ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

24時間パッとカンタン、スグ買える ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

         
       


メキシコシティ国際空港


メキシコシティ国際空港について

メキシコシティ国際空港は、メキシコシティ唯一の国際空港で、中南米でも最大の国際空港である。ベニート・フアレス国際空港とも呼ばれ、メキシコシティの中心から約8キロの距離に位置する。24時間体制で運営しているため、非常に便利であり、ターミナルは第一ターミナルと第二ターミナルの2つに分かれる。
また、中南米におけるハブ空港的存在である。世界各国から多数の航空会社が乗り入れており、メキシコ国内、カリブ海沿岸諸国、ヨーロッパ諸国、南北アメリカ、アジア諸国等への便がある。世界各国の主要国際空港の中でも高い大気中に位置しており、標高がおよそ2,200メートルほどである。このように酸素の濃度が薄いため、空港内に酸素ボンベの常備がある。

メキシコシティ国際空港の基本情報

日本語表記

メキシコシティ国際空港

英語表記

Mexico City International Airport

IATA 3レターコード

MEX

ICAO 4レターコード

MMMX

国・都市

メキシコ・メキシコシティ

日本からの所要時間

約13~15時間

日本からの行き方

成田から直行便またはロサンゼルス・サンフランシスコにて乗り換え

年間利用者数

29,239,000人(2012年)

メキシコシティ国際空港のターミナル情報

メキシコシティ国際空港は2つのターミナルがあり、第1,第2ターミナルと分かれている。第2ターミナルは2007年に開港された。第1ターミナル発着となる空港会社はJALやMEXICANA DE AVIACION等であり、一方でデルタ航空、アエロメヒコ航空等のスカイチーム(Skyteam) グループの航空会社は第2ターミナル発着となっている。

ターミナル間の移動はバスかモノレールを利用する。所要時間は両者とも約4分である。モノレールの利用は乗継の乗客者専用であり、乗車の際にチケットが必要である。また、ターミナル間バスは乗車客の制限なく誰でも利用できる。料金は1人約1ドルでそれぞれのターミナルから約7分おきに発着している。メキシコシティ空港では移動時間を含み、乗り換え時間が国内線の場合、最低2時間45分、国際線の場合、最低2時間45分必要となる。

メキシコの入国

メキシコシティ空港において入国、出国の手続きの際には、スペイン語または英語で質問に答える。ターミナル1階にて、入国審査を受け、預けた荷物を受け取る。この際にパスポートと機内で配布される入国カードの提示が必要になる。荷物検査の手前にボタンが設置されているので押すと、荷物検査がない場合は青、荷物検査が必要な場合は赤に光り、荷物検査が必要かどうか判断される。その後税関を通る。この際に必要であれば1ドルで荷物を乗せるカートを借りることができる。

メキシコの出国

航空会社にチェックインした後に、出国手続きを行う。この際にツーリズムカードの提示が必要となる。荷物を預け、検査を受けた後、搭乗するゲートに向かう。

メキシコシティ国際空港の国内線・国際線の乗り継ぎ方法

国内線、国際線に関わらず、乗継の場合でも、入国審査が必要になるので、注意したい。到機し、入国審査を経て、荷物を受け取り、ゲートを抜ける。乗継をする場合、再び荷物を預ける。この際、その先にチェックインバゲッジを預ける場所に向かい、ベルトコンベアーに乗せればよい。その後、出口(Salidaと表記)から到着ロビーへ出る。このようにメキシコへ入国した後に、2階の出国ゲートへ向かう。手荷物を再びX線に通して検査を受け、搭乗ゲートに向かう。

また、乗継をするターミナルが異なる場合は、バスまたはモノレール(トレイン)にて搭乗するターミナルへ移動する。乗継の際に時間がかかる場合は、ターミナル内にある飲食店や免税店等でショッピングを楽しめる。

メキシコシティ国際空港の最低乗り継ぎ時間(MCT)

・アエロメヒコ航空(AM)
国内線 » 国際線:45分~2時間45分
国際線 » 国内線:1時間~2時間15分
国際線 » 国際線:1時間15分~2時間45分

2013年10月現在
注意:時間帯・便名により異なりますのであくまでも参考値とお考え下さい。詳しくは、当社コールンセンターもしくは、航空会社にお尋ね下さい。

メキシコシティ国際空港の免税店

メキシコシティ空港には数多くの免税店が並ぶ。ターミナル1内のみでもDUFRY MEXICOという免税店の店舗が数多く並んでいる。営業時間は月曜日から土曜日までの6:00~22:00となっている。その他にも、LATINOAMERICANA DUTY FREEという名の免税店も並ぶ。24時間営業なので、いつでも買い物が気軽に楽しめる。

ターミナル2に関してはLA RIVIERAという免税店がある。営業時間は月曜日から土曜日までの5:00 から22:00となっている。品物によっては最大22%割引で購入することができる。取り扱っている商品は、香水、コスメティック用品(化粧品)、食品、ワインをはじめとするアルコール、腕時計、アクセサリー、ジュエリー、タバコ、電化製品等多岐に及ぶ。ブルガリやシャネル等の有名ブランドの品々も陳列されているので見逃せない。

メキシコシティ国際空港の観光スポット

メキシコ最大守護聖人ともいえる新大陸最大の巡礼地でありグアダルーペ寺院と、メキシコ最大級の古代遺跡であるティオティワカン遺跡が見どころである。文化施設に関して、人類学博物館がチャプルテペック公園内にある。先史時代から今日までのメキシコ民族文化史を遺跡や発掘された品の展示が並ぶ。

また、中欧・憲法広場と呼ばれるソカロは、メキシコ市の中心広場となっている。広場には国立宮殿、官庁等の建物が並ぶ。また、マリアッチ広場(ガリバルディ広場)には日により、マリアッチ楽団が広場に集まっている。是非このようなスペイン独特の雰囲気を味わいたいところである。市内を全日・半日でめぐるツアーバス観光もあるので、利用する価値があるといえる。

メキシコシティ国際空港へのアクセス

鉄道

地下鉄の駅は、国際線の税関出口を出た後に左に進んだAエリアの奥にある。乗り換えが必要になるが、運賃が安く、1.5ペソ(約18円)ほどである。

タクシー

税関出口を出て、左に進み、再び左に進んだ奥にブースがあり、タクシーのチケットを購入することができる。行き先の地域ごとに料金が変わる。メキシコシティ旧市街まで73ペソ(約840円)、新市街までは110ペソ(約1270円)である。タクシー乗り場は、国際線の税関出口(Eエリア)を出た後に左にあるDエリア付近にある。

長距離バス

Cエリア付近から、トルーカ・クエルナバカ・ケレタロ・プエブラ・パチューカなどへ、それぞれ1時間に1本ほど長距離バスが利用できる。クエルナバカへは70ペソ(約810円)で所要時間は90分ほどである。また、トルーカへは53ペソ(約610円)で所要時間90分ほどである。

メキシコシティ国際空港のお役立ちリンク集

※記載している情報は予告なく変更される場合があります。最新情報はご自身でご確認ください。

メキシコシティ国際空港
格安航空券を検索する
出発地
目的地
カリブ・中南米 - メキシコ - メキシコシティ
日本出発日(往路)
現地出発日(復路)
★さらに絞込みができます。
航空会社
座席クラス
人数
大人  人   子供  人

10人以上の方はこちらから

検索する

航空券+ホテル・セット割で検索する

メキシコの旅行ガイド

メキシコ旅行を楽しむための旅行ガイドはこちら!

メキシコ旅行ガイド

上部へ戻る