ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

24時間パッとカンタン、スグ買える ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

         
       
キャッシュレス・消費者還元事業制度

金浦国際空港

金浦国際空港について

韓国ソウルにある金浦国際空港(キンポ)は、かつては国際線も多数就航し、韓国を代表する空の玄関口であったが、2001年に仁川国際空港(インチョン)がオープンすると、すべての国際線はこの仁川国際空港へと移転となった。2001年以降は国内線のみの運航となったが、緊急の場合に備えて国際空港としても利用可能となっている。
2003年は日本-韓国間の国際線需要が大幅に増えたため、羽田空港との間に定期チャーター便が運行されるようになり、今では羽田-金浦(キンポ)線でよく知られてる。
いまでは関西国際空港や中国への定期便も就航するようになり、今後も国際線の就航が増える見込みとなっている。羽田-金浦線には日本航空・全日空・大韓航空・アシアナ航空の計4社が就航しており、羽田空港の新国際線ターミナル開業に合わせて定期便に変更された。また関西-金浦線に関しては、大韓航空・アシアナ航空、チェジュ航空の3社が乗り入れている。
空港としての規模は小さいものの、映画館やアウトレットショッピングモール、レストラン大型ディスカウントストアー「Eマート」などの施設も設けられている。

金浦国際空港の基本情報

日本語表記

金浦国際空港

英語表記

Gimpo International Airport

IATA 3レターコード

GMP

ICAO 4レターコード

RKSS

国・都市

韓国・ソウル

日本からの所要時間

約2時間半~3時間

日本からの行き方

羽田、中部、関空から直行便が就航

年間利用者数

約2,160万人(2013年)

金浦国際空港のターミナル情報

金浦空港の国際線ターミナルは地上4階建てとなっている。飛行機を降りて入国手続きを済ませると、最初に出るのが1階の到着フロアである。携帯電話のレンタルカウンターやインフォメーションカウンター、カフェなどが並んでいる。市内、市外へ行くための足となるバスや地下鉄、空港鉄道A’REXなどはこの階からの乗車となる。
2階は出発フロアとなっている。チェックインカウンターはこのフロアにあるので、日本へ出発の際はこの階を利用する。総合インフォメーション、授乳室もこのフロアにある。
3階には出国ゲートがあり、フードコートやコンビニ、ファーストフード店などが並んでいるほか、奥には映画館(CGV)も設けられているので、少し早めに行っても時間をもてあますことなく楽しめそう。
4階は「スカイシティ」という名前がつけられており、レストランやウエディングホールがある。国際線ターミナルから、ソウルと地方都市を結ぶ国内線ターミナルへは無料のシャトルバスが運行している。このバスは、大型アウトレットストアー「Eマート」も通るので、ここで食料品や日用品を購入することも可能である。1階到着フロアの1番GATEを出て、5番の停留所から乗車する。

韓国の入国

機内で配られる「検疫質問書」、「入国申告書」、「旅行者携帯品申告書」の3つの書類を作成しておくと、入国手続きがスムーズに進む。まず入国審査を受ける。その際には、パスポート・入国申告書などを審査官に提出する。その後1階に移動し、手荷物の受取台で手荷物を受け取り、税関検査へと進む。税関申告品がある場合には、税関審査台で旅行者携帯品申告書を提出する。

韓国の出国

2階出発階に到着後、利用する航空会社のチェックイン・カウンターにて搭乗手続きを行い、手荷物を預ける。チェックインカウンターに用意されている出入国申告書を作成しておくと出国審査手続きがスムーズに進む。また、検疫所では旅行者、動物、植物に対する検疫及び証明書を発給している。到着の国によって検疫証明書を確認する場合があるので航空会社に確認しておく。必要があれば税関申告を行い、出国審査に進む。出国審査の入り口にて保安検査を受けたあと、出国審査となる。その際、パスポート、搭乗券、出国申告書を審査官に提出する。出国審査を済ませた後、搭乗券に表示されている搭乗ゲートに移動し、航空機に搭乗する。

金浦国際空港の国内線・国際線の乗り継ぎ方法

国際線から国内線への乗り継ぎには、ターミナルを移動しなければならない。国際線ターミナルから、国内線ターミナルへは無料の循環バスで行くことができる。国内線ターミナルはソウルや地方都市とを結ぶ役割を果たしている。
飛行機が到着した後、まず国際線ターミナルで到着の手続きを済ませる。入国審査を受け、荷物を受け取ったあと、税関へと進む。到着の手続きを全て済ませた後、国際線出口でシャトルバスに乗り、国内線ターミナルへと移動する。シャトルバスは1階到着フロアのGATE1を出て、すぐ右に見える5番の停留所から乗車することができる。国内線ターミナルにて、搭乗する航空会社のチェックインカウンターで出発の手続きをする。その後、手荷物検査を受け、搭乗口へと進む。
国内線から国際線への乗り継ぎの場合には、この逆の順路となり、国内線ターミナルから国際線ターミナルへと移動し、出国手続きを行う。乗り継ぎにはバスでの移動を伴うため、2時間程度の余裕をもつことをおすすめする。

金浦国際空港の最低乗り継ぎ時間(MCT)

・大韓航空(KE)
国内線 » 国際線:1時間10分~1時間20分
国際線 » 国内線:1時間20分
国際線 » 国際線:1時間~1時間20分

2015年12月現在
注意:時間帯・便名により異なりますのであくまでも参考値とお考え下さい。詳しくは、当社コールンセンターもしくは、航空会社にお尋ね下さい。

金浦国際空港のラウンジ

国内線ターミナル、国際線ターミナルともに、プライオリティ・パスで使える大韓航空(KAL)とアシアナ航空(ASIANA)のラウンジがある。国際線のターミナルにあるラウンジは、セキュリティ・チェックや出国審査場の前にあるため、利用の際には注意が必要である。各航空会社のカウンターでチェックインを済ませ、エスカレーターで上の階へと上がると、2つのラウンジが隣り合って並んでいる。出国ゲートの手前に各ラウンジがあるため、搭乗口から離れていることを念頭に置いておくほうがよいが、金浦空港はそれほど規模が大きくないので比較的ゆっくりと過ごすことができる。
大韓航空のラウンジは、2方向がガラス張りになっており,太陽の光が差し込む明るい室内となっている。各種アルコールにサンドイッチ,茶菓子も置いてあり、のんびりとした時間を過ごすことができる。
アシアナ航空のラウンジは、茶色のソファーが並び、全体的に落ち着いた大人の雰囲気のラウンジとなっている。サンドイッチ・カップケーキなどの軽食が並び、アルコールも用意されている。韓国では有名なカップラーメン「辛ラーメン」が置いてあるのも韓国ならではのアイテムで嬉しい。

金浦国際空港へのアクセス

金浦(キンポ)空港とソウル市内間のアクセス手段は、バス(リムジンバス・市内バス)、地下鉄、タクシーの3つに分けられる。

鉄道

韓国の地下鉄は低料金で、なおかつ旅行者でも利用しやすい。金浦空港には5・9号線が連絡しており、ソウル中心部はもちろん市内の至る地域へ向かうことができるのが特徴である。渋滞等の道路状況にも左右されないうえ、料金・経路検索を利用すれば大体の所要時間を前もって知ることも可能。ただし、駅構内と地上出口の間が階段のみで結ばれている駅も少なくないので、大きくて重いスーツケースを持っての移動は大変な場合もある。

バス

ソウル市民の足である市内バス(座席バス)は、格安な運賃が魅力ではあるものの、停留所数が多く荷物置き場がないのが難点である。また、案内放送が韓国語のみの場合もあるので注意が必要。

リムジンバス

バスは道路状況により所要時間が多少不確実な点はあるが、運行路線が多様でバスによっては乗り換えなく目的地にたどり着けるなどのメリットがある。空港と市内を結ぶバスには、高級リムジンバス・一般リムジンバス・市内バス・座席バスがある。リムジンバスは荷物を積み込めるスペースが十分確保されているので、スーツケースなど大きな荷物を持った旅行者には嬉しい。目的地付近までリムジンバスで行き、その後タクシーや地下鉄を利用するという移動方法もある。

タクシー

タクシーはバスや電車に比べると割高であるが、「目的地まで乗り換えなしで直行できる」「発着時間を気にしなくてよい」などのメリットがある。一般タクシーと模範(モボム)タクシー、インターナショナルタクシーの3種類がある。大部分の模範タクシーは日本語が通じ、サービス・安全面でも優れている。インターナショナルタクシーは2009年5月より運行を開始した外国人向けのタクシーで、運転手の選抜、教育等、サービス全般をソウル市が管理し、全員が外国語会話の可。

空港周辺の観光地:景福宮(キョンボックン)

韓国を代表する古宮である景福宮(キョンボックン)は、地下鉄3号線景福宮(キョンボックン)駅の5番出口を出るとある。荘厳な興礼門(フンレムン)と光化門(クァンファムン)の間に大きな広場と壮観な風景が広がっており、古代の韓国を感じることができる。景福宮は朝鮮時代(1392~1910)の正宮で、開国時に建てられ、王が生活をしながら、臣下と政治の議論を交わしていたといわれている。韓国を代表する名園、慶会楼(キョンフェル)と香園池(ヒャンウォンジ)がそのままの姿で残っており、季節に合わせて雰囲気をかえ、とても美しい。宮中にある多くの建物と周りの景色がよく調和し、建物からは韓国の伝統建築を感じることもできる。

空港周辺の観光地:昌徳宮(チャンドックン)

ソウルにある世界遺産といえば、昌徳宮(チャンドックン)である。1405年に、正宮である景福宮(キョンボックン)の離宮として建てられた宮殿で、景福宮の東側に位置することから隣にある昌慶宮(チャンギョングン)とともに東殿と呼ばれた。景福宮の焼失後、再建されるまでの約270年間、正宮としての役目も果たし、朝鮮の宮殿の中で王が最も長く住んだ王宮である。保存状態がよく李氏朝鮮時代の趣や生活様式が色濃く残っているほか、自然との調和のとれた配置が卓越していることから、1997年にユネスコ世界遺産に登録された。

ショッピング

ショッピングスポットは明洞(ミョンドン)や南大門市場などが有名で、とくに明洞は巨大ショッピング都市を連想するほどで、地下鉄4号線明洞駅から乙支路、ロッテ百貨店に続く約1kmほどのエリアに、各種ブランド店、百貨店、服屋などが密集している。流行のメッカとも言われ、このエリアだけでも買い物が存分に楽しめる。

金浦国際空港のお役立ちリンク集

ソウルの格安航空券一覧

ソウルの格安航空券の一覧です。

※記載している情報は予告なく変更される場合があります。最新情報はご自身でご確認ください。
金浦国際空港
格安航空券を検索する
出発地
目的地
アジア - 韓国 - ソウル
日本出発日(往路)
現地出発日(復路)
★さらに絞込みができます。
航空会社
座席クラス
人数
大人  人  子供  人

10人以上の方はこちらから

検索する

航空券+ホテル・セット割で検索する

韓国の旅行ガイド

韓国旅行を楽しむための旅行ガイドはこちら!

韓国旅行ガイド

上部へ戻る