ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

24時間パッとカンタン、スグ買える ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

         
       
ena(イーナ)なら安心予約

ハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港

ハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港について

アトランタ国際空港(ATL)は、アメリカ合衆国のジョージア州アトランタ市にあり、アトランタ市のビジネス中心部から11キロ南に位置する。「アトランタ(国際)空港」「ハーツフィールド(国際)空港」とも呼ばれている。
1925年に前身のキャンドラーフィールド空港として開港し、1929年にアトランタ市営空港と改名。1957年にはアメリカにおいて最も忙しい空港の一つとして発展していった。
1999年以来、利用客数、航空機発着数において世界最大の空港であり、年間約8千8百万人の利用者がいるといわれている。2009年には世界で最も忙しい空港とランキングされた。主に、全米第3位のデルタ航空、エアトラン航空のハブ空港として機能している。
南北アメリカ、ヨーロッパ、アジア、アフリカへの就航便を有し、アメリカ国内の国際空港としては、7位である。
国際線の利用客数増加に伴い、コンコースEの東側にジャクソン国際線ターミナルおよびコンコースFを建設、2012年5月16日に供用開始された。南側には70のゲートを有する新ターミナルを建設予定である。

ハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港の基本情報

日本語表記

ハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港

英語表記

The Hartsfield-Jackson Atlanta International Airport

IATA 3レターコード

ATL

ICAO 4レターコード

KATL

国・都市

アメリカ・アトランタ

日本からの所要時間

約12時間半

日本からの行き方

デルタ航空が成田から直行便を運航

年間利用者数

約8千8百万人

ハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港のターミナル情報

アトランタ国際空港には、3つのターミナルと6つのコンコースがある。搭乗の手続きや荷物の受け取りなどを行うのは、2つの北ターミナル・南ターミナル・ジャクソン国際線ターミナルである。搭乗ゲート等は6つのコンコースから構成されており、それぞれT、A、B、C、D、Eである。ターミナルとコンコースの間は動く歩道に加えて、ピープル・ムーバー(Plane Trainと名付けられた電動モノレール)によって移動ができる。

コンコース A 及び B は主にデルタ航空専用であり、コンコース T、C、D は他の航空会社が使用している。コンコース E は国際線専用であるが、一部、国内線にも使用されている。日本から到着の場合は、多くはコンコースEに到着することとなる。

アメリカの入国

多くの場合、国際線はコンコースEに到着する。到着ゲート内にあるエスカレーターを上り入国審査へ進む。事前に、必要書類である緑色のI-94と税関申告書を記入しておき、入国審査を受ける。

その後、チェックインした荷物を受け取り、税関を通り、税関申告書を提出する。ここで留意が必要なのは、税関を通った後、乗り継ぎの場合もアトランタが目的地の場合も再度荷物を預ける点である。須らく、セキュリティー(金属探知機)を通過する必要があるが、厳重なため時間を要する。そして、アトランタが最終目的地の場合は、ピープルムーバーを利用して、再度荷物受け取りのため、Baggage Claim(コンコースTの次)へ移動する。

アメリカの出国

ターミナルにある、各航空会社のカウンターにてチェックインし、荷物を預ける。チェックイン後は、セキュリティーチェックを通過し、コンコースに移動する。Tコンコースにゲートがある場合は直接徒歩での移動が可能であるが、他のコンコースの場合は地下鉄を利用して移動する。稀にゲートが変更される場合があるため、電光掲示板にて確認するのがよい。

ハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港の国内線・国際線の乗り継ぎ方法

国際線での到着は、多くの場合コンコースEとなる。乗り継ぎであっても、入国時と同様にいったん入国審査を経て荷物を受け取り、セキュリティを通過する必要があることに留意が必要である。セキュリティー通過ののち、突き当たりの左側にあるエスカレーターを下り、ピープルムーバー乗り場に移動をする。そこで、乗り継ぎスケジュールモニターでの確認を行う。乗り継ぎがEコンコース内のゲートの場合はセキュリティーを通過して出発ゲートに進む。別のコンコースに移動する場合はピープルムーバーにて移動をする。乗り継ぎとはいっても、通過する審査が多く時間がかかるうえに、空港は非常に広いため、乗り継ぎには十分な時間的余裕を持っておくことが必要である。

ハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港の最低乗り継ぎ時間(MCT)

・デルタ航空(DL)
国内線 » 国際線:40分~3時間30分
国際線 » 国内線:50分~1時間25分
国際線 » 国際線:1時間25分~3時間30分

2013年10月現在
注意:時間帯・便名により異なりますのであくまでも参考値とお考え下さい。詳しくは、当社コールンセンターもしくは、航空会社にお尋ね下さい。

ハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港の免税店

空港は非常に広く、利用客数も多いわりには、免税店は残念ながらあまり充実していない。国際線専用のコンコースEであっても、免税店・売店の数は少なく、乗り継ぎの時間を十分にあまり有意義には過ごすことができない。コカコーラの本拠地であるため、関連の商品は多く陳列されている。国際線の場合は、免税店での商品の受け取りが搭乗後に制限をされている。買った商品を搭乗後に受け取るため、免税品の購入を搭乗のある程度前もって済ませておくことが必要である。

ハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港の観光スポット

アトランタはいくつかの世界最大規模のアトラクションで有名である。

・ストーンマウンテンの彫刻
ジョージア州で最も有名な観光名所。世界最大の花崗岩の山と彫刻が美しい。山の北側には、世界最大の南北戦争南軍の三大将軍レリーフが名物。山頂へはロープウェーがあり、360°の大パノラマが広がる。アトランタから車で30分程度。

・ワールドオブコカコーラ博物館
ダウンタウンに、アトランタ発の世界企業コカコーラの博物館がある。製造過程が学べ、歴史を感じさせる様々な展示物もある。世界中の製品の試飲も可能。

・ジョージア水族館
アトランタには海がないが、世界でも最大規模の水族館がある。地元の事業家マーカス氏が寄贈したもの。500種以上、12万匹以上の魚が飼育されている。

・サイクロラマ
南北戦争のハイライトであるアトランタ陥落を中心に、ジオラマや映画、展示物を鑑賞できる。

・オリンピック記念公園
1996年のオリンピック大会の跡地が公園になっている。

ハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港へのアクセス

空港とアトランタ市内間のアクセスは主に「列車(MARTA)」「シャトルバス」「タクシー」の3つの手段がある。

鉄道

MARTAと呼ばれる列車も運行している。メインターミナル西端の空港駅から利用が可能で、市内中心部への所要時間は約15分である。始発は5:00、終電は01:00で、8分毎に運行、料金は一律の1.5ドルである。East-West LineとNorth-South Lineの二路線があり、 アトランタ市中心部のFive Points駅で乗換が可能である。

リムジンバス

シャトルバスは近郊の主要ホテル間を行き来している。メインターミナル手荷物受取所西側出口に乗り場があり、市内への所要時間は約40分、料金は行き先によるが、16ドル程度である。空港からの主な行き先は、アルファレッタ、ダウンタウン、バックヘッド、エモリー、 マリエッタ、ロズウェルなど。

タクシー

タクシーはバスや電車に比べると割高であるが、「目的地まで乗り換えなしで直行できる」「発着時間を気にしなくてよい」などのメリットがある。メインターミナル手荷物受取所西側出口にタクシー乗り場があり、市内への所要時間は約30分である。料金は30ドル程度である。

ハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港のお役立ちリンク集

ハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港の格安航空券一覧

ハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港の格安航空券の一覧です。

※記載している情報は予告なく変更される場合があります。最新情報はご自身でご確認ください。
ハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港
格安航空券を検索する
出発地
目的地
北米 - アメリカ - アトランタ
日本出発日(往路)
現地出発日(復路)
★さらに絞込みができます。
航空会社
座席クラス
人数
大人  人  子供  人

10人以上の方はこちらから

検索する

航空券+ホテル・セット割で検索する

google play APP

上部へ戻る