ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

24時間パッとカンタン、スグ買える ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

         


パキスタン


パキスタンについて

正称、パキスタン・イスラム共和国は南アジアの北西部に位置している。 この国の東部と南部にインダス川とその支流が流れていおり、人口の大半はインダス川流域に居住し ている。北に行くほど高度が上がり、ヒンドゥークシュ山脈、カラコルム山脈に至る。 カラコルム山脈には、世界第2位の標高を誇る、8611メートルのK2が聳えている。 大部分は乾燥気候地域で、小麦・綿花・米を多く産出している国である。

パキスタン旅行の人気エリア

イスラマバード旅行

パキスタンの北東部に位置する首都。新たに建設された人工都市。

カラチ旅行

アラビア海に面するパキスタン最大の都市。

ペシャワール旅行

中央アジアを結ぶ東西交易の要衝として発達した、シルクロードの重要な中継地。

ラホール旅行

パンジャーブ地方、ラーヴィー川の岸辺に位置する都市。インドとの国境にも近い。

パキスタンの基本情報

正式名称

パキスタン・イスラム共和国(Islamic Republic of Pakistan)

首都

イスラマバード(Islamabad)(人口81万人)

通貨

パキスタンルピー(PK RUPEE/S)

人口

1億6166万人(2008/07/01現在)

言語

ウルドゥー語・英語

宗教

主に国教であるイスラム教。他にヒンドゥー教・キリスト教・ソロスター教。

民族

パンジャーブ人・パシュトゥーン人・シンド人・バローチー人等

面積

76.6平方キロメートル(日本の約2倍)

位置

南西はイラン、西と北はアフガニスタン、北東は中国、東側は長い国境でインドと接して いる。 南側はアラビア海に面している。 最大都市のカラチは北緯24度54分東経67度08分に位置している。

気候

パキスタンは南北に1500kmもの長さがあり、場所によって気候がさまざまである。 季節は秋冬、春夏、雨期の三つに分ける事ができる。 秋冬では、南地方は穏やかな気候で、北の 山岳地方は雪や霧雨が激しく、厳しい寒さになる。 春夏では、南地方は蒸し暑く、北地方は快適な気温である。 雨季では、ラホールからイスラマバードにかけての地方で絶え間なく雨が降り、北地方は高い山が雲の動きの妨げとなり、雨はほとんど降らない。

時差

日本との時差はマイナス4時間

パキスタンの旅行情報

パキスタン旅行の見どころや文化など、旅行情報はこちら!

パキスタンの空の玄関口

パキスタンの国際空港は、バローチスターン州の州都クエッタにあるクエッタ国際空港や、第6の都市にあたるインダス川支流のチャナーブ川の東のムルターンにあるムルターン国際空港や、カイバル・パクトゥンクワ州の州都であるペシャーワルの北西部にあるペシャーワル国際空港。 そして北部のパンジャーブ地方、ラーヴィー川の岸辺のラホールにあるラホール国際空港や、パキスタンの首都であるイスラマバードにあるベナジ ル・ブット国際空港や、パキスタンのカラチにあるジンナー国際空港がある。 日本からパキスタンへ北京経由で、ラホール国際空港、ベナジル・ブット国際空港、ジンナー国際空港へ直行便を使っていく事が出来る。

パキスタンの世界遺産

・モヘンジョダロの遺跡群Archaeological Ruins at Moenjodaro
ユネスコ世界遺産に1980年、文化遺産として登録されたインダス文明最大級の都市遺 跡。遺跡は、東西南北にレンガで敷き詰められた直線道路が伸びてる。沐浴場や下水道、 二階建ての住宅や井戸などレンガ作りの大規模な構造物が並んでおり、緻密に計画され て配置されている。

・ロータス・フォートRohtas Fort
1997年ユネスコ世界遺産に登録された、スール朝のシェール・シャー・スゥリーが、 自国の西の防御のために1540年に造った巨大な城砦である。現在、フォートの中は 遊牧民が住み着いてロータス村というひとつの村を形成している。イスラマバードから ラホールへ向かうGTロード途中に位置する。

パキスタンのグルメ

パキスタンの料理は、新鮮な食材と豊富なスパイスで彩られている。 そして、日本人の口に合うと言われている。 現地人の主食は小麦粉に水を加えて練って薄く焼き上げたチャパティやナンやチャーワルというお米である。 チャパティに油を練り込んで焼いたものがプラターと呼ばれ、朝食の定番メニューとなっている。 パキスタンはイスラム教の国なので、豚肉は不浄の肉として食卓に上ることはない。 鶏肉やマトン、牛肉や山羊の肉をスパイスと一緒に長時間煮込んだり、バーベキューにしたりする。 魚は主にフライにして食べることが多く、野菜は有機栽培なので甘くて美味しい。 そして、パキスタンは果物の宝庫と呼ばれ、年間を通じて豊富な果物に恵まれている。

パキスタンの歴史

紀元前2600年から1800年にかけて、インドやパキスタン南部のインダス川領域に、モヘンジョダロを中心としたインダス文明が栄えた紀元前3~4世紀から6~7世紀には、ガンダーラ文明が栄えた。 1526年にイスラム王朝が進攻し、ムガール帝国が成立したが、イギリスが入ってきた事により1858年に滅亡し、イギリスの植民地となった。 1947年インドと共にイギリスから独立した。 そして、パキスタンはイスラム教、インドはヒンドゥー教の国へと分離した。 その為、イスラム教徒はパキスタンへヒンドゥー教徒はインドへと大移動が起こった。 その後は目まぐるしく政権交代を行った。現在のムシャラフ大統領も、陸軍参政権としてクーデターを起こし、政権の座についた。 1971年に東パキスタンがバングラデシュとして独立し、インドとはカシミール地方の領有権をめぐって、3回戦争になっている。 そこから毎日のように小競り合いが続き、1999年には核戦争に発展するのではないかと緊張が高まった。

イスラム教

イスラム教は、パキスタンの国教であり、唯一絶対の神(アラビア語でアッラーフ)を信仰し、神が最後の預言者たるムハンマドを通じて人々に下したとされるクルアーン(コーラン)の教えを信じ、従う一神教。
イスラム教に帰依する者(イスラム教徒)は、アラビア語起源の言葉でムスリムといい、自らの教えの名を、アラビア語で「身を委ねること」「神に帰依すること」を意味するイスラーム の名で呼ぶ。「イスラーム」は「神への帰依」を意味すると解されており、「ムスリム」(イスラム教徒)は「神に帰依する者」を意味する。

※記載している情報は予告なく変更される場合があります。最新情報はご自身でご確認ください。

パキスタン旅行
格安航空券を検索する
出発地
目的地
アジア - パキスタン
日本出発日(往路)
現地出発日(復路)
★さらに絞込みができます。
航空会社
座席クラス
人数
大人  人   子供  人

10人以上の方はこちらから

検索する

航空券+ホテル・セット割で検索する


上部へ戻る