ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

24時間パッとカンタン、スグ買える ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

         


メキシコ


メキシコについて

メキシコの首都メキシコシティへは、日本からアエロメヒコ利用で13時間で到着する。年々、メキシコを旅行する日本人が増え、ますます身近な国になってきたメキシコ。この国の魅力は、歴史、文化、自然が豊かで、バラエティに富んでいることである。それに加えて人々が明るく、陽気で、旅をする旅行者に対し非常に友好的であるのも人気のひとつだ。ラテンアメリカの民族として、メキシコ人は、あまり物事にあくせくせず、おおらかである。
中米の国々は一般に親日的であるが、メキシコはその中でも極めて対日感情が良い。両国間には経済的、領土的侵略という暗い影もなく、長い間続いた歴史的友好関係(日本が最初に平等条約を締結した国でもある。)が背景にあることは事実である。
日本人移民の人々が100年を超える長い年月にわたり、血と汗を流して築き上げた信頼関係と、両国間の橋渡しへの努力があったからこそ、こういった古くからの歴史的つながりが背後にあるのだろう。その形として、アカプルコ市-仙台市、グアダラハラ市-京都市、メキシコシティー-名古屋市、アカプルコ港-御宿港と、各種の姉妹都市関係が成立しているのである。

メキシコ旅行の人気エリア

アカプルコ旅行

太平洋に面するゲレーロ州にあるリゾート都市。世界中から観光客が訪れる人気ビーチリゾートである。

カンクン旅行

マヤ文明の遺跡が点在する世界的な観光地。ビーチリゾートとしても人気。

グアダラハラ旅行

標高1600mの高地にあるメキシコ第2の都市。世界遺産に登録される史跡もある。

ティファナ旅行

アメリカとの国境近くにある都市で、ロサンゼルスからの日帰り観光も可能。

メキシコシティ旅行

中央高原に位置するアメリカ大陸最古の大都市。世界遺産に登録された2つの美観地区が人気。

モンテレイ旅行

東シエラマドレ山脈の麓に位置する大都市。

ロスカボス旅行

バハカリフォルニア半島にあるメキシコが誇る最高級リゾート地。

メキシコの基本情報

正式名称

メキシコ合衆国

首都

メキシコシティ

通貨

ペソPeso。一般にN$と表記される。US$1=約N$13.5、N$1=約7円。

人口

約1億420万人(2006年)

言語

スペイン語

宗教

カトリック(国民の約9割)

民族

ヨーロッパ系と先住民の混血(60%)、先住民(30%)、ヨーロッパ系(スペイン系等)(9%)、その他(1%)

面積

197万平方キロメートル(日本の5.3倍)

位置

北アメリカ南部

気候

メキシコは北半球にあるので、暑い時期、寒い時期とも日本と同じ。6~9月が雨季、10~5月が乾季。高地や、砂漠に囲まれたエリアは、昼と夜の寒暖差が激しい。

時差

日本との時差はメキシコシティがマイナス15時間、チワワがマイナス16時間、ティファナがマイナス17時間。

メキシコ旅行の格安航空券

メキシコ旅行への航空券はこちらをおすすめ!

メキシコの旅行情報

メキシコ旅行の見どころや文化など、旅行情報はこちら!

メキシコの観光スポット

メキシコには余りにも多くの観光地、活動場所があるので、1回の旅行だけですべての場所を訪れることは不可能である。いくつかの荘厳な遺跡を訪れ、利用できる多くの素晴らしいアウトドアを満喫しても、また来たくなるのがメキシコである。
メキシコは世界で最も美しいビーチの拠点とされ、プエトロ・バヤルタのバラルタ湾は日光浴をする観光客に全長48キロメートルの黄金の砂浜を提供している。その一方で、もっと人気の高いムエルトス海岸は健康的なレストラン、ビーチバレー、ウォタースポーツで活気に満ちている。
メキシコシティーのメトロポリターナ大聖や最も美しいとされるモレリアの大聖堂といった教会も見所の一つだ。メキシコは広場で地元の人たちをただただ観察するだけでも楽しめる。大都市にはあらゆる雑踏、喧噪があるので、メキシコの大広場を訪れる時間を設けることもお勧めだ。地元の町広場はただ単に腰を掛け、世の中が過ぎ去るのを眺める最適な場所。
ベラクルス州の主要な広場は常に音楽、踊りで生き生きしているのに対して、オアハカ州の広場は穏やかで、整然としている。他には音楽を聴いたり、伝統舞踊を鑑賞したり、地域見本市を訪れたり、チワワ太平洋鉄道に乗ったりとやることが尽きない。ナイトライフももちろん楽しむことが出来る。

