ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

24時間パッとカンタン、スグ買える ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

         


バンガロール


インド e-tourist visaについて

バンガロールについて

ンガロールはインド第3の都市。インドを代表する旅行先の一つで、数々の観光名所、豊富なアクティビティ、各種イベントを揃えている。インドはとにかく暑いと思われがちだが、この街は標高920メートルの高原にあり、気候は一年を通して穏やかであり、観光客も多いのが特徴だ。
バンガロールに一度足を踏み入れれば、初めて訪れる方での、バンガロールの魅力に取り付かれてしまうことだろう。バンガロールは昔ながらの伝統的な良さと、近代的できらびやかな夜の世界をあわせ持つため、インドの素顔を覗くにも、ただ夜の街に繰り出して遊ぶにも申し分のない街と言える。
従来は落ち着いた品位ある都市で、広々とした道路に緑豊かな町で静かな印象だったが、近年において、インド南部における主要なビジネスの拠点地となり、今ではインドのシリコンバレーとして有名。航空機製造・機械工業が発達し、インドの情報通信産業(IT産業)を成長させる原動力になっている。小さいけれどもモダンな街、バンガロールには魅力がいっぱいだ。

バンガロールの基本情報

通貨

インドルピー

人口

6,200,000人

言語

カンナダ語が公用語だが、タミル語、テルグ語、ヒンディー語も通じる。

民族

ヒンドゥー教徒が79.37%、ムスリムが13.37%と、キリスト教徒が5.79%、ジャイナ教徒は1.05%。

行政区画

カルナータカ州

面積

741km2

位置

インド南部

気候

気候は一年中穏やか。夏は3月から5月だが、日本の夏と比べると湿気ない。2~1月の真冬でも、暖房が要るほどではない。

時差

マイナス3.5時間

バンガロールの旅行情報

バンガロール旅行の見どころや文化など、旅行情報はこちら!

バンガロールの観光スポット

バンガロールの観光スポットは、ブル寺院ガ有名である。ブル寺院は、この町の創始者ケンペ・ゴウダによって16世紀に建てられた、バンガロールで最も古い寺院の一つだ。ドラヴィダ様式のヒンドゥー寺院で、ナンディーという一枚岩で彫られた、高さ4.5m、幅6mのシヴァ神の乗り物の牡牛が祀られている。

寺院の内部ではカンナダ語でお経が流れており、すぐ隣にはヒンドゥー寺院が二つあるのが特徴だ。この寺院は、週末に演奏会や結婚式の行列、新車に祝福を授けるプージャー(礼拝)が行われるので特におすすめ。また、バンガロールを一望できるスポットでもあるので人気も高い。駅から4kmほど南下した、バサヴァングディ地区の左側に位置している。

バンガロール宮殿

マイソールマハラジャによって建てられたバンガロール宮殿が観光スポットとして有名。市の中心部に位置しているバンガロール宮殿は19世紀、チューダー王朝スタイルで建てられてる。美しい景色の真ん中に位置し、宮殿と庭両方がイギリスのウィンザー城からヒントを得て立てられた。

宮殿でもっとも注目すべきは木工品と歴史的に価値のある絵画のコレクション。1537年にケンペ・ガウダが建設した、泥レンガ造りの城壁を、1971年にマイソール王国の支配者ティプ・スルターンとハイダル・アリーらが石で頑丈に作り直したものだ。シティ・マーケットの南に、宮殿と城壁の一部が残っている。宮殿はそれほど大きくはないが、インドでは木造が珍しく、美しい木造の円柱が有名。1階には小さな写真のギャラリーがあり、ティプの写真や肖像が多数展示されている。

バンガロールのホテルと交通

観光地として栄えるバンガロール市内中心部には、ホテルがたくさん立ち並んでいる。マハトマ・ガンディー・ロード(MG ロード)に位置するオベロイ ホテルは、バンガロールのビジネス・商業地区の中心部にある。ホテルから、発電所、産業エリア、ホワイトフィールド、州政府庁舎へ簡単にアクセスでき、空港までは 8キロメートル。

パーク ホテルバンガロールは、マハトマ・ガンジー・ロードの便利な場所にあり、ショッピングやガーデンシティの娯楽エリアから簡単にアクセス出来る。空港からは6キロ、鉄道駅から10キロの位置にある。

タージ レジデンシー ホテル バンガロールホテルは、バンガロールの中心にあるホテルで、街とアルソール湖の眺めを堪能できる。空港から20分のところにあり、ホスピタリティとアメニティが見事に調和したホテルだ。

コンフォート イン ヴィジャイ レジデンシー ホテルバンガロールは、インド有数の産業都市であるバンガロール中心部にある。コンフォート イン ヴィジャイ レジデンシー ホテルは、鉄道駅の近くにあり、空港まで11キロメートルだ。

バンガロールの文化と料理

バンガロールはその気候、緑の豊かさ、またラール・バーグ植物園、カボン公園ほか多くの都市公園が整備されていることから「インドの庭園都市」として有名だ。ディーパーヴァリー、『光の祭典』には多くの信者の列ができ、活力のある祭り。ダサラはかつてのマイソール王国を特徴付ける伝統的な祭典でこれもバンガロールの重要な祭りだ。また、バンガロールはカンナダ語映画産業の中心で、毎年80本ほどのカンナダ語映画が作られる。カンナダ語映画のほとんどはミュージカルで、そのサウンドトラックは市内で人気を博している。

バンガロールは食べ物や茶の屋台、インド各地の料理、ベジタリアン料理、中華や西洋料理など食も豊富だ。、多くのクラブ、バー、パブが多く、若者の夜遊びの選択肢の多さもインド随一。欧米のロックバンドがバンガロールにライブに来ることも多く、若者に人気の街でもある。 スポーツで人気のあるのはクリケットで、バンガロールはナショナル・チームのメンバーなど、インドの多くの有名クリケット選手を生んでいる。

バンガロール以外のインド旅行情報

バンガロール以外の、他のインド各地域の旅行情報はこちらから。

※記載している情報は予告なく変更される場合があります。最新情報はご自身でご確認ください。

バンガロール旅行
格安航空券を検索する
出発地
目的地
アジア - インド - バンガロール
日本出発日(往路)
現地出発日(復路)
★さらに絞込みができます。
航空会社
座席クラス
人数
大人  人   子供  人

10人以上の方はこちらから

検索する

航空券+ホテル・セット割で検索する


上部へ戻る