ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

24時間パッとカンタン、スグ買える ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

         
       
ena(イーナ)なら安心予約

シェレメチェボ国際空港

シェレメチェボ国際空港について

1959年に開設されたシェレメチェボ空港は、乗客数及び取り扱い貨物数において、同じモスクワにあるドモジェドボ国際空港に次いでロシアで2番目に大きい空港である。
1960年に初めてベルリンへ国際線を就航し、1980年にはモスクワオリンピック開催を契機に新しくターミナルビル(シェレメチェボ2)を開業させた。
2009年にターミナルD、2010年にターミナルEを新たに建設したほかターミナルFの補修や滑走路拡張など大幅なリニューアルを行っている。アエロフロート・ロシア航空のハブ空港であり、ロシア国内はもちろん、ヨーロッパ各国、ウクライナ、イラン、モンゴル、日本などと結んでいる。
2007年に日本航空が乗り入れ先をドモジェドボ国際空港に変更したため、日本からの定期乗り入れは成田国際空港からのアエロフロート・ロシア航空便のみとなった。モスクワ市内からは約40キロほどでやや離れている。

シェレメチェボ国際空港の基本情報

日本語表記

シェレメチェボ国際空港

英語表記

Sheremetyevo International Airport

IATA 3レターコード

SVO

ICAO 4レターコード

UUEE

国・都市

ロシア・モスクワ

日本からの所要時間

10時間20分~11時間

日本からの行き方

成田からアエロフロートが直行便を運航

年間利用者数

約1200万人(2011年)

シェレメチェボ国際空港のターミナル情報

現在ターミナルB、C、F、D、Eが稼働している。ターミナルCに隣接するターミナルB(シェレメチェボ1)は最も古く、外壁はアエロフロートのイメージカラーである青とオレンジに塗装されている。

モスクワオリンピックに合わせて開業したターミナルF(シェレメチェボ2)はターミナルDに接続している。それぞれレストラン、バー、免税店はそろっているが、全体的に椅子の数が少ないので待ち時間が長い場合はやや不便さを感じるかもしれない。

ターミナルFから西に400メートルほど離れたところに一番新しいターミナルビルE(シェレメチェボ3)が2010年にオープンし、アエロフロート・ロシア航空およびスカイチームの専用ターミナルとして利用される。

ロシアの入国

入国に当たって、査証と出入国カードが必要となる。入国カードは機内でも配られるが、受け取り忘れてもパスポートコントロール向かい側のカウンターで記入することができる。到着ロビーに入るとパスポートコントロールへ進み、入国審査を受ける。出入国カードは出国時にも必要となるので大切に保管する。受託荷物の受け取りをしたのち税関申告をし、入国という流れになる。

ロシアの出国

空港に到着すると、まず掲示板でフライトの確認をする。出国の際は、他の国の空港と違ってチェックインの前に税関申告をするので注意が必要だ。航空会社カウンターでチェックインののち、出国審査を受ける。ここで入国時に渡された出入国カードが回収される。セキュリティチェック、搭乗手続きという順に進む。

シェレメチェボ国際空港の国内線・国際線の乗り継ぎ方法

日本からの離発着はすべてシェレメチェボ2にて行われる。主要な国際線は同じくシェレメチェボ2から出発するが、旧ソ連諸国及び一部の国内線は滑走路を隔ててあるシェレメチェボ2から出発するので、ターミナル間の移動が必要となる。国際線への乗り継ぎをする場合は、飛行機を降りるとまずトランジットカウンターへ向かう。乗り継ぎ便のチェックインを済ませ、パスポートチェック、セキュリティチェックを受けそのまま搭乗口へ向かう。

ターミナル間の移動がある場合は、セキュリティチェックのあと一度空港の外に出ることになるが、現在は24時間以内の滞在であればトランジットビザは不要。この場合の移動方法はタクシー、マルシュルートカ、路線バスのいずれかである。タクシーは到着ロビー正面、マルシュルートカと路線バスは到着ロビーを出て駐車場の右奥に乗り場があり、所要時間は約20分である。

国際線から国内線への乗り継ぎは、到着フロアで入国審査、受託荷物の受け取りののち国内線乗り継ぎカウンターへ向かう。税関検査のあと再び荷物を預け、チェックインをすませ、出発ロビーにてセキュリティチェック、搭乗手続きという流れになる。

