• 初めての方へ
  • HELP
  • メルマガ
  • サイトマップ
  • english
  • ログイン(マイページ)
         
       


スカイチーム(oneworld)


スカイチームについて

スカイチームについての画像

スカイチーム(Skyteam)は2000年6月22日、アエロメヒコ、エールフランス、デルタ航空、大韓航空にて設立された。その後、2004年にKLMオランダ航空、ノースウエスト航空、コンチネンタル航空が加盟し、事実上この3社が加盟していて現在は消滅しているがウィングアライアンスとの合併となった。その後今日まで拡大を続け、現在ではスターアライアンスに次ぐ、世界第2位のアライアンスへ成長。
路線数では1,074都市、177ヶ国を結んでいる。アメリカにおいて世界最大のデルタ航空が加盟しており、有償旅客キロでは世界最大シェアを誇っている。中南米方面ではアエロメヒコが路線をカバーしている。
ヨーロッパにおいてはエールフランス、KLMオランダ航空、アエロフロートロシア航空、アリタリア-イタリア航空など7社が加盟しており、こちらも有償旅客キロでは最大のシェアを獲得。
アジア方面では日系航空会社の加盟は無いが、成田空港からの以遠権を利用しデルタ航空がアジア各都市へ、また大韓航空、中国南方航空などメガキャリアがアジア路線をカバーし、今後の加盟航空会社を合わせると更なる路線拡大となる。
中東及びオセアニアにて加盟航空会社が無いのがスカイチームの弱点である。

スカイチームの基本情報

正式アライアンス名

スカイチーム

英語名

SkyTeam

参加航空会社

アエロフロートロシア航空、アルゼンチン航空、アエロメヒコ航空、エア・ヨーロッパ、エールフランス航空、アリタリア-イタリア航空、チャイナエアライン、中国東方航空、中国南方航空、チェコ航空、デルタ航空、ガルーダ・インドネシア航空、ケニア航空、KLMオランダ航空、大韓航空、ミドル・イースト航空、サウディア、タロム航空、ベトナム航空、アモイ航空

スカイチームエリートメンバー

優先チェックイン・優先座席指定・優先搭乗など

スカイチームエリートプラスメンバー

ラウンジ利用・優先チェックイン・座席指定・優先搭乗など

ネットワーク

毎日約 16,660 便を 177ヶ国、1,074都市に向けて運航

スカイチームの情報

スカイチームの加盟航空会社や空港ラウンジなど、スカイチームの情報はこちら!

歴史

2000年 - 6月22日、アエロメヒコ航空、エールフランス、デルタ航空、大韓航空によりスカイチームを設立。
2001年 - アリタリア航空、チェコ航空が加盟。
2004年 - 9月、KLMオランダ航空、ノースウエスト航空、コンチネンタル航空が加盟。事実上ウイングス・アライアンスとの合併である。この3社の加盟により、北米を中心にネットワークを拡充し、スターアライアンスに次ぐ2番目に大きな航空連合となる。
2006年 - 4月14日、アエロフロートが加盟。
2007年 - 6月末、成田空港に就航している加盟航空会社が第1ターミナル北ウイングを利用。スカイチーム・ラウンジを開設。9月、エア・ヨーロッパ、コパ航空、ケニア航空がアソシエート・メンバーとして加盟。11月15日、中国南方航空が加盟。
2008年 - デルタ航空がノースウエスト航空の吸収合併を発表。アリタリア航空が経営破綻。
2009年 - 10月24日、コンチネンタル航空とコパ航空が提携終了。
2010年 - 6月10日、ベトナム航空が加盟。6月22日、アソシエート・メンバーがフルメンバーとなった。6月25日タロム航空が加盟
2011年 - 中国東方航空とチャイナエアラインが加盟。
2012年 - サウディア、ミドル・イースト航空、 アルゼンチン航空、 厦門航空が加盟。
2013年 - アルゼンチン航空が加盟
2014年 - ガルーダ・インドネシア航空が加盟

世界一周運賃

スカイチーム(Skyteam)の「世界一周航空券」は、料金はマイル制にて26,000マイル以内、29,000マイル以内、33,000マイル以内、38,000マイル以内の4段階運賃を採用。最低旅行日数は10日、有効期限は1年となる。スカイチーム加盟航空会社20社と上海航空のフライトの利用が可能。条件は最低ストップオーバー回数3回(各TC1,2,3都市)、同一都市は1回かつ乗り換えは2回まで。国ごとに最大ストップオーバー回数の制限あり。15セクターまで利用可能。予約は出発7日前まで、発券は出発7日前且つ予約後72時間以内となる。エコノミークラス26,000マイル以内の料金タイプで359,100円前後から利用可能である。

