ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

24時間パッとカンタン、スグ買える ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

         
       

航空会社未定について解説

旅行業界における「航空会社未定」とは、パッケージツアーや航空券販売において、購入者側で利用航空会社を予め指定できない商品に対して用いる表記である。
複数の航空会社が就航している比較的人気の高いメジャー路線で見られる事が多く、同じ路線の航空会社指定料金より、かなり安価に設定される事が多い。

なお、一概に「航空会社未定」と言っても、販売側の実際の運用としては、大きく分けて主に2種類の形態が存在する。
ひとつは、予約時点では販売側も実際に適用航空会社を決めていない「航空会社未定」で、主にパッケージツアーで多く見られる。同じ路線で、直行便or経由便、時間帯などの条件が類似する複数の航空会社の商品を販売側が仕入れている場合に用いられる、ひとつの販売手法と言える。予約時の各仕入価格やブロック席(航空会社が特定の代理店に対して予め割り当てる一定数の座席)の消化状況などを総合的に見極めながら、各予約記録への航空会社の振り分けを事後的に判断する運用形態である。状況によっては出発数日前に航空会社が決定するケースや、決定便の時間帯如何では現地での滞在時間が大きく影響を受けるなど、ある程度のリスクが見込まれる分、とにかく安く行きたいという方には最適と言える。
またもう一方は、最初から航空会社が決まっていながら、表向きは「航空会社未定」と謳うケースである。その多くは、航空会社が旅行代理店に対して要請する最低販売価格(MSP=Minimum Selling Price)の存在に起因するもので、主に航空券単体での販売商品に多く見られる。MSPは、航空会社指定で販売する際に厳守すべき最低価格であり、この下限を守らない場合、最悪のケースでは当該航空会社との取引停止に追い込まれる危険性もある。その為、販売店としては、より安価な価格で集客を見込みたい場合などは、止むを得ず「航空会社未定」として競争力の高い価格で商品投入することになる。この類の商品では、航空会社こそ明記しないものの、時間帯や直行便・経由便の別、または加盟アライアンスを記載するなど、ある程度、航空会社を特定できる判断材料を記載することで、購入者に対して間接的に航空会社を知らしめるような表記も往々にして見受けられる。

海外旅行
格安航空券を検索する
出発地
目的地
日本出発日(往路)
現地出発日(復路)
★さらに絞込みができます。
航空会社
座席クラス
人数
大人   人  子供   人

10人以上の方はこちらから

検索する

航空券+ホテル・セット割で検索する

上部へ戻る