• 初めての方へ
  • HELP
  • メルマガ
  • サイトマップ
  • ログイン(マイページ)

         


ダニエル・K・イノウエ 国際空港(ホノルル国際空港)


オアフ島の人気オプショナルツアー
オアフ島の人気オプショナルツアー

ダニエル・K・イノウエ 国際空港(ホノルル国際空港)について

ハワイ州オアフ島にあるダニエル・K・イノウエ 国際空港(ホノルル国際空港)はホノルル近郊に位置するハワイの玄関口。日本からハワイへの直行便はすべてダニエル・K・イノウエ 国際空港(ホノルル国際空港)に到着する。
真珠湾の南東に位置するハワイ州最大のダニエル・K・イノウエ 国際空港(ホノルル国際空港)は、オアフ島だけでなく、ハワイ島やマウイ島などハワイを訪れる人全ての玄関口として利用されている。また、ダニエル・K・イノウエ 国際空港(ホノルル国際空港)はアメリカとアジアを結ぶ太平洋地域のハブ空港としても機能している。
ターミナルは3つあり、国内線と国際線が使用する「メイン・ターミナル」の他にハワイアン航空が使用する「インター・アイランド・ターミナル」とハワイ諸島内の便が使用する「コミューター・ターミナル」がある。
空港内にはフードコートや売店、免税店も揃っており、旅行の際に便利なレンタカー会社のオフィスも設けられている。

ダニエル・K・イノウエ 国際空港(ホノルル国際空港)の基本情報

日本語表記

ダニエル・K・イノウエ 国際空港(ホノルル国際空港)

英語表記

Honolulu International Airport

IATA 3レターコード

HNL

ICAO 4レターコード

PHNL

国・都市

ハワイ・ホノルル

日本からの所要時間

成田→ホノルル:6時間30分~7時間30分 ホノルル→成田:8時間~9時間45分

日本からの行き方

成田、羽田、中部、関空、福岡、札幌から直行便

年間利用者数

2000万人以上

ハワイの入国

事前準備として、ハワイへ行く際にも「アメリカ電子渡航認証システム(ESTA)」への登録が義務付けられている。「アメリカ電子渡航認証システム(ESTA)」に登録していな場合、チケットを持っていても飛行機にすら乗ることができない。「アメリカ電子渡航認証システム(ESTA)」はWEBからの登録のみとなっているが、日本語版もあるため早めに登録をしておいた方がいい。
入国審査では、「Non-Residents(非居住者)」の列に並び、順番が来たらパスポート、帰りの航空券、記入済みの税関申告書(英語で記入)を提出して審査を受ける。帰りの航空券と税関申告書を受け取ることを忘れないように。入国審査後には日本出国時に預けていた荷物を受け取ることが出来る Baggage Claim があるため、ここで自分の荷物を探し出す。
荷物を見つけたら次は税関(Custom)へ進む。パスポートと税関申告書を提出し、申告するものがなければ比較的スムーズに税関も通ることができる。なお、動物の肉、乳製品、卵製品、野菜、果物などハワイへの持ち込みが禁止されている食品があるため、食べ物の持ち込みをする場合は持ち込禁止食品に該当しないか事前に調べる必要がある。申告をしないで持ち込もうとする場合には500ドルの制裁金を払わなければならない。

ダニエル・K・イノウエ 国際空港(ホノルル国際空港)の国内線・国際線の乗り継ぎ方法

日本からダニエル・K・イノウエ 国際空港(ホノルル国際空港)へ行く場合にはメインターミナルに到着する。ハワイの他の地域へ飛行機を利用して移動する場合は、国内線の乗り継ぎが必要となるため、インターアイランドターミナルへ移動する。乗り継ぎにはだいたい2時間を目安に所要時間は考えられているが、空いていれば約1時間で、混雑している際には2時間以上かかることもあるため、余裕を持ってスケジュールを組んだ方がいい。
メインターミナルからインターアイランドターミナルへは税関を通りすぎたら団体旅行ではなくても団体旅行用の出口から出た方が近道となる。使う航空会社によって場所は多少異なるが、出口を出たらエスカレーターを上り、歩道を左手に進むとハワイアン航空のインターターミナルに到着する。

