ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

24時間パッとカンタン、スグ買える ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

         
       


イスラマバード国際空港


イスラマバード国際空港について

ベナジル・ブット国際空港(Benazir Bhutto International Airport)は、パキスタンの首都であるイスラマバードにある国際空港である。市内から約8kmの距離に位置している。
旧名称は、イスラマバード国際空港。2008年6月20、暗殺されたベナジル・ブット元大統領にちなみ改名されている。この空港はパキスタン空軍と共有されている。ちなみに、2010年開港予定の新空港が南西30kmの位置に建設されている。
パキスタン国際航空のハブ空港で一つであり、日本でも成田国際空港からパキスタン航空からの直行便が週2便運航されている。また、タイ国際空港が成田国際空港、関西国際空港、中部国際空港、福岡空港からバンコク乗り換えでベナジル・ブット国際空港まで運行している。この他にパキスタンへは、ドバイ、カタールを経由する行き方もある。

イスラマバード国際空港の基本情報

日本語表記

イスラマバード国際空港

英語表記

Benazir Bhutto International Airport

IATA 3レターコード

ISB

ICAO 4レターコード

OPRN

国・都市

パキスタン・イスラマバード

日本からの所要時間

日本からの所要時間 約8時間

日本からの行き方

成田から直行便

年間利用者数

パキスタンの入国

キスタンへ入国には出発前に査証(ビザ)を取得する必要がある。 東京のパキスタン大使館にて取得ができる。

観光ビザでパキスタンだけに滞在の場合、有効期間は3か月。入国後他国に行き、再びパキスタンに戻って帰国する場合、ダブル・エントリー・ビザの申請が必要である。この場合、各回それぞれ45日まで滞在できる。

申請に必要な書類等は、パスポート(有効期間6か月以上、見開き1ページ以上の空白が必要)・写真1枚(約3.5×4.5cm・申請書の左上にホッチキスで止める)・ ビザ申請書 (用紙は大使館にある。また、大使館ホームページからダウンロード可能)・飛行機の予約が確認できる書類、宿泊先についての書類(友人の家に泊まる場合は、友人からのギャランティ・レターとその友人のパスポートのコピー、 ホテルに泊まる場合は、ホテルの予約確認書コピーなど)・費用100円が必要である。

申請できる日は、月~金の午前10時から12時(パキスタンの祝日等で休みの場合もあり)。受取日は、同日午後4時から4時50分。受取時間がかなり短いので注意を。

イスラマバード国際空港のラウンジ

ベナジル・ブット国際空港にはいくつかのラウンジがある。座席が設置されており、利用客の待ち時間の際やトランジットパッセンジャーに便利である。軽食バーや国際電話、インターネットなどが利用できるようになっている。なお、パキスタンは禁酒国家のため、どのラウンジもアルコール類は置かれていない。

【International】
国際線の利用者のためのラウンジである。

【Domestic】
国内線利用者のためのラウンジ

【Rawal】
お金を払うことで利用できる。重役者やVIP客にふさわしい環境をコンセプトに、軽い飲食物やインターネット施設が利用でき、到着/出発手続きを行うことができる。

【CIP】
ファーストクラスやビジネスクラスを利用した方が利用できるラウンジである。こちらもVIP客を対象としている。

危険情報

パキスタンではここ数年の治安は残念ながら北方地域を除く全土で大変不安定となっている。テロや誘拐なども起こっており、退避勧告の出ている地域や渡航延期を勧める地域もある。ベナジル・ブット国際空港のあるイスラマバードも、渡航の是非を検討するようにと呼びかけられている。

そこで注意すべき点は、在外公館、国連関連施設、軍事施設、政府関連施設、警察等治安当局施設、宗教関連施設、米国系ホテルやファーストフード店などは用事がない限りは近づかないようにする。もちろん治安部隊と戦闘員との戦闘が行われている地域には絶対に近づかないこと。また、単独行動は避け、地元の状況に詳しい現地の人と一緒に行動する方が安全。チャーターした車両で移動するなど警戒が必要。

通貨&両替

パキスタンの通貨はパキスタン・ルピー(PKR)である。1,5,10ルピーがコイン、10,20,50,100,500,1000ルピーはお札がある。空港の銀行やホテルでも両替は可能だ。しかし、市中の公認両替所での両替が最も良いレートとなっている。一般には、公認両替所、銀行、空港、ホテルの順でレートが悪いようである。

