ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

24時間パッとカンタン、スグ買える ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

         


ムンバイ


インド e-tourist visaについて

ムンバイについて

ムンバイ(Mumbai、マラーティー語:?????)はインドの西海岸に面するマハーラーシュトラ州の州都である。インド最大の都市であり、世界有数のメガシティである。人口は1383万と世界でも有数である。2010年の国際連合の統計によると、近郊を含む都市圏人口は2004万人であり、東京、デリー、サンパウロに次ぐ世界第4位である。
ポルトガル語で「よき港」を意味するムンバイは歴史的背景から東洋と西洋が奇妙なコントラストを描く国際都市でインド観光の拠点でもある。「世界で最も人口の多い都市」と言われ、国内各地から移住してきた住民が非常に多いコスモポリタン的国際都市である。
またムンバイはインド随一の商業及び娯楽の中心都市で、インド準備銀行、ボンベイ証券取引所、インド国立証券取引所や、多くのインド企業の本社がある。ムンバイには国内各地から多くの人々が事業機会や比較的高い生活水準を求め集まり、国内各地の様々な集団や宗教・文化の集積地となっている。

ムンバイの基本情報

通貨

通貨単位 :インドルピー INDIAN RUPEE/S  略号 :(INR)  補助通貨 :100パイセ PAISA/PAISE

人口

2004万人

言語

ヒンドゥー語(公用語)、英語(準公用語)他14の地方の公用語等800余

民族

多民族

行政区画

ムンバイ市

面積

603.4km2

位置

東南アジア

気候

熱帯

時差

日本との時差は-3時間30分。ムンバイの方が遅れている。夏時間はない。

ムンバイの旅行情報

ムンバイ旅行の見どころや文化など、旅行情報はこちら!

ムンバイの空の玄関口

チャットラパティー・シヴァージー国際空港(英: Chhatrapati Shivaji International Airport)は、インドマハーラーシュトラ州の州都ムンバイにある国際空港でジェットエアウェイズ?のハブ空港である。空港の名称はマハラシュトラ州で英雄視されている17世紀のマラータ王国のチャットラパティー・シヴァージーに由来している。 旧名は「サンタクルズ国際空港」。ここから新国際線ターミナルが隣接地に分離するかたちで新空港が造られた。

国内線ターミナルは今日でも「サンタクルズ空港」(Santacruz Airport)と呼ばれる。両港は離着陸に使用する滑走路を共有している。空港間の移動は、航空券を提示すれば無料のシャトルバスが利用できる。チャットラパティー・シヴァージー国際空港は市内から34kmのところにある空の玄関口であり、南アジアで最も乗降客数の多い空港である。ムンバイはインド全体の旅客空輸のうち、国内便は25%、国際便では38%を担っている。

チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅

チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅(英語:Chhatrapati Shivaji Terminus)はインド・ムンバイにある鉄道の駅である。ムンバイ近郊鉄道や、他の長距離鉄道も乗り入れている。旧名は「ヴィクトリア・ターミナス駅」 (Victoria Terminus)。

名称が長いせいか、「CST」または「VT」と省略した呼び方のほうがムンバイ市民には通りが良い。インド中央鉄道の本拠地であり、一日の乗降客数が300万人~350万人と、インドで最も乗降客の多い駅である。

歴史的な建築として、2004年にユネスコ世界遺産に登録された。1888年に建造された駅舎はヴェネツィアゴシック建築様式で、壮麗で豪奢な建築物である。特徴として、ヴィクトリア朝のゴシック・リヴァイヴァル建築とインドの伝統的建築の融合が見られる。内部は、木彫やタイル、鉄の装飾や真鍮のレール、切符売り場の鉄柵、大階段の手すり等の装飾はボンベイ・アート・スクールの学生の作品である。この駅は19世紀の鉄道駅建築として驚くべき進歩的な構造と技術力を誇っている。

エレファンタ石窟群

エレファンタ石窟群とは、ムンバイ近海のアラビア海に浮かぶエレファンタ島にある石窟寺院のことである。シヴァ信仰の中心地であり、グプタ朝時代に建設が始まったとされる。1987年にUNESCOの世界遺産に登録された。

現在のカルナータカ州を治めたラーシュトラクータ朝(753年-982年)時代から残る彫刻がある。列柱ホールの最深部の壁面に残る3面のシヴァ神は、高さ5.7メートルある。

石窟寺院は、面積は約5,600平方メートルあり、東西の祠堂とメインの列柱ホールから構成される。エレファンタ島に残る多くの彫刻は17世紀に、ポルトガル人が銃の練習の標的として用いられてきたこともあり、往時の外観を損なっている。現在では、国内外を問わず多くの観光客を集めている。

ムンバイの交通

ムンバイの公共交通機関には、ムンバイ近郊鉄道、BESTバス、タクシー、オート・リクシャー、フェリー、航空機がある。さらに近年の急速な経済成長に伴い、現在地下鉄やモノレールも建設中である。ムンバイ近郊鉄道は、セントラル鉄道(CR)およびウェスタン鉄道(WR)の二つの鉄道網をムンバイに敷いている。

セントラル鉄道はチャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅を本部にしており、カバーエリアは市内中央部、北東部、東南部、近郊地域である。ウェスタン鉄道はチャーチゲート駅を本部とし、市内西部を中心に近郊地域もカバーしている。現在建設中の地下鉄ムンバイ・メトロは、2009年に一部先行して開通する予定である。長距離鉄道では、インド国鉄がムンバイと国内各都市を結んでいる。

BEST(ブリハンムンバイ電力交通公社)は市バスを運行しており、市内の大部分をカバーする。2階建てバスやエアコンバスを運行しており、市民は中短距離通勤にバスを利用する。なぜならば、鉄道が長距離通勤の際に運賃を抑えられるのに対し、中短距離通勤の際にはバスの方が交通費を抑えられるためである。また、タクシー(黒と黄色のツートンに塗り分けられた車体)とオート・リクシャーも市民の足となっている。

ムンバイ以外のインド旅行情報

ムンバイ以外の、他のインド各地域の旅行情報はこちらから。

※記載している情報は予告なく変更される場合があります。最新情報はご自身でご確認ください。

ムンバイ旅行
格安航空券を検索する
出発地
目的地
アジア - インド - ムンバイ
日本出発日(往路)
現地出発日(復路)
★さらに絞込みができます。
航空会社
座席クラス
人数
大人  人   子供  人

10人以上の方はこちらから

検索する

航空券+ホテル・セット割で検索する


上部へ戻る