ダニエル・K・イノウエ 国際空港(ホノルル国際空港)へのアクセス

パッケージツアー利用の場合は空港までまで各旅行会社の現地スタッフが迎えに来ているが、個人旅行の場合は空港からホテルまで自分で行かなければならない。 国際線の到着ロビー出口にはには各交通機関の乗り場案内もあるため、タクシーやシャトルバスを利用してワイキキまで行くことができる。 タクシーもシャトルバス「Airport Waikiki Express」も中央分離帯に停留所があり、シャトルバスは20分~25分間隔到着し、車体が赤と青と白に塗られ「Airport Waikiki Express」と書かれているため、迷うことなく乗れる。大人はワイキキまで均一料金で片道9ドル、往復15ドル。こどもは無料で乗ることができる。持ち込の荷物は2つまで無料だが、2つ以上の荷物を持ち込む場合やゴルフバッグ、カーシート、大きな箱は追加料金が4ドル必要。他にはサーフボードやスキーの板やスノーボードは17ドル、自転車は25ドル追加料金がかかる。 ハワイに慣れている方はレンタカーが大変便利なため、空港にあるレンタカー会社で手続きをすることもできる。

レンタカー

オアフ島を満喫するなら移動手段はレンタカーが一番。ダニエル・K・イノウエ 国際空港(ホノルル国際空港)やワイキキの営業所で借りれば、人気のノースショアやカイルア方面へも自由にアクセスできる。ハワイはレンタカー移動がする旅行者が多いので、日本を出発する前に予約しておきたい。

ダニエル・K・イノウエ 国際空港(ホノルル国際空港)のショップとレストラン

ダニエル・K・イノウエ 国際空港(ホノルル国際空港)の免税店ではエルメス、コーチ、カルティエ、モンブラン、ブルガリ、バーバリー、フェラガモ、プラダ、ハンティングワールド、フェンディなどなどの高級ブランド店で買い物ができる(2013年12月現在)。
高級ブランド以外にも、様々な化粧用品や香水を扱っている免税店やお土産にぴったりなハワイ製の食品やお菓子、衣類を扱っている免税店もあり、とても充実している。免税店巡りで疲れたらレストランやファーストフード店やカフェで休憩することもでき、バーガーキングやスターバックスなどでアメリカサイズを味わうことができる。
免税店以外にも、ハワイの名産品を中心にした土産物屋などもあり、ハワイを旅立つ直前に買い忘れたお土産や最後のショッピングを満喫することができる。

ダニエル・K・イノウエ 国際空港(ホノルル国際空港)へのアクセス

パッケージツアーの場合はハワイ到着時と同じように、空港への送迎もプランに含まれているが、個人旅行の場合は帰りのアクセス方法も事前に考えておくと安心。
タクシーの場合、ワイキキのホテルからはダニエル・K・イノウエ 国際空港(ホノルル国際空港)までだいたい30分かかる。なお、朝の通勤ラッシュなど道が混む時間帯と空港までの所要時間が30分以上かかる場合もあるため、時間に余裕を持った方がいい。大きなホテルでは、ホテルの前にタクシーが待機していることが多い。タクシーの運転手に利用する航空会社名を伝えておくと、その航空会社がのカウンターへ近い場所で降ろしてもらうこともできる。
出発の前日までの予約をすれば、エアポートシャトルバス「Airport Waikiki Express」がホテルの前でピックアップしてくれる。所要時間が40分ほどかかるため、帰国便の出発時間の約3時間前を目安に乗車できるよう手配しておくと良い。

ダニエル・K・イノウエ 国際空港(ホノルル国際空港)のお役立ちリンク集

ダニエル・K・イノウエ 国際空港(ホノルル国際空港)の格安航空券一覧

ダニエル・K・イノウエ 国際空港(ホノルル国際空港)の格安航空券の一覧です。

※記載している情報は予告なく変更される場合があります。最新情報はご自身でご確認ください。

ダニエル・K・イノウエ 国際空港(ホノルル国際空港)
格安航空券を検索する
出発地
目的地
ハワイ - ハワイ - ホノルル
日本出発日(往路)
現地出発日(復路)
★さらに絞込みができます。
航空会社
座席クラス
人数
大人  人   子供  人

10人以上の方はこちらから

検索する

航空券+ホテル・セット割で検索する

ハワイの旅行ガイド

ハワイ旅行を楽しむための旅行ガイドはこちら!

ハワイ旅行ガイド

        


Copyright © AIRPLUS co.,ltd. エアプラス株式会社

  • オンライン海外旅行サイト
  • イーナ・カスタマーサービス