ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

24時間パッとカンタン、スグ買える ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

         


ニース


ニースについて

世界的なリゾート地であり、またコート・ダジュール(COTE D'AZUR)の中心地でもあるニース(NICE)には毎年多くの観光客が訪れる。ヨーロッパに訪れる観光客のうち、100人に一人は少なくともニースに1泊はしているとの統計があるほど、多くの観光客が訪れる人気都市である。
19世紀頃から、貴族をはじめ、高級リゾートとしてのイメージが根付くニースは、ビーチリゾートだけでなく、芸術面ではマティス美術館、シャガール美術館、シミエ・フランシスコ会修道院が、グルメにおいてもボルドー地方に肩を並べるほどワインが有名で、世界に一目を置かれる存在でもある。
また、ニース、コート・ダジュールと言えば紺碧の海を思い浮かべるが、意外にもニースを県庁所在地とするアリブ・マリティム(Alpes-Maritimes)県には山々が連なるアルプスの風景が見られる。コート・ダジュールの山々にたくさんある鷲の巣村は「フランスの美しい村々」に認定されており、ニースから鷲の巣村へ多くのバスがでていて山岳地帯へと足を伸ばす人も多い。

ニースの基本情報

通貨

ユーロ(EUR)

人口

約347,060人 (2010年現在)

言語

フランス語

民族

ケルト人、ゲルマン民族などの混血

行政区画

アリブ・マリティム(Alpes-Maritimes)県

面積

71,92平方キロメートル

位置

フランス南東部に位置し、地中海に面している。ニースのあるアリブ・マリティム(Alpes-Maritimes)県はイタリアにも隣接している。

気候

四季があり、晴天率が高く湿度が低い地中海性気候で比較的温暖な気候である。但し、夏場はかなり日差しが強い。

時差

日本との時差はマイナス8時間。サマータイム期間中はマイナス7時間。

ニースの旅行情報

ニース旅行の見どころや文化など、旅行情報はこちら!

ニースへのアクセス

ニースにある国際空港、コート・ダジュール空港は、利用客は年間約1000万人で、シャルル・ド・ゴール国際空港、オルリー空港に次ぐフランスで3番目に利用客の多い空港となっている。このニース空港を拠点にバスまたはタクシーで市内まで行くことができる。

ニースでの観光のための移動はバスが主である。ニースは大都市にも関わらず、公共交通機関の整備が遅れ気味だったが、2007年に市内にトラムが開通し市民や観光客の間でとても譲歩されている。新技術を駆使したこの新しいトラムは、マセナ広場を始めとする中心街では景観保護のためケーブルなしで走行している。またそのトラムは都市景観を重視した電気方式を採用していることが評価されており、建設にあわせた街路樹の植生や、沿線に15人のアーティストによる現代芸術作品を設置するなどの「街の衣替え」の実践を推進しており、現在更なる延長が計画されている。鉄道は、マルセイユとイタリアを結ぶフランス国鉄の鉄道路線が主要駅のニース-ヴィル駅を通っている。パリとはTVGや夜行列車で結ばれている。

ニースのグルメ

ニースはその昔、サルディニア王国の支配下にあったためイタリア文化の名残をもっている。イタリア文化が残っているものの1つにオリーブオイルを利用した料理があげられる。世界的にも有名な料理といえばサラダニソワーズ(ニース風サラダ)で、ゆで卵とアンチョビにオリーブオイルをかけた生野菜ミックスでニースの家庭料理の定番でもある。家庭料理の定番といえば、ラタトゥイユははずせない。ズッキーニ、なす、ピーマン、トマト、オニオンなどの野菜をミックスし、オリーブオイルで煮込む料理で日本でも人気がある。
またニースはワインも有名で、ニースには原産地統制名称ブドウ畑を持つフランス唯一の都市でもある。フランスで最も古いぶどうの品種の1つが栽培され、白、赤、ロゼといづれの種類も以前より海外でも評価を高めている。

旧市街と美術館

ニースは、高級リゾート地のイメージとは裏腹に、旧市街の一画には庶民的な雰囲気が漂い地元住人の活気で賑わっている。迷路のように入り組んだ路地、歴史を色濃く残す建築物、活気あふれる市場の様子を見ていると本当のニースの1面を垣間見ることができる。旧市街の中でも特に賑わっているのがサレヤ広場(Cours Salaya)で、毎日朝市や花市が開かれるだけでなく、週に1度はアンティーク市も開かれ地元住民も観光客も多くの人が訪れている。
シミエ地区の丘の上に大きな公園があり、休日にはオリーブの木陰でピクニックを楽しむ人で賑わっている。その公園の奥にただずんでいるのがシミエ・フランシスコ修道院である。16世紀に活躍した画家、ルイ・ブレアの祭壇画が残っている。シミエの公園内にあるマティス美術館には巨匠アンリ・マティスの作品はもちろん、家具や装飾品などもそのまま展示する邸宅が美術館として残っている。

ニース近郊の町

コート・ダジュールはビーチリゾートだけでなく、ニースを起点とする列車で、雄大な山岳風景を楽しむこともできる。ニース~ディーニュ・レ・バノン間を結ぶプロバンス鉄道は、100年以上もの歴史がある鉄道だ。プロバンス鉄道の停車駅で、海外からの観光客だけでなく、地元のフランス人にも人気がある町の一つがアントルヴォー(Entrevaux)である。ヴェール川に架かる橋を渡り、城門をくぐって町に入ればより中世を色濃く残す町並みを満喫することができる。
町中から岩山を急な坂道を登り砦まで登れば、要塞都市であったかつてのアントルヴォーの姿を一望することができる。アントルヴォーから1駅離れたアノー(Annot)も人気都市の1つである。大昔の地震によってできた、砂岩の山に囲まれた景勝地でもあり、昔ながらの可愛らしい家々や、路地が残る町である。

ニース旅行の格安航空券

ニース旅行への航空券はこちらをおすすめ!

ニースへの格安航空券をもっと見る

ニース以外のフランス旅行情報

ニース以外の、他のフランス各地域の旅行情報はこちらから。

※記載している情報は予告なく変更される場合があります。最新情報はご自身でご確認ください。

ニース旅行
格安航空券を検索する
出発地
目的地
ヨーロッパ - フランス - ニース
日本出発日(往路)
現地出発日(復路)
★さらに絞込みができます。
航空会社
座席クラス
人数
大人  人   子供  人

10人以上の方はこちらから

検索する

航空券+ホテル・セット割で検索する


上部へ戻る