ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

24時間パッとカンタン、スグ買える ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

         


グアダラハラ


グアダラハラについて

グアダラハラは、メキシコ・シティの西北西500km、メキシコ中西部の標高1600mの盆地にあるハリスコ州の州都であり、メキシコ第2の都市。
16世紀にスペインが拓いた町で、 1810年の独立戦争中に指導者のミゲル・イダルゴが新政府を設置した歴史的な町で、人口約160万の大都市ながらスペイン植民地時代の面影を残す美しい古都。街には年中花が咲き乱れ、メキシコ人はその美しさを称えてグアダラハラ を「西部の真珠」と呼んでいる。
メキシコの代表的な音楽であるマリアッチは グアダラハラが発祥と言われている。なお都市名は旧宗主国スペインの都市グアダラハラに由来する。日本の京都市と1980年に姉妹都市となった。

グアダラハラの基本情報

通貨

メキシコペソ

人口

約160万人

言語

スペイン語

民族

メスティソ(先住民とスペイン系白人の混血)約60%、先住民約25%、 スペイン系白人約15%

面積

151km2

位置

北緯20度40分 西経103度21分

気候

年間平均気温は24℃。冬になると朝晩は冷えるが昼間は年間を通して日 本の春~夏のような気候。

時差

マイナス15時間(日本よりも15時間遅れている)。サマータイム期間は-14時間(日本よりも14時間遅れている)。

グアダラハラ旅行の格安航空券

グアダラハラ旅行への航空券はこちらをおすすめ!

グアダラハラの旅行情報

グアダラハラ旅行の見どころや文化など、旅行情報はこちら!

グアダラハラの観光スポット

グアダラハラの観光の中心はカテドラルからオスピシオ・カバーニャスへかけてのコロニアル建築群、それにオスピシオ・カバーニャス近くのリベルタ市場の歩いて廻れる範囲にほぼ集中している。

1561年に建てられたグアダラハラの シンボルともいえるカテドラルは、当時の植民地予算の3分の1が費やされ、完成まで60年もの歳月がかかった大聖堂だ。その尖塔は市民の憩いの場リベルタード広場からも望める。

世界遺産のオスピシオ・カバーニャで見られる壁画 の巨匠オロスコの作品は、メキシコ独立の父イダルゴ神父が奴隷解放を宣言した、17世紀に建てられたハリスコ州庁舎でもみることができる。奴隷がつながれていたチェーンを切断する様子が壁画になっている。市民の台所リベルタ市場は活気に溢れ、フロアごとに生鮮食品、民芸品、日用品などが数多く売られている。店の人とのやりとりも楽しい。

グアダラハラの世界遺産

1791年、グアダラハラ司教により、感化院、病院、孤児院、救貧院の機能を統合する複合施設として設立された、スペイン語圏アメリカにおける最も歴史が古く、規模の大きい総合病院であり、1997年、文化遺産として世界遺産に登録された。

新古典主義様式の壮麗な建物で、ドームやチャペルなど一連の建物は、病人、年配の人、子供たちが容易に行き来できるようにすべて単一階に形成されている。19世紀半ばには兵舎として使用されていた時期もあったが、20 世紀に入っても孤児院として機能し、家のない子供たちを多数受け入れた。

1980年、カバーニャス文化協会とその提携する美術、工芸の学校とともに入居 して来たため、その機能を停止した。現在は礼拝堂、画廊、広場、ホールなど を含むカバーニャス文化協会として機能し、美術の展示会や、市民のための講座などが開かれ、グアダラハラの一大文化センターとして市の文化の中心を担っている。

チャペル内にはメキシコ芸術の巨匠で、グアダラハラ出身のホセ・クレメンテ・オロスコが描いた50以上のフレスコ画や天井画がある。中でも天井に描かれた「炎の人」は圧巻だ。

テキーラ

グアダラハラから北西に約50km、世界的に有名な蒸留酒テキーラの産地、その名もテキーラがある。スペインによるメキシコ統治時代、ハリスコ州の西方に位置するシエラマドレ山脈で山火事があり、その焼け跡から良い匂いを発し甘い樹液を出す、焦げた竜舌蘭が発見され、人々がこれを元にテキーラ村の工場 で加工、完成したのがテキーラの原型であった。

2006年、その原料となるアガ ベ畑の景観と伝統的なテキーラ工房が世界遺産に登録された。見渡す限りのア ガベ畑と工場を訪ねてみよう。ほとんどの工場は内部見学が可能だ。グアダラ ハラからの日帰りツアーに参加するのが手っ取り早い。できたてのテキーラの 試飲もできるが、非常にアルコール度数が高いのでご注意あれ。

マリアッチ音楽

グアダラハラが発祥の地とされているマリアッチ (Mariachi)は、メキシコを代表する楽団の様式で、7名ないし12名で編成される。マリアッチとは音楽の種類をさすものではなく楽団の様式をさすもので、マリアッチは様々な種類の音楽を演奏する。

メキシコでは祭り、宴会、記念日、卒業記念などの時に親しまれており、また、母の日(5月10日)や聖グアダルーペの日(12月12日)などに、愛する人へ送るセレナータにも用いられている。

マリアッチという名前の由来は1500年代からインディオの一種族”Coca”族の言葉で「ミュージシャ ン」の意味であったというのが正しいとか。グアダラハラは毎年「国際マリアッチとチャレリア大会」が催されており、マリアッチの演奏発表会には日本からもマリアッチのグループが参加している。

グアダラハラ以外のメキシコ旅行情報

グアダラハラ以外の、他のメキシコ各地域の旅行情報はこちらから。

※記載している情報は予告なく変更される場合があります。最新情報はご自身でご確認ください。

グアダラハラ旅行
格安航空券を検索する
出発地
目的地
カリブ・中南米 - メキシコ - グアダラハラ
日本出発日(往路)
現地出発日(復路)
★さらに絞込みができます。
航空会社
座席クラス
人数
大人  人   子供  人

10人以上の方はこちらから

検索する

航空券+ホテル・セット割で検索する


上部へ戻る