ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

24時間パッとカンタン、スグ買える ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

         


カンクン


カンクンについて

カンクンは、メキシコ合衆国の南東部、カリブ海ユカタン半島の北東部に位置する。 ターコイズブルーの海と純白のビーチが輝くカリビアンリゾート。
周辺にはマヤ文明の遺跡が点在し、メキシコの現代と古代の二つの顔が楽しめると 年間300万人の観光客が訪れる世界的に知名度が高いリゾート地だ。
ホテルゾーンは、最大幅400メートル、長さ22キロの細長い砂州島に100軒を超える高級ホテルや豪華な別荘が立ち並ぶ。
日本からカンクンまでの直行便は無いため、アメリカの主要都市やメキシコシティを経由する。

カンクンの基本情報

通貨

メキシコペソ(MXN)

人口

約57万人

言語

スペイン語、カンクンでは英語が通じる。

民族

先住民とスペイン系白人の混血(メスティーソ)、インディヘナ(先住民)、スペイン系白人。

行政区画

キンタナ・ロー州

面積

約90平方キロメートル

位置

北緯21度09分、西経86度50分にあり、ユカタン半島の先端に位置する。

気候

晴天率が年間3分の2と過ごしやすい。夏から秋にかけ、ハリケーンが発生しやすいので海のレジャーは注意が必要。 冬は乾期で、湿度も落ち着きオススメシーズンである。

時差

カンクンはメキシコ中部標準時に属し、日本との時差はマイナス15時間。夏時間採用時はマイナス14時間。

カンクン旅行の格安航空券

カンクン旅行への航空券はこちらをおすすめ!

カンクンの旅行情報

カンクン旅行の見どころや文化など、旅行情報はこちら!

カンクンの空の玄関口

カンクン国際空港は、ダウンタウンの約20km南西に位置し、ホテルゾーン内の一番近いホテルまでは、10Km。
3つのターミナルがあるメキシコ第2の空港で、国際旅客においては、ラテンアメリカ地域で最大の規模を誇る。 空港からホテルゾーンへの交通手段は、空港専用のミニバンタクシー又は一般タクシーかレンタカーの利用となる。 ミニバンタクシーは、空港内の専用カウンターでチケットを買い、乗車時に運転手へ渡す。

カンクンの観光スポット

カンクンは、カリブ海、白砂ビーチ、ジャングルと大自然を楽しむアクティビティが一杯だ。 カンクンから船で20分の場所にあるイスラ・ムヘーレスは、人気ナンバーワンのドルフィン・ディスカバリーがある 小さな島。ここでは、イルカと握手やキス、イルカの胸ビレにつかまって泳げるプログラムがあるので参加してほしい。
またこの辺りは、水底が白砂で海中が明るいので、ダイビングでは日本では見られない南国風の魚たちを楽しめる。 自然とカルチャーがテーマのシカレ海浜公園では、マヤ時代からある約600メートルの地下水路浮輪で泳げたり、 水族館ミニ動物園があり、マヤ時代の村が再現されたり、民族衣装姿のダンサーによるダンスが鑑賞できる。

カンクンの世界遺産

シアン・カーン(Sian Kaan)
熱帯雨林のジャングル、マングローブのラグーンやサンゴ礁からなり、 350種類以上の水鳥や800種類以上の植物をはじめ多くの生物が生息する5280平方キロメートルの自然保護区。

チチェン・イツァ遺跡(Chichen Itza)
マヤ文明最大の都市遺跡。戦闘部族トルテカの影響を受けた建造物は、華やかな装飾に彩られ、ピラミッド型の巨大神殿カスティージョなど保存状態が良く残っている。

ウシュマル遺跡(Uxmal)
「プウク様式」と呼ばれる装飾を完成させたと言われる、マヤの宗教都市。丸みのある形が印象的な魔法使いのピラミッドをはじめ、華麗な装飾で埋め尽くされた芸術性の高い遺構が多く残されている。

カンクンのグルメ

カンクンのレストランは、ホテルゾーンとダウンタウンにあり、メキシコ料理からイタリアン、和食と各国料理が選択できる。
メキシコ料理は、先住民の味とスペインから持ち込まれた味が融合して種類が豊富だ。 ユカタン半島の郷土料理では、豚肉をバナナの皮で蒸したピビル(Pibil)、暑い気候にも よく合うライム風味のチキンスープ、ソパ・デ・リマ(Sopa De Lima)が有名だ。
本場メキシコのテキーラは、種類、飲み方も多彩。よいテキーラは、ストレートで味わいたい。ビールの種類も多く、 軽い飲み口のメキシカンビールは濃厚なメキシコ料理によく合う。 小腹がすいた時に手軽に利用できる屋台は、肉や野菜をたくさんサンドしたタコスやトルタ、 日本でもおなじみのチュロスが人気だ。

カンクンの歴史

カンクンは、1967年にメキシコ中央銀行によって観光地開発地として選定されるまで、 ココナッツ園やコロンビア以前の廃墟が少し残されている程度で、楽園として使われる事は無かった。
1970年、メキシコ銀行は初期のインフラ整備の為に、米州開発銀行より2700万ドルの融資を受け、 国際空港や、メキシコ本土とカンクンをつなぐ舗装道路の建設を実現し、リゾート開発が開始された。
2005年秋には、ハリケーンウィルマが直撃し、空港、道路が水没し、ホテルの窓ガラスが割れ、 ハイシーズンを復旧工事で潰したが、翌年春にはほとんどのホテルビジネスは、復活した。

先住民たちからの文化の引継ぎ

メキシコの文化は先スペイン期のアステカ族やマヤ族の文化に根を持ち、16世紀のスペイン人による征服後はスペイン文化と融合して築き上げられている。独立後暫くはヨーロッパの文化の模倣に終始し始めたが、革命後の1920年代から1930年代にかけてインディヘナに国民文化の根源を求めて先住民文化の再評価が始まり、インディへニモスという一大文化運動を確立した。

インディヘニモスとは、ペルー先住民(「インディオ」あるいは「インディヘナ」)の擁護と文化的、社会的復権を求める社会運動のことである。この一大運動より、古くから音楽や絵画、彫刻、建築など芸術面では一斉風靡し、中でも19世紀後期から20世紀初頭にて活躍した、政治漫画家のホセ・グアダルーペ・ポサダの版画が有名である。また、1960年代以降はアメリカ合衆国に渡ったメキシコ人移民(チカーノ)によってアメリカ合衆国のポピュラー音楽が行われ、ロックはラテンロックになり、ヒップ・ホップはチカーノ・ラップとなって在米メキシコ人市場で消費されたものがメキシコにも逆流入している。

カンクン以外のメキシコ旅行情報

カンクン以外の、他のメキシコ各地域の旅行情報はこちらから。

※記載している情報は予告なく変更される場合があります。最新情報はご自身でご確認ください。

カンクン旅行
格安航空券を検索する
出発地
目的地
カリブ・中南米 - メキシコ - カンクン
日本出発日(往路)
現地出発日(復路)
★さらに絞込みができます。
航空会社
座席クラス
人数
大人  人   子供  人

10人以上の方はこちらから

検索する

航空券+ホテル・セット割で検索する


上部へ戻る