シェレメチェボ国際空港の最低乗り継ぎ時間(MCT)

・アエロフロートロシア航空(SU)
国内線 » 国際線:1時間10分~2時間
国際線 » 国内線:1時間10分~2時間
国際線 » 国際線:50分~2時間

2013年12月現在
注意:時間帯・便名により異なりますのであくまでも参考値とお考え下さい。詳しくは、当社コールンセンターもしくは、航空会社にお尋ね下さい。

シェレメチェボ国際空港周辺のホテル

乗り継ぎがあるがビザがない場合でも宿泊できるトランジットホテルが、シェレメチェボ空港の近くに三つある。価格帯の高い順にノボテル・シェレメチェボ2・モスクワエアポート、ホテル・シェレメチェボ2、ソユーズである。あらかじめ旅行代理店で予約をしておくと安心だが、当日に空港中央のカウンターで申し込みをすることもできる。しかし満室ということもあるので注意が必要。

トランジットホテルへは全員21番ゲートから出ている送迎バスで、他の便からの乗客を待って向かうことになる。ビザがないという立場上ホテルの外へ出ることは難しく、出入り口から一般客と隔離される。翌日も空港までバスの送迎がつく。

シェレメチェボ国際空港へのアクセス

モスクワ市内からは、アエロエクスプレス、路線バス、マルシュルートカと呼ばれる乗り合いタクシー、タクシーでのアクセスが可能。

鉄道

一日26往復の便があるアエロエクスプレスは、300ルーブルでターミナルDおよびFとベラルースキー駅を約35分で結んでいる。アエロエクスプレス・シェレメチェボ空港駅はターミナルFに隣接しており、ターミナルD,Eへの連絡通路ともつながっている。

バス

路線バスのうち851番および851Cは、ターミナルB→ターミナルF→ターミナルD→モスクワ地下鉄レチノイ・ヴァグザール駅→ターミナルBの順に10~15分間隔で巡回しており、所要時間は40分~1時間である。817番バスは、ターミナルD→ターミナルF→ターミナルB→地下鉄プラネルナヤ駅→ターミナルDの順に巡回している。

その他にも、鉄道ローブニャ駅から21番バスが15分おきに、鉄道ドルゴプルードナヤ駅、ヴォードニキ駅、フレブニコヴォ駅からターミナルDまで35番バスが運行している。マルシュルートカは地下鉄レチノイ・ヴァグザール駅および地下鉄プラネルナヤ駅から空港まで運行しており、運賃は片道65ルーブルである。

タクシー

タクシーでのアクセスは、空港と市内を結ぶ幹線道路が渋滞名所のため、かなり余裕を持っておきたい。

新ターミナル

シェレメチェボ空港は2009年11月にターミナルD、2010年5月にターミナルEを新たに建設、新設の国際ビジネスセンターというオフィスビルを内包する二つのウイングを持つターミナルビルとなり、施設の近代化を進めている。ターミナルE、D、Fがつながったことにより、これらのターミナル間は徒歩で移動できるようになった。

また、ターミナルDにアエロエクスプレス駅への連絡通路がオープン。これにより空港と市内の地下鉄サヴョーロフスキー駅との間が35分で結ばれるようになり、モスクワ市内へのアクセスがより便利になった。東京線の利用ターミナルも2009年3月より以前のターミナルFからターミナルDへと変更になった。

シェレメチェボ国際空港のお役立ちリンク集

モスクワの格安航空券一覧

モスクワの格安航空券の一覧です。

※記載している情報は予告なく変更される場合があります。最新情報はご自身でご確認ください。
シェレメチェボ国際空港
格安航空券を検索する
出発地
目的地
ヨーロッパ - ロシア - モスクワ
日本出発日(往路)
現地出発日(復路)
★さらに絞込みができます。
航空会社
座席クラス
人数
大人  人   子供  人

10人以上の方はこちらから

検索する

航空券+ホテル・セット割で検索する

ロシアの旅行ガイド

ロシア旅行を楽しむための旅行ガイドはこちら!

ロシア旅行ガイド
google play APP

上部へ戻る