ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

24時間パッとカンタン、スグ買える ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

         
       


ノイバイ国際空港


ハノイの人気オプショナルツアー
ハノイの人気オプショナルツアー

ノイバイ国際空港について

ノイバイ国際空港(Noi Bai International Airport)は、ベトナム社会主義共和国北部の首都ハノイにある国際空港である。
元々はベトナム空軍用として建設されたが、1975年に南北ベトナムが統一されたあとは軍民共用の国際空港として使用されるようになった。 ベトナム北部では最大の空港であり、ハノイ市中心部まで約45キロと比較的近い。アクセスも充実しており、エアポートタクシーやエアポートミニバス、路線バスなどどれを使っても40分ほどで中心部に到着できる。
日本行の国際線としては成田国際空港・中部国際空港・関西国際空港・福岡空港の三港へ就航しており、日本への所要時間は約5~6時間である。

ノイバイ国際空港の基本情報

日本語表記

ノイバイ国際空港

英語表記

Noi Bai International Airport

IATA 3レターコード

HAN

ICAO 4レターコード

VVNB

国・都市

ベトナム・ハノイ

日本からの所要時間

約5~6時間

日本からの行き方

成田・中部・関西・福岡から直行便が就航

年間利用者数

約2,840人(2003年)

ノイバイ国際空港のターミナル情報

ノイバイ空港は現在、2001年より開港されたターミナル1が唯一の旅客ターミナルとなっていて、地上4階建てのターミナル内部は大きく分けて国際線のロビーA(一部国内線チェックインカウンターあり)と国内線のロビーBとなる。国際線にはベトナム航空やチャイナエアラインなど国内外の航空会社が多数就航している。

ベトナム北部では最大の空港でありモダンなデザインのターミナル内部は清潔だが、全体としての規模は小さく、2階にある免税店などの施設においても規模・サービスともに他国の大空港に比べると少し物足りなさが残る。これからの発展が期待されるが、現在のところは乗り継ぎの待ち時間が長いのであればタクシーなどを利用して40分ほどのハノイ市内まで出て行くこともおすすめされる。

ベトナムの入国

機内で客室乗務員より出入国カードを渡されるので、事前に書いておく。到着したらまず入国審査を受ける。このとき用意しておいた出入国カードをパスポートと共に提示する。滞在目的・国籍によってはビザが必要となる場合があるので、事前に確認し日本で取得しておく。

手荷物の引き取り、税関カウンターへと進む。税関検査では、申告がある場合はパスポートと共に出入国カードを提出する必要がある。その後すべての手荷物はX線検査によりチェックされ、検査終了後に出入国カードの一部とパスポートが返却される。この出入国カードは出国時に必要となる場合があるので大切に保管すること。

ベトナムの出国

まず利用する航空会社のチェックインカウンターへ行き搭乗券を受け取る。次に出国審査場へ進み、パスポート・搭乗券と、入国時に返却された出入国カードを提出する。それが終わると次に税関検査を受ける。ここでも入国時に返却された出入国カード・パスポート・搭乗券を提出する必要がある。機内へ持ち込む手荷物はすべてX線でチェックされ、乗客もボディチェックを受ける。すべて終了すると出発ロビーへ進み、ゲートより航空機に搭乗する。

ノイバイ国際空港の国内線・国際線の乗り継ぎ方法

国際線への乗り継ぎ方法は航空会社によって異なる。例えばベトナム航空の場合、まず入国手続きを済ませたあと、1階到着ロビーより中央エスカレーターを使って2階へ上がり、ターミナル内の乗り継ぎカウンターにて搭乗手続きを行う。手続きを済ませた後は後方の国際線出発ラウンジまで空港スタッフや出入国スタッフが案内してくれる。

また日本航空の場合は入国審査上には進まず、乗り継ぎカウンターへと直接向かう。ここでEチケットの控え、荷物のクレームタグ、パスポートを係員に提示して乗り継ぎ便のチケットを受け取る。その後は自分の搭乗ゲートをモニターで確認し、手荷物検査を受けたのち搭乗待合室で待機する。ちなみにノイバイ空港に日本航空の係員は配置されていないため、事前によく調べ、手順を確認しておくことが重要である。

ノイバイ国際空港の最低乗り継ぎ時間(MCT)

