ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

24時間パッとカンタン、スグ買える ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

         


フィジー


フィジーについて

フィジー(フィジー諸島共和国、The Republic of Fiji Islands)は南太平洋のほぼ中央部に位置する330個もの島々からなる国家である。総面積は、四国より少し広い1万8千万平方kmくらいである。フィジー最大の島ビチレブに、首都スバ市(Suva)やナンディ国際空港がある。その他代表的な島に挙げられるのは、オバラウ島、バヌアレブ島、タベウニ島である。島々の位置的な意味だけでなく、南太平洋の民俗、文化がクロスしていることから「南太平洋の十字路」と呼ばれている。イギリスからの独立や2度のクーデターを乗り越え現在に至る。

フィジー旅行の人気エリア

ナンディ旅行

フィジー、ヴィチ・レヴ島西部の都市。

フィジーの基本情報

正式名称

フィジー諸島共和国

首都

通貨

フィジー・ドル(FJD)

人口

849,000人(2008年)

言語

公用語は英語。それぞれの民族間でフィジー語とヒンドゥスターニー語(ヒンディー語、ウルドゥー語)が一般的に使用されている。

宗教

民族

東南アジア方面から紀元前1300年ごろニューギニアやニューカレドニアなどを経てフィジーに渡ってきたといわれているが、はっきりしたことはわかっていない。

面積

18,270平方キロメートル

位置

西経/東経 180度、南緯18度を中心とする南太平洋のほぼ中央部。

気候

1年中恵まれた気候である。気温の変化はあまりなく、平均気温は23~28度である。ベストシーズンは晴天の多い6月~9月。この時期は現地の冬にあたる。雨季は10月~4月。特に1月~3月に降雨が多い。

時差

日本との時差は3時間

フィジーの旅行情報

フィジー旅行の見どころや文化など、旅行情報はこちら!

フィジーの空の玄関口

フィジーの空の玄関口はビチレブ島にあるナンディ国際空港である。日本からの直行便は無く、第3国で乗り継いで行くことになる。大韓航空を利用してソウルで乗り継ぐ方法、ニューギニア航空を利用してポートモレスビーで乗り継ぐ方法、エアカランを利用してヌメアで乗り継ぐ方法がある。
大韓航空の出発便は、火・木・日曜日、帰国便は月・水・金曜日。ニューギニア航空は、出発便、帰国便ともに土曜日。エアカランは、当日乗り継ぎ可能な出発便は日曜日、帰国便は土曜日。当日乗り継ぎ不可の便は、出発便、帰国便ともに水曜日である。
ビチレブ島からは、フェリーや国内線小型機が島と離島を結んでいる。また、バス網も大きな島では発達しているが、観光客は一般的にはタクシーやレンタカーを利用する。タクシーを利用の場合、空港や主要ホテルなどからは公定の料金があるが、通常は交渉制でメーターはない。レンタカーは多数の会社がある。

フィジーのグルメ

フィジーの代表的食べ物としては、地中に掘った穴に焼いた石を入れ、その上に、魚や肉、タロイモなどをバナナの葉で包んだものを乗せて、さらに上に土をかけて蒸し焼きにする「ロボ料理(マンギティ)」や、フレッシュココナッツミルクで、レモン汁でマリネにした白身魚のワル(サワラの一種)の角切りを和えた「ココンダ」、ココナッツミルクで、魚や野菜を煮込んだ「ロロ」などがある。
ホテルで、ショーなどと合わせてこれらの伝統的なフィジー料理を楽しむことができる。滞在先の多くのリゾートホテルにはレストランが整っているので、食事をホテルで済ますことができる。日本料理が食べたいときは、ナンディに数店ある。

フィジーのショッピング

ショッピングは、ホテル内のショップの他、町(ナンディ、ラウトカ、シンガトカ、スバなど)で楽しめる。一部の大型土産物店を除き、町での買物には、値段交渉が必要である。
お土産は、衣類では「スル」という現地の人々が腰に巻く布や「タパクロス」があげられる。Tシャツもプリントの種類が多く、人気がある。 「サリー」というインド系の民族衣装もある。
その他、香りが良く無公害でお手ごろな、ココナッツ・オイルが原料のココナッツせっけん、食器や木彫りの人形やなども種類が豊富で、比較的お手ごろ。空港内以外でも、市内やホテル内の免税店で免税品の購入が可能である。

フィジーの歴史

現在のフィジーに、約8000年前、パプア人(メラネシア系)が、その後トンガ人が移り住んだとされている。1643年、オランダの探検家タスマン、1874年にイギリスのキャプテン・クックが上陸した。これをきっかけにキリスト教が伝えられた。
1874年、イギリスの植民地になる。イギリスはインド人労働者を大勢、砂糖のプランテーションのために移民させる。移民の多くは定住して、劇的にフィジー社会を変化させる。1970年、英連邦自治国として独立するが、1987年にクーデターが起こり英連邦を離脱。1997年に再び英連邦に加盟し、1998年、国名を現在の「フィジー諸島共和国」に変更した。
2006年に軍司令官によるクーデターがあり、2009年バイニマラマ軍司令官が暫定首相に就任。民生復帰の選挙は、2014年まで先送り とされており、現在は軍事政権である。

フィジー以外のオセアニア・南太平洋旅行情報

フィジー以外の、他のオセアニア・南太平洋地域の旅行情報はこちらから。

※記載している情報は予告なく変更される場合があります。最新情報はご自身でご確認ください。

フィジー旅行
格安航空券を検索する
出発地
目的地
オセアニア・南太平洋 - フィジー
日本出発日(往路)
現地出発日(復路)
★さらに絞込みができます。
航空会社
座席クラス
人数
大人  人   子供  人

10人以上の方はこちらから

検索する

航空券+ホテル・セット割で検索する


上部へ戻る