ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

24時間パッとカンタン、スグ買える ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

         


マニラ


マニラについて

フィリピンの首都マニラは、東南アジアで第4の規模を誇る大都市。ルソン島中西部に位置するマニラは、フィリピンの首都圏を形成しており、メトロマニラ(マニラ首都圏)とも呼ばれている。
都市名の「マニラ」とはタガログ語のマイニラ(may nilad)が由来とされ、これは「ニラッドのはえるところ」を意味しているとされている。ニラッド(nilad)とは植物の名前で、フィリピンの水辺に群生しており、パシッグ川などでも見ることができる。
日本からマニラへはJAL、フィリピン航空、デルタ航空の直行便が就航しており、飛行時間も5時間前後とアクセスが良い。またセブ島などビーチリゾートへの経由地としても便利。

マニラの基本情報

通貨

フィリピン・ペソ

人口

約1,155万人(2007年)

言語

公用語はフィリピン語(タガログ語)と英語。

民族

マレー系が主体。他に中国系、スペイン系

行政区画

メトロマニラ行政区画(14市3町):カロオカン(Caloocan)市/ラスピニャス(Las Pinas)市/マカティー(Makati)市/マラボン(Malabon)市、マンダルヨン(Mandaluyong)市/マニラ(Manila)市/マリキナ(Marikina)市/ムンティンルパ(Muntinlupa)市、ナボタス(Navotas)町/パラニャーケ(Paranaque)市/パサイ(Pasay)市/パシッグ(Pasig)市、パテロス(Pateros)町/ケソン(Quezon)市/サンファン(San Juan)町/タギグ(Taguig)市、バレンズエラ(Valenzuela)市

面積

約636平方キロメートル

位置

ルソン島中西部に位置する。

気候

熱帯モンスーン気候で、年間を通して温度差が少ない。雨期(6月~11月)と乾季(12月~5月)に分かれている。年平均気温は26℃~27℃。

時差

日本との時差はマイナス1時間。フィリピンの方が遅れている。夏時間(サマータイム)はない。

マニラの旅行情報

マニラ旅行の見どころや文化など、旅行情報はこちら!

マニラの空の玄関口

マニラ市中心部から南へ約12kmの距離にある国際空港です。国際線ターミナルから国内線ターミナルまでは約2キロ、車で所要約10分ですが、渋滞している場合は30~50分近くかかる場合がある。
空港からマニラ市内方面への交通手段は、タクシー、クーポンタクシー(運転手付レンタカー)、高架鉄道がある。
タクシーは、メーター制が基本ですが、メーターが倒されているか必ず確認が必要である。夜間は危険なので避けたほうが安全である。また、クーポンタクシーは、定額制の前払いなので安心である。
Light Rail Transit(LRT)は、ジプニーでバクララン駅まで行きタフト通りを経て終着駅のカロオカン市のモニュメントまで南北に走る高架鉄道。
空港内のセキュリティチェックには、待ち時間が必要となる場合があるので、早めの空港へ向かわれることをお勧めする。また、フィリピンの出入国税は現地での支払いとなり、航空券には含まれていないので注意が必要だ。

マニラの観光スポット

イントラムロス(Intramuros)
スペインがフィリピンを支配するために、1571年に建設した城砦都市。今は城壁と城門の一部が残っている。

サン・アグスチン教会(San Agustin Church)
1599~1606年に建てられた、フィリピン最古の石造建築の教会。

サンチャゴ要塞跡(Fort Santiago)
イントラロムスの北の一角に位置し、かつてスペインやアメリカがフィリピンを統治していた頃に、軍事的に最も重要な役割を果たしていた場所。城門内にはリサール記念館がある。

リサール・パーク(Rizal Park)
フィリピンの国民的英雄ホセ・リサール記念像がある、広大な緑と芝生、噴水の美しい公園。

マニラ大聖堂(Manila Cathedral)
フィリピンでもっとも重要とされている教会で、1571年に創建された。第二次世界大戦で破壊されたが、1958年に再建された。

カーサ・マニラ博物館(Casa Manila Museum)
石畳のルナ通りを挟んで、サン・アグスチン教会のちょうど向い側に位置している。スペイン統治時代の特権階級の家を忠実に再現している。

マニラのショッピング

首都マニラの中でも特に発展したマカティは、フィリピン最大財閥のひとつであるアヤラ一族によって開発されたエリアで、高層ビルが立ち並ぶ近代的な雰囲気である。高級ホテルも数多くあり、たくさんの旅行者が集まる。
マカティの中心部、アヤラ通りとマカティ通りの交差点付近、「アヤラセンター」は、グロリエッタ、グリーンベルトなどの巨大ショッピングモールや、デパート、スーパーマーケットが広がる一大ショッピングゾーン。モールやデパートをはしごして一日中楽しめるほど、マカティにはたくさんのショッピングスポットがある。一休みできるおしゃれなカフェや、雰囲気のよいレストラン、バーもあり、連日、多くの人で賑わっている。
グリーンベルト(Greenbelt)は、アヤラセンターの中で最も美しく整備されたなショッピングセンターである。グリーンベルト1から5まで5つの建物に分かれている。 館内はさほど複雑なつくりではないので、お目当てのショップを見つけやすく、快適にショッピングができる。
グロリエッタ(Glorietta)は、マカティエリア最大のショッピングモール。アクティビティセンターと呼ばれる吹き抜けの広場を中心に、四方にグロリエッタI、II、III、IVと4つのエリアに分かれている。
グリーンベルト4の2階からランドマークにつながる歩道橋がある。ランドマークからはグロリエッタにもつながっている。

マニラのスパ

・ベイ・エリア / Manila & Pasay
クラブ オアシス(Club Oasis):ハイアット ホテル アンド カジノ マニラ(Hyatt Hotel and Casino Manila)内。11のトリートメントルームを持つマニラ屈指の設備を誇るオリジナリティ溢れるスパで人気。
ラ・スパ(Le Spa):ソフィテルフィリピンプラザマニラ(Sofitel Philippine plaza Manila)内。全てフランス製のプロダクトを使用し、豊富な種類のフェイシャルやマッサージからヨーロッパ式、中国式、指圧、フィリピン伝統ヒロットマッサージなど、各自の体の状態にあったものが選べる。

・マカティ地区 / Makati, Mandaluyong & Pasig
ペニンシュラ・スパ(The Peninsula Spa):ザ・ペニンシュラ・マニラ(The Peninsula Manila)内。「心と身体のバランスを取ることが健康につながる」という考えのもと、フィリピンの伝統的トリートメントをはじめ、フィリピン式マッサージ、スウェーデン式マッサージ、指圧、アロマセラピーなど、多彩なