ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

24時間パッとカンタン、スグ買える ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

         
       


仁川国際空港


ソウルの人気オプショナルツアー
ソウルの人気オプショナルツアー

仁川国際空港について

仁川国際空港(インチョンこくさいくうこう)は、大韓民国仁川広域市中区にある国際空港である。永宗島と龍遊島の間にあった干潟を埋め立てて建設され、2001年3月29日に開港して以来、ソウルの空の玄関口となっている。実際にはソウル市外に存在する本空港だが、ソウルへの国際線空港としての役割を果たしていることから、ソウルと案内されることが多いのである。大韓航空とアシアナ航空が本空港をハブ空港として利用している。
イギリスの建築家、テリー・ファレルによって設計されたターミナルは大型船舶の帆をイメージしており、滑らかで美しい曲線が描かれている。世界最先端を誇る充実した機能的な施設をもち、何度も世界のベスト空港に選ばれている。2015年4月には国際空港評議会(ACI)が主催する世界空港サービス評価で、「地域別(アジア太平洋)」と「規模別(年間旅客4,000万人以上の大型空港)」の2部門で10年連続1位を獲得し、名実ともに世界のベスト空港となった。
日本との間には、成田国際空港・関西国際空港・中部国際空港など主要空港はもちろん、日本中の地方空港との間にも国際線が就航している。国内線は釜山・済州・大邱との間に就航しているため乗り継いでいくことが可能である。

仁川国際空港の基本情報

日本語表記

仁川国際空港

英語表記

Incheon International Airport

IATA 3レターコード

ICN

ICAO 4レターコード

RKSI

国・都市

韓国・ソウル

日本からの所要時間

約2時間半~3時間

日本からの行き方

成田国際空港・関西国際空港・中部国際空港からはもちろん、日本中の地方空港からの便も多数就航している。

年間利用者数

約4551万2100人(2014年)

仁川国際空港のターミナル情報

旅客ターミナルは、地上4階・地下2階建てとなっており、出国審査場を境にして、出国・到着フロアと搭乗フロアに分けられる。搭乗フロア側は免税区域となっている。この搭乗フロアには大韓航空、アシアナ航空、済州航空といった韓国国内の航空会社の搭乗口がある。また、それ以外の外国航空会社の搭乗口を設置するため、搭乗棟(コンコースA)が建設され、2008年より利用が開始されている。搭乗フロアに入ってから地下に下り、「スターライン」という無人で運転しているシャトルに乗ると、約2分でこの搭乗棟に到着する。出発・到着フロア、搭乗フロア、コンコースAの全域において、旅行に欠かせないすべての施設が整っているほか、飲食店や免税店なども短時間では回りつくせないほどである。幾度となく世界ベスト空港に選ばれているだけあり、施設内容はかなり充実しているので、時間をかけてゆっくり楽しむことができる。

韓国の入国

入国には「検疫質問書」、「入国申告書」、「旅行者携帯品申告書」の3つの書類が必要になるため、機内で作成しておく。まず入国審査を受ける(その際には、パスポート・入国申告書などが必要)。その後、電光掲示板に示される手荷物受取台番号の確認して1階に移動する。手荷物を受け取り、税関検査へと進む(その際には、旅行者携帯品申告書が必要)。機内に持ち込まれたハンドキャリー品は、全てX線の透視機でチェックを受け、旅行客は門型金属探知機による保安検査を受ける。

韓国の出国

3階出発階の運航情報の電光掲示板で利用する航空会社のチェックイン・カウンターを確認し、利用する航空会社のカウンターにて搭乗手続きを行い、手荷物を預ける。必要があれば税関申告を行い、出国審査に進む。出国審査を済ませた後、搭乗券や運航情報の電光掲示板に表示されている搭乗ゲートに移動し、航空機に搭乗する。
※現在、ソウル駅とカンナム(江南)の三成駅近くのにあるCOEX MALL内の韓国都心空港にて事前搭乗手続きが可能となっている。(大韓航空、アシアナ航空、済州航空のみ、コードシェア便はアシアナ航空の一部の便を除いて利用不可)
ソウル駅では、空港鉄道直通列車のチケットを購入し、地下2階のソウル駅都心空港ターミナルにてチェックイン(搭乗手続きと受託手荷物預け)をし、出国審査を受ける。出国審査完了後に直通列車に乗車し、仁川国際空港到着後に保安検査を済ませ、専用の出国通路にて出国ができるようになっている。

仁川国際空港の国内線・国際線の乗り継ぎ方法

ターミナル到着後、まず近くの乗り換え地点に移動し、保安検査を受ける。その後、3階に進み、乗り換えの航空会社を確認し、各乗り換えカウンターへと進む。大韓航空・アシアナ航空の場合には、ターミナル内で乗り換えることができる。その他の航空会社の場合には、搭乗棟(コンコースA)に移動する必要がある。地下1階に移動し、「スターライン」に乗車し、搭乗棟へと移動する。搭乗棟に到着後、3階にある乗り換えカウンターへと移動する。いずれ航空会社も、乗り換え分の航空チケットの準備ができなかった場合には、乗り換えの際に乗り換えカウンターにて空港チケットの発給をしてもらう。その後、搭乗口を確認し、出発の30分前には搭乗口付近で待つようにする。

仁川国際空港の最低乗り継ぎ時間(MCT)

・大韓航空(KE)
国内線 » 国際線:1時間10分~2時間20分
国際線 » 国内線:1時間10分~2時間20分
国際線 » 国際線:45分~3時間

・アシアナ航空(OZ)
国内線 » 国際線:45分~1時間40分
国際線 » 国内線:45分~3時間
国際線 » 国際線:45分~3時間

2015年12月現在
注意:時間帯・便名により異なりますのであくまでも参考値とお考え下さい。詳しくは、当社コールンセンターもしくは、航空会社にお尋ね下さい。

仁川国際空港の施設

出発・到着フロアは、1階が到着フロアとなっており、韓国に到着して入国手続きを終えたあとに出てくるのがこのフロアである。観光、ホテル、バス、タクシーなどのインフォメーションカウンターが並んでいるほか携帯電話のレンタルカウンターもある。銀行では両替が可能である。
2階には、インターネットラウンジや、郵便局、空港鉄道連絡通路があり、この階から鉄道でソウル市内へとアクセスできる。日本に出発する際には3階の出発フロアに進む。各航空会社のチェックインカウンターがあるほか、土産物や化粧品の売り場もあるので、チェックイン後に出発前最後の買い物を楽しむことができる。宅配や荷物一時預かりなどのカウンターもこの階にある。
4階は、経由便を利用する旅行客用のフロアである。ホテルやカウンターのほか、シャワールームやマッサージを完備している。子どものためのスペースやスナックバーなどもあり、サービス施設は実に充実している。また、展望台やレストラン、フードコート、伝統工芸展示館などもあり、これらは一般の旅行客も利用することができる。
地下1階には、フードコートやレストラン、カフェをはじめ、スパや土産物店、医療センターまで揃っている。 出国審査を終えると搭乗フロアの3階へと出る。このフロアには国内航空会社の各搭乗口があるほか、いくつかの免税店が競い合うようにして並んでいる。また、免税品の受け渡しなど、免税品に関わる手続きはここ済ませることができる。
コンコースAは外国航空会社の専用搭乗棟として機能しており、移動に時間がかかるので、時間に余裕を持って搭乗口に向かう必要がある。ここにも新羅(しんら)免税店がはいっているほか、キッズスペースやリラクゼーション施設などが完備されているのも嬉しい。

仁川国際空港の免税店

仁川国際空港で免税店として最大の規模を誇るのは、新羅(しんら)免税店である。売り場は、韓国国内の航空会社利用の際に使用する搭乗フロアと、外国の航空会社を利用する際に使用する搭乗棟の2ヶ所に分かれてあり、有名ブランドはもちろん、時計、化粧品、土産品、特産品など品揃えは実に充実しているので、買い物好きでなくともついつい商品に目がいってしまうことだろう。
搭乗フロアのターミナル中心部にはファッション関係の商品を中心にそろえているため、服や時計、アクセサリー等を手に入れたい場合にはそこを中心にまわるとよい。一方、搭乗棟の売り場には、化粧品や香水を中心に、ここにしかないブランドもおいてある。もちろん、特産品や工芸品などのお土産を購入することも可能である。新羅免税店のほかにも、AK免税店、ロッテ免税店などが入っており、サービスも充実している。全体としてかなりの広さがあるので、ゆっくりと買い物をしたい場合には時間に余裕を持っていくことをおススメする。

仁川国際空港へのアクセス

仁川国際空港からソウル市内へ出るには、リムジンバス、タクシー、空港鉄道A’REXのいずれかを利用する。 リムジンバスは空港とソウル市内へ直行することができる。旅行の予算に応じて、料金は高いが快適な旅ができる高級リムジンバスか少し狭いが料金が安い一般リムジンバスのどちらかを選ぼう。所要時間が多少不確実な点はあるものの、運行路線が多い、割安な運賃で乗り換えなく目的地にたどり着けるなどメリットが多く、最もよく利用されるアクセス手段である。

鉄道

鉄道は、A'REXという空港鉄道が2007年に開通し、仁川国際空港駅から金浦空港駅までを結んでおり、約30分で移動できる。また、2010年にソウル駅までの区間が開通し、現在は、ソウル駅まで直通列車43分、一般列車56分で、このA'REXによる高速移動が可能になった。

タクシー

タクシーはバスや電車に比べると割高となってしまうものの、空港から目的地まで直行できるため、子どもを連れての移動や大きな荷物を持って移動する場合にはとても便利である。また、待ち時間等がなく時間を有効に使うことができるので、旅行期間が短いので効率よく観光したいという場合にはおススメである。タクシーには、一般タクシーと模範(モボム)タクシー、インターナショナルタクシーの3種類があり、大部分の模範タクシーは日本語が通じ、サービス・安全面を考えても安心して利用できる。車体のオレンジが特徴のインターナショナルタクシーは2009年5月より運行を開始した外国人向けのタクシーで、サービス全般をソウル市が管理し、全員が外国語会話ができる運転手となっている。

無料トランジットツアー

仁川国際空港では、お乗り継ぎのお客様を対象に、空港内の無料イベントや韓国の文化をご紹介する「トランジットツアー」が催行されている。韓国の伝統文化と歴史を観覧できるソウル市内の王宮・博物館ツアー、弘大入口周辺のカルチャーストリート観覧、東大門市場とファッションマーケット、仁川港一帯の文化ツアーがある。参加すると、韓国の穴場観光スポットに行った気分になれる。待ち時間を有効に使え、旅をよりいっそう楽しることができる。
なお、トランジットツアーは、あくまで乗り換え時の無料サービスで、それを証明する航空券(搭乗券)も必要になるので、 パスポート、出入国カード、ソウルに到着した便の搭乗券半券、ソウルから出発する便の搭乗券を事前にご用意を!
無料トランジットツアーを利用する場合は、空港の外に出るため、出発便の飛行機に乗り遅れないよう、また出入国の手続きの時間を含め余裕をもって参加が必要だ。

ご参加されたい方はこちらをご覧ください>>>仁川空港トランジットツアー

※記載している情報は予告なく変更される場合があります。最新情報はご自身でご確認ください。

仁川国際空港
格安航空券を検索する
出発地
目的地
アジア - 韓国 - ソウル
日本出発日(往路)
現地出発日(復路)
★さらに絞込みができます。
航空会社
座席クラス
人数
大人  人   子供  人

10人以上の方はこちらから

検索する

航空券+ホテル・セット割で検索する

韓国の旅行ガイド

韓国旅行を楽しむための旅行ガイドはこちら!

韓国旅行ガイド

上部へ戻る