティビティーがおススメ。スキポール空港にはこれらの魅力的な施設があるが、乗り継ぎの際には時間に余裕をもって行動するよう心がけて。

スキポール空港の最低乗り継ぎ時間(MCT)

・ KLMオランダ航空(KL)
国際線 » 国内線:50分
国際線 » 国際線:40分~2時間15分

2013年10月現在
注意:時間帯・便名により異なりますのであくまでも参考値とお考え下さい。詳しくは、当社コールンセンターもしくは、航空会社にお尋ね下さい。

スキポール空港へのアクセス

スキポール空港から市内までの主要なアクセス方法は、電車、バス、タクシーなどがある。

鉄道

電車を利用する場合、スキポールプラザの地下にSchiphol Station(スキポール駅)があるので、市電車での移動が簡単に出来る。乗車券は、スキポールプラザにある黄色の機械で買うことができる。アムステルダム中央駅までの所要時間は約20分前後。料金は3.80ユーロ。ハーグ中央駅までは約35分。料金は3.70ユーロ。また国内を繋ぐ鉄道のほかに、ドイツのフランクフルトやベルギーのブリュッセルなど国際都市を繋ぐ国際線もある。スキポール広場に設置されている、チケット売り場でも購入できるが、インターネット上でも購入することができる。タクシーを利用する場合は市内中心部まで約40~50ユーロ。交通状態にもよるが、通常なら20分くらいで到着する。

バス

到着ロビーを出るとSchiphol Plaza(スキポールプラザ)があり、バスを利用する場合はここが乗り場となる。30分足らずで周辺都市へ移動できる。朝早くから夜遅くまで運行しているのも便利だ。また、夜間サービスを行っているバスもあるので、夜遅くのフライトを利用する場合も助かる。

スキポール空港での癒しサービス

スキポール空港では「これから長いフライト!少しゆっくりしてから搭乗したい!」「長いフライトでクタクタ。マッサージを受けながらリラックスしたい」という旅行客にぴったりな、癒しの空間を提供している。入国審査を受ける前にちょっとゆったりしたい方はスキポール空港内にあるシェラトン・アムステルダム・ホテルへ。ここではマッサージや美容トリートメントが受けられる。24時間営業の予約制。

出国手続き後は出発前や出国ラウンジ2の一階のインターネットバーの隣にあるXpress Spaへ。ここでは全身マッサージや美容トリートメント、ネイルケアなどの癒しを提供していて、予約なしで受けることができる。搭乗までの間10分くらいでいいからマッサージを受けたいという方にはEピアとFピアの間に"Back to life" というマッサージ店もあるので、ぜひ利用してみてはいかがだろうか。

スキポール空港の便利なサービス

より多くの旅行客が空港で快適に過ごせるように、スキポール空港内では便利なサービスを提供している。最長1ヶ月荷物預け可能な荷物預かり所やコインロッカー、両替所、なにかあった時でも安心な医療施設などがある。荷物がいっぱいで運びきれない!という方はポーターサービスもあるのでターンテーブル付近にいるスタッフに気軽に声をかけてみて!

この他にも、到着ロビー2にはホテルの予約を手伝ってくれるホランド・ツーリスト・インフォメーションもあるので、便利。空港まで迎えがくる、家族、友人との待ち合わせの場合には、待ち合わせ場所として赤と白のチェック柄キューブのオブジェ前が最適!スキポールプラザの中央にあり、カラフルなため目印となっている。

スキポール空港のお役立ちリンク集

※記載している情報は予告なく変更される場合があります。最新情報はご自身でご確認ください。

スキポール空港
格安航空券を検索する
出発地
目的地
ヨーロッパ - オランダ - アムステルダム
日本出発日(往路)
現地出発日(復路)
★さらに絞込みができます。
航空会社
座席クラス
人数
大人  人   子供  人

10人以上の方はこちらから

検索する

航空券+ホテル・セット割で検索する

オランダの旅行ガイド

オランダ旅行を楽しむための旅行ガイドはこちら!

オランダ旅行ガイド

上部へ戻る