スカイチーム上級会員特典

スカイチームの対象フライトを利用し、フリークエントフライヤー・プログラムで獲得したマイルに応じて、スカイチームエリートステータスの利用が可能となる。スカイチームエリートプラスには空港ラウンジの利用・満席時の座席の優先確保・優先的な荷物の取り扱い・優先チェックイン・座席の優先指定・優先搭乗・予約時の優先空席待ち・空港での優先空席待ち・エリート資格獲得対象マイルの特典がある。またスカイチームエリートには優先チェックイン・座席の優先指定・優先搭乗・予約時の優先空席待ち・空港での優先空席待ち・エリート資格獲得対象マイルの特典がある。

スカイマイル

スカイチーム(Skyteam)の中で代表的で、日本発着便が多く馴染み深いのがデルタ航空である。デルタ航空のマイレージプログラムである「スカイマイル(Skymiles)」には、多くの魅力がある。獲得マイルの有効期限はありません。マイルの加算についてはこれまでの飛行距離制に代わり、購入航空券の運賃に基づいて決まります。つまり、金額が大きいほど、航空券1枚につき最大75,000マイルまで受け取ることができます。格安航空券やツアーの場合はこれまでの飛行距離制の加算となります。また、期間限定のキャンペーンでボーナスマイルを獲得する機会も多い。バイマイル(マイルの購入)、トランスファーマイル(マイルの譲渡)、ギフトマイル(マイルのプレゼント)なども可能である。

フライングブルー

フライング・ブルー(Flying Blue)は、スカイチームの中で代表的な航空会社であるKLMオランダ航空とエールフランス航空の提携により、上質なサービスの提供を目指した、ジョイント・フリークエント・フライヤー・プログラムである。獲得できるマイルには、アワードマイルとレベルマイルの2種類がある。アワードマイルがたまると、アワード航空券、またホテル・レンタカーなど、幅広いサービスを利用できる。2年ごとに、対象便を1回以上ご利用いただくと、アワードマイルが永久に有効となる。メンバーシップレベルは、アイボリー、シルバー、ゴールド、プラチナの4つに分かれている。フライング・ブルー会員専用のカスタマーサービスがあり、すばやい対応、きめ細やかなサービスを提供。また、オンラインサービスなら1日24時間、世界各地で利用可能である。

ラウンジ

スカイチーム(Skyteam)のラウンジは、ゆったりとした座席、読書や仕事用の十分な照明を備えた快適な環境となっている。また、飲み物やスナックの無料サービス、英語ならびに航空会社所属国や空港所在地の言語による雑誌、新聞、その他各種読み物もあり、電話、データポート、無料インターネットアクセス、FAX、コピー機を備えたワークスペースも設置されている。チェックインから搭乗までの間、航空会社所属国の言語を話すカスタマーサービスの係員が手伝いし、空港における待ち時間を快適に過ごせる空間となっている。

共通サービス

成田空港では、第1ターミナル北ウイングを13社が利用している。現在インラインスクリーニング、共用のセルフチェックインシステム等導入されており、より一層の利便になった。
モスクワのシェレメーチエヴォ国際空港では、スカイチーム専用となる第3ターミナルが、2009年11月15日に供用開始された。また、ロンドン・ヒースロー空港のターミナル4では、アライアンス共同設備を設置している。

機内サービス

スカイチームでは、どのパートナー航空会社を選択しても優れたフライト体験を得られるよう努めている。最新の機内エンターテイメント、好みに応じた食事、様々な言語対応。また、客室乗務員が素早く要望にこたえられるよう、15分おきに通路を巡回したり、1時間に最低4回は客室を巡回してごみを回収するなど、きめ細かいサービスを提供している。


海外旅行
格安航空券を検索する
出発地
目的地
日本出発日(往路)
現地出発日(復路)
★さらに絞込みができます。
航空会社
座席クラス
人数
大人  人   子供  人

10人以上の方はこちらから

検索する

航空券+ホテル・セット割で検索する


        

Copyright © AIRPLUS co.,ltd. エアプラス株式会社

  • オンライン海外旅行サイト
  • イーナ・カスタマーサービス