ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

24時間パッとカンタン、スグ買える ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

         
       


アエロフロート・ロシア航空(Aeroflot Russian Airlines)


アエロフロート・ロシア航空について

アエロフロート・ロシア航空についての画像

アエロフロート・ロシア航空(Aeroflot Russian Airlines)はソビエト連邦の国営航空会社として1923年に設立されて以来、ソ連最大の航空会社として運営されてきた。特に第二次世界大戦後の冷戦期は、ソ連の航空技術を知らしめるショーウィンドウ的な役割を持ち、世界で2番目に実用化されたジェット旅客機であるツポレフTu-104や、世界最大級のターボプロップ旅客機であるツポレフTu-114の就航、世界初の超音速民間旅客機であるツポレフTu-144の就航などを担った。
旧ソ連の崩壊に伴う体制の変化を受け、ソ連時代、「ソ連唯一の航空企業」だったアエロフロートは、新たに生まれたロシア共和国の国内線とその主要都市を拠点にする国際線ネットワークを展開するエアラインになった。
ロシア国内にも新興エアラインが起業する中、アエロフロート・ロシア航空は旧体制時代の長距離国際線を維持すると共に、機材、サービスのハード面で欧州のエアラインと対等に競合出来る企業基盤の確立に注力した。

アエロフロート・ロシア航空の基本情報

正式航空会社名

アエロフロート・ロシア航空

英語名

Aeroflot Russian Airlines

通称

アエロフロート

2レター

SU

3レター

AFL

日本発着路線

成田-モスクワ 週7便

ハブ空港

モスクワシェレメチェヴォ国際空港

ネットワーク

欧州・中央アジアを中心に50カ国、120都市以上

アライアンス

スカイチーム

所有機材

最も多いA320をはじめ、A321/330、B777/737など、合計約235機

リコンファーム

不要(リコンファーム要・不要一覧

オンラインチェックイン

アエロフロート・ロシア航空の情報

アエロフロート・ロシア航空の機内食やビジネスクラスなど、アエロフロート・ロシア航空の情報はこちら!

アエロフロート・ロシア航空 マイレージ

アエロフロート・ロシア航空(Aeroflot Russian Airlines)のマイレージ アエロフロートボーナスはフライトに応じてマイルが加算。無料航空券や提携ホテルの無料宿泊などのサービスが受けられる。2歳未満のお子様はアエロフロートジュニアを用意している。エリート会員旅客はエコノミークラス利用時、チェックインでビジネスクラスのチェックインカウンターを利用することが出来る。

アエロフロート・ロシア航空 機内食

アエロフロートロシア航空の機内食は、ロシア料理と世界各国の伝統料理を取り入れたメニューを展開している。機内食には宗教的に配慮した食事・健康に配慮した食事・ベジタリアン・子供向けなど豊富に用意されている。特別食を希望される場合は、搭乗の36時間までにリクエストが必要である。路線によっては特別食を受けられないこともあるので注意が必要だ。
また、エコノミークラス・ビジネスクラスでも、食事が異なっている。エコノミークラスはワイン・ウォッカ・ブランデー・スコッチ・ビール(アルコールは有料)とソフトドリンク各種となっている。また、ロシアの伝統的ジュース「ツルコケモモジュース」を飲めるのも特徴である。搭乗の機会に是非試飲されてはいかがでしょう?
メインデッシュは2種類からとなっており、毎月変更されている。ビジネスクラスはワイン・ウォッカ・ブランデー・スコッチ・ビール・ジン・シャンパンなどのアルコールとソフトドリンク各種となっている。

アエロフロート・ロシア航空 機内エンターテイメント

アエロフロート・ロシア航空のビジネスクラスの機内食はサラダからスープ、メイン・デザートまでロシアンテイストを味わえる。アルコールでは、イタリア産、フランス産、チリ産のワインが用意されており好評である。ビジネスクラスのシートはA330-200機材では新たなビジネスクラスシートSOGERMA EVOLYSを用意。
アエロフロートがロシアで初めて導入するもので、最大180度までリクライニングし、快適に休めるよう設計されている。エコノミークラスのシートSICMA AIRGONOMICは足元にゆとりのある設計となっており、お客様の体をしっかりとサポートし、快適性を向上させた。A330の全シートにはパーソナルワイドスクリーンモニターを用意。ロシアで初めて機内エンターテイメントシステムとしてPanasonic ex2を導入し、多彩なプログラムをお楽しみ頂けます。

ビジネスクラス

アエロフロートロシア航空のビジネスクラスは、「プレジデント」と「プレミエール」の2種類がある。「プレジデント」ではコクーン型シートを採用しており、シートピッチ147cm、シート全長190cm、座席幅55cm、リクライニングは166度とゆったりとしたスペースを確保している。
離陸前のウエルカムドリンクや6時間以上のフライトにはアメニティグッズ(靴べら、スリッパ・メモ帳・リフレッシュスプレー、アイマスク、ティッシュ、歯ブラシセット)が用意されている。子供向けのアメニティも用意している。
また、ブラウンケットと枕も用意されている。プレミエールのシートの高さは96cm リクライニングが118度となっている。こちらにも、ウエルカムドリンクのサービスとアメニティグッズのサービスも用意されていて、子供向けのアメニティも用意されている。

機材

かつて、アエロフロート・ロシア航空の主力機材はイリューシンIL-62M。ロシアを代表する長距離路線の名機だが、ボーイング737と大差無いナロウボディの機内で決して良い環境ではなかった。 1992年にA310-300を導入して以来、アエロフロート・ロシア航空は長距離国際線の事業の抜本的な見直しを図ってきた。その後、長距離路線の主力機材がボーイング767-300ERや777-200ERになってからも、他社との競合に向けてグレードアップを図ってきた。
現在は、日本路線にA330-300(2クラス・302席)の機材が使用され、長距離国際線は同種の機材導入を推進している。
機内エンターテイメントも、ビジネス・エコノミークラスどちらも最新の装備が提供されていて、旧ソ連時代のアエロフロート航空からは想像が付かないとまで言われ、欧州エアラインと比較出来る程のグレードになっている。

スカイチーム

スカイチーム(Skyteam)の加盟航空会社はヨーロッパではエールフランス、KLMオランダ航空が、エールフランス‐KLM(持株会社)として経営を統合している。ロシアのアエロフロート・ロシア航空やチェコ航空、アリタリア-イタリア航空、エア・ヨーロッパ、タロム航空の7社が加盟しており、ヨーロッパ地域での優位性は高い。
なお、モスクワのシェレメチェヴォ国際空港では、スカイチーム専用となる第3ターミナルが、2009年11月15日に供用開始された。

アエロフロート・ロシア航空の就航している都市

アエロフロート・ロシア航空が就航している都市はこちらから。

スカイチーム加盟航空会社

アエロフロート・ロシア航空以外の、他のスカイチーム加盟の航空会社はこちらから。

※記載している情報は予告なく変更される場合があります。最新情報はご自身でご確認ください。

アエロフロート・ロシア航空
格安航空券を検索する

出発地
目的地
日本出発日(往路)
現地出発日(復路)
★さらに絞込みができます。
航空会社
アエロフロート・ロシア航空
座席クラス
人数
大人  人   子供  人

10人以上の方はこちらから

検索する

航空券+ホテル・セット割で検索する


上部へ戻る