ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

24時間パッとカンタン、スグ買える ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

         
       


コタキナバル国際空港


コタキナバル国際空港について

コタキナバル国際空港(Kota Kinabalu International Airport)は、マレーシア サバ州 コタキナバルにある国際空港である。コタキナバル中心部から南へ約7kmに位置する。サバ州やボルネオへの主な玄関口となっている。
この空港は、当初は第二次世界大戦の間に日本人の軍の滑走路として建設された。その後、1957年に独立を宣言し様々な段階で成長を成し遂げてきた。今日では、マレーシア国内でクアラルンプール国際空港に次ぐ2番目に忙しい空港となっている。2006年には、およそ200万人の観光客がこの空港を通り、サバ州地方を訪問した。マレーシアでもっとも速く発達した、地域の国際空港である。
南北に延びる滑走路を挟んで、ターミナル1は滑走路の東側、ターミナル2は滑走路の西側となっていたが、2009年にターミナル1の改修工事が終了し、現在ではすべての航空会社がターミナル1を利用している。羽田国際空港・関西国際空港から直行便が週に数便出ている。

コタキナバル国際空港の基本情報

日本語表記

コタキナバル国際空港

英語表記

Kota Kinabalu International Airport

IATA 3レターコード

BKI

ICAO 4レターコード

WBKK

国・都市

マレーシア・コタキナバル

日本からの所要時間

約5時間30分

日本からの行き方

羽田・関西からマレーシア航空の直行便が就航

年間利用者数

4,689,164人(2008年)

マレーシアの入国

日本国籍で観光・商用目的で90日以内の滞在ならばビザは不要である。ただし、パスポート残存半年以上(入国時)と、帰路(又は次の目的地への)航空券を所持することが条件。ソーシャル・パス、観光パスでの、マレーシアにおける就労、商用や専門的な事業活動は許可されていない。ビジネス・ビジット・パスは、商談や商用の調査のために使用できるが、就労目的や新型機械の設置や建設工事の監督には使用できない。

有効期限3カ月のプロフェッショナル・ビジット・パス収得の費用は、訪問目的や専門職の種類、国によって課せられる費用が決められている。マレーシア入国に際しては、通常の身の回り品以外に、酒類1本(約1リットル程度)、紙巻タバコ200本(又はタバコ225g)まで無税で持ち込むことが可能である。

お金に関しては、10,000USドル(約100万円)相当以上を持ち込む場合には申告が必要である(それ以上持ち込んでも税金はかからない)。なおマレーシアはポルノ雑誌・ビデオの所持・持ち込みは厳禁で旅行者といえども厳罰が適用される。また、マレーシアでの違法な麻薬の所持および取引きには、極刑(死刑)が課せられる。

コタキナバル国際空港の施設

コタキナバル国際空港の出発ロビー階には、お洒落なハンディクラフトショップ、チョコレートや菓子類の店(出国前のため免税店ではない)、冷凍のシーフードや名物であるツバメの巣を売っている店、香水や化粧品店(出国前のため免税店ではない)などの、ショッピングが楽しめ、お土産などを買うにも便利な店がある。
またレストランやマクドナルド、カフェや本屋もあり、小腹が空いた時や搭乗時間に余裕がある時、時間が余った時にも困らない設備がある。ちなみに出発ロビーには両替所(MayBank)もある。しかし、出国審査場を過ぎた後は食事ができる場所がないため飛行機搭乗前に何か食事を済ませておきたい方は出国審査前に済ませておく必要がある。

コタキナバル国際空港のラウンジ

マレーシア空港のビジネス・ファーストクラス空港のラウンジは「ゴールデンラウンジ」と呼ばれている。コタキナバル国際空港にあるゴールデンラウンジは、決して広くはないが窮屈さは感じない快適な空間となっている。位置は、セキュリティを過ぎて右奥にある。フード&ドリンクコーナーには、ホットフードやカレーや春巻き、サンドウィッチやケーキ、トロピカルフルーツなどクアラルンプールのゴールデンラウンジほど豪華ではないが、十分すぎるサービスが整っている。また、コタキナバル国際空港のゴールデンラウンジにはシャワールームも完備されており、洗面所にはドライヤーも用意されている。くつろぐには不自由しない快適な造りとなっている。

コタキナバル国際空港の観光スポット

コタキナバル国際空港が位置するマレーシア サバ州 コタキナバルは、世界中から旅行者が訪れるボルネオ島の玄関口である。豊かな山並みと美しい東シナ海に囲まれ大自然や文化に富んでいる。また、東マレーシアを代表する商業都市でもある。コタキナバル国際空港の近辺に目立った観光地はないが、コタキナバルの中心地であるコタキナバル市内に約7km、車で10分程度と割と近い場所に位置している。

タキナバル市内や近辺には、州立博物館やイスラム文明博物館、州立モスクなど文化的な観光地がある。また、スリ・セドラと呼ばれるシーフード屋台街、ウォーターフロントと呼ばれるダイニングスポットなどのグルメスポットも増えてきている。市内や市内近辺には、ワン・ポルネオ、センターポイント、ワリサン・スクエアなどのショッピングスポットも多くある。

コタキナバル国際空港へのアクセス

コタキナバル市内での移動はバスかタクシーが中心となっている。

リムジンバス

シャトルバスは、5つ星ホテルが各ショッピングセンターや系列間ホテル間を走るために運行している。街を走るローカルバスやミニ・バスは土地勘がある人やマレー語が話せる人でないと利用は難しいためお薦めはしない。

タクシー

着階の税関を出た後、左側へ行くと、タクシー・クーポン売り場がある。そこで行き先を伝え、発行されたクーポンを購入し、それを持って外のタクシー乗り場から乗車する。市内中心部まで約10分である。ちなみに、街で流しタクシーはほとんどない。そのため、市内に着いてからはショッピングセンターやホテル、街の中心地にあるタクシー乗り場から乗る必要がある。値段は交渉制であるが、現在メーター制への移行を進めており、メーターになっている場合もある。レンタカー

到着階の税関を出たところにレンタカーカウンターがある。

通貨と両替

通貨はマレーシア・リンギット。RMと表示されている。紙幣は100、50、10、5、1リンギット。硬貨は50、20、10、5センである。

到着直後のコタキナバル国際空港での両替は空港の窓口で可能である。しかし、夜8-9時には閉まってしまうことがある。CIMB BANK、MAY BANK の両替カウンターがある。ちなみに、外貨は街中の両替屋で両替することができる。また、主なショッピングモールには、必ず両替屋がある。営業時間はそれぞれ違うが、大抵9時~20時ごろである。ホテルでの両替には小額の手数料がかかる。

コタキナバル国際空港のお役立ちリンク集

※記載している情報は予告なく変更される場合があります。最新情報はご自身でご確認ください。

コタキナバル国際空港
格安航空券を検索する
出発地
目的地
アジア - マレーシア - コタキナバル
日本出発日(往路)
現地出発日(復路)
★さらに絞込みができます。
航空会社
座席クラス
人数
大人  人   子供  人

10人以上の方はこちらから

検索する

航空券+ホテル・セット割で検索する

マレーシアの旅行ガイド

マレーシア旅行を楽しむための旅行ガイドはこちら!

マレーシア旅行ガイド

上部へ戻る