・ベトナム航空(VN)
国内線 » 国際線:1時間30分
国際線 » 国内線:1時間30分
国際線 » 国際線:55分~1時間30分

2013年10月現在
注意:時間帯・便名により異なりますのであくまでも参考値とお考え下さい。詳しくは、当社コールンセンターもしくは、航空会社にお尋ね下さい。

ノイバイ国際空港の施設

到着ロビーは1階となり、ハノイに到着するとまず利用するフロアとなる。1階にある施設は両替所や銀行ATM、救護室に薬局、ホテル・旅行案内所などと充実したラインナップで、旅に万が一のことがあっても対応できる。

2階は出発ロビーであり、 荷物ロッカーやATM、公衆電話などの公共施設や免税店がある。ちなみに免税店は3階にもあるが、両店ともに商品は決して安くはなく、服飾品などの品揃えも充実しているわけではない。またぼったくりの被害がかなり報告されているため、店員の言値をうのみにせず、支払前にドルの表示値をベトナムドンに直して試算しておくことが肝心だ。

3階はエアラインオフィスであり、カフェもあるため、旅の疲れを癒したり乗り継ぎの時間つぶしに使うことができる。

4階も同じくカフェやレストランといったいわゆるレストランフロアであり、早速ベトナム料理を楽しみたい場合におすすめ。ノイバイ空港はベトナム首都ハノイにあるとはいっても比較的小規模な施設であるため、乗り継ぎがあまりに長時間である場合にはタクシーなどで市内へ行き、ハノイを観光するのも一つの手だ。

ノイバイ国際空港の観光スポット

空港周辺には残念ながら観光できるような場所はほとんどないが、交通機関を利用して45分ほどのハノイ市内には様々な観光スポットがある。

まずはホーチミン廟。ベトナム建国の立役者であるホーチミンの遺体がガラスケースに安置されており、周囲は兵士によって厳重に警備されている。カメラなどは事前に預けておく必要があり、私語は厳禁。露出を控えるなど服装にも十分に注意する必要がある。

そしてハノイ中心部にあるホエンキアム湖も景観スポットとして有名である。ホエンキアム(ベトナム語で「剣を還した」)という名前は、レー朝を築いた英雄レー・ロイが湖の宝剣によって明軍を破り、持ち主である竜王の使いである大亀に剣を返還した、という伝説に由来している。そのため湖の中にある小島には亀の塔が建っている。市民の憩いの場所としても有名なこのスポット、ハノイに行くならぜひ訪れたい場所である。

ノイバイ国際空港へのアクセス

ノイバイ空港から市街地へのアクセス手段としては、空港タクシー、空港バス、公共ミニバスの3種類が主要な公共交通機関。

リムジンバス

値段は約2ドルとリーズナブルだが、乗客数が定員を満たしてから出発するので急ぎの場合はお勧めできない。乗り場は空港出口の正面にあり、様々なバス会社がある。ノイバイ空港とハノイ市内をつなぐハノイシティーバス(公共ミニバス)は7番から17番で、バス停はターミナルの右側にある。運賃は約0.3ドルで、所要時間は1時間ほど。朝5時から22時まで15~20分間隔で営業している。安いし便利だが明確な路線図はないので、旅行者は乗車前に十分な下調べが求められる。

タクシー

空港タクシーはセダンカーで約10ドル、ワゴン車で約12ドル。タクシーで空港から市内まで行くには約30~45分ほどかかる。ターミナル外にタクシースタンドがあり、そこで最新の公共料金を確認できる。タクシーに関してはぼったくり、意図的な遠回り、メーターを使わない高額請求など悪評もあるので、ごまかされないよう注意が必要。

※記載している情報は予告なく変更される場合があります。最新情報はご自身でご確認ください。

ノイバイ国際空港
格安航空券を検索する
出発地
目的地
アジア - ベトナム - ハノイ
日本出発日(往路)
現地出発日(復路)
★さらに絞込みができます。
航空会社
座席クラス
人数
大人  人   子供  人

10人以上の方はこちらから

検索する

航空券+ホテル・セット割で検索する

ベトナムの旅行ガイド

ベトナム旅行を楽しむための旅行ガイドはこちら!

ベトナム旅行ガイド

上部へ戻る