両替する通貨は米ドル、ユーロ、日本円現金で便利である。USドルの小額紙幣(20ドル、10ドル、5ドル、1ドル)は高額紙幣(100ドル、50ドル)と比較してレートが悪くなる場合が多いため、両替の際は高額紙幣を準備することをお薦めする。2010年1月時点では、1ドル約58~60ルピー、1ルピー約1.3円となっていたが、両替のレート事情は変化しやすいため、ベナジル・ブット国際空港到着後、現地係員に確認するとよい。

持ち込み・持ち出し

イスラマバードへの持ち込みは、外貨は無制限に認められている。 現地通貨は、PKR100(PKR50、PKR100以上の紙幣禁止)まで。 タバコ関連は紙巻きタバコ200本、葉巻50本、刻みタバコ0.5ポンド(約225G)となっている。 香水は1/8L。オードトワレは0.25L。 土産品は約2,000PKR程度。 禁止品されているのは、酒(国籍を問わず厳禁)、麻薬、マッチ、果物、植物。武器、弾薬は許可が必要。

イスラマバードからの持ち出しについては、外貨は持ち込み同様、無制限。 現地通貨は100PKRまで。 タバコ関連は紙巻きタバコ200本、葉巻50本、刻みタバコ0.5ポンド(約225G)となっている。 文化財保護のためガンダーラ仏像の国外持ち出しは禁止である。レプリカであっても空港で見つかると没収される。(レプリカであると証明できないため。)またショッピングアーケード等で古美術商が仏像を高額な値段で売っているが、これらも出国の際に没収される。その他、骨董品、麻薬、武器、酒類の持ち出しも禁止。

パキスタンへの旅の知識

女性の方へ

パキスタンでは男女交際があまり自由にできないため外国の女性に敏感である。また厳しく断ることのできない日本人女性に対し、部屋まで押し掛けてくる男性や電話をかけてくるホテル従業員居るようである。困った時にはハッキリと苦情を訴えるようにすると良い。また、未婚の男女が同じ部屋で泊ることは禁じられている。外国人であっても一方がパキスタン人であった場合には処罰の対象となる。

写真撮影

パキスタンでは女性の尊厳を重要視しているため女性にカメラを向けることはあまり好まれず、トラブルになる可能性もある。写真を撮る際には、必ず許可を取ること。また、ベナジル・ブット国際空港は写真撮影禁止である。その他にも橋や軍事施設の撮影は厳しく禁止されいる。

禁酒

パキスタンは禁酒国であるため、一部例外を除きアルコール類は販売されていない。また国外からの持ち込みも違反となる。入国時、空港でアルコールが見つかった場合没収となる。

停電

パキスタンでは深刻な電力不足に直面している。そのため毎日のように計画停電が行われている。また突発的な停電も多い。そのため、懐中電灯や夏季は扇子などの携行をお薦めする。

服装

厳密な服装制限などはないが、女性は夏季でも肌を露出した服装は控える。体の線があまり出ないず、あまり派手なものは避ける。半そでは大丈夫であるが、男性でもタンクトップや短パンは禁止されている。女性はスカーフを一枚持っていく良い。

トイレ

トイレは紙を使わず水を使う。ホテルは例外だが、大抵の場合トイレット・ペーパーは備え付けられていない。ポケット・ティッシュの持参を勧める。

イスラマバード国際空港のお役立ちリンク集

イスラマバード国際空港の格安航空券一覧

イスラマバード国際空港の格安航空券の一覧です。

※記載している情報は予告なく変更される場合があります。最新情報はご自身でご確認ください。

イスラマバード国際空港
格安航空券を検索する
出発地
目的地
アジア - パキスタン - イスラマバード
日本出発日(往路)
現地出発日(復路)
★さらに絞込みができます。
航空会社
座席クラス
人数
大人  人   子供  人

10人以上の方はこちらから

検索する

航空券+ホテル・セット割で検索する

パキスタンの旅行ガイド

パキスタン旅行を楽しむための旅行ガイドはこちら!

パキスタン旅行ガイド

上部へ戻る