メキシコのグルメ

メキシコ料理は、アステカ族やマヤ族など先住民族の料理を母体としていて、スペイン料理の影響を受けて成立した料理である。土着の作物やトウモロコシ、インゲンマメ、多様なトウガラシを用いた、辛味の効いた料理が特徴だ。
地方では、虫を用いたサルサやタコスといった昆虫食の伝統も根強く残っている。メキシコはもとより、カリフォルニア州・テキサス州などの旧メキシコ領や、メキシコ人コミュニティのあるシカゴなどの大都市を中心に、メキシコに限らずアメリカ合衆国でも食べられているが、米国では移民の多い地域を除いてメキシコ料理は他の料理と融合される傾向にあり、本来の味わいや繊細なニュアンスが失われていることが多い。
基本的に、魚料理、肉料理、野菜料理に豆料理と、どんな食材でも使うため、メキシコ料理は数知れない種類が存在する。日本でもよく耳にするのがタコス。トルティーヤというメキシコ人の主食である、小麦粉やトウモロコシのマサ(生地)で作ったものに、肉や野菜などの様々な具を挟んだものである。日本でも食べれるが、本場のタコスはまた違って観光客にも人気のグルメ品だ。

メキシコの首都メキシコシティ

アステカ王国のかつての首都テノチティトランでもあったメキシコシティは、メキシコのみならずラテンアメリカの経済の中心地の一つである。2010年の国際連合の統計によると、近郊を含む都市圏人口では東京、デリー、サンパウロ、ムンバイに次ぐ世界第5位で、2010年には、アメリカの外交専門誌フォーリンポリシーにより、世界第30位のグローバル都市に選ばれた。中南米では、ブエノスアイレスに次ぐ第2位である。
また、2008年の都市GDPは3900億ドルであり、世界第8位で、約860万と中南米最大の人口を誇り、名実ともに中南米を代表する経済規模を持つ都市となっている。市内中心部にはメキシコの大企業の本社のほか、ヨーロッパやアジア、アメリカの多国籍企業のオフィスが林立している他、大型ショッピングモールやレストラン、スーパーマーケットが多数あり、消費面でもメキシコ経済を牽引する存在だ。市内近郊には新ビジネスエリアが建設され、多くの大企業がオフィスを構えている。
市内はバス、メトロバス、地下鉄の路線網が発達していて、またタクシーが市民の足とされ、地方都市とは長距離バスや鉄道、空路で結ばれている。メキシコシティーの中心街のソカロ周辺は、アステカ王国時代のテノチティトランの都の中心部とほぼ同じ位置にあり、カテドラル(大聖堂)と国立宮殿(大統領官邸)の中間の位置からテノチティトランの中央神殿(テンプロ・マヨール)が発掘され、野外博物館となっている。この一帯は世界遺産にも登録されているため、観光客も多い。

セノーテ

ユカタン半島にマヤ文明の都市や神殿には、たいていセノーテと呼ばれる小さな池があった。最近、セノーテは単純な池ではなく、洞窟の一部だということが分かり、観光客が訪れるようになった。セノーテはユカタン半島のあちこちに数千以上あると言われている。
泉の下層には大規模な鍾乳洞が水没していて、このような洞窟の天井の一部が崩落して陥没ドリーネが生じた結果、セノーテができたのだ。ユカタン半島の北部低地では、川も湖もないため、主要な水源であった。ユカタン半島の多くのセノーテは、第一に、真水の供給源であったが、チチェン・イッツァやバランカンチェー洞窟のセノーテのように巡礼の地、供物を捧げる場として機能したものもあった。
崇拝の対象となった多くのセノーテは、マヤの雨神チャクに捧げられていた。セノーテダイビングなどのツアーを利用して訪れる人が多く、一度訪れた人は、その神秘的なセノーテを忘れられないという。リーピーターとして、訪れる人も少なくない。

メキシコ以外のカリブ・中南米旅行情報

メキシコ以外の、他のカリブ・中南米地域の旅行情報はこちらから。

※記載している情報は予告なく変更される場合があります。最新情報はご自身でご確認ください。

メキシコ旅行
格安航空券を検索する
出発地
目的地
カリブ・中南米 - メキシコ
日本出発日(往路)
現地出発日(復路)
★さらに絞込みができます。
航空会社
座席クラス
人数
大人  人   子供  人

10人以上の方はこちらから

検索する

航空券+ホテル・セット割で検索する


上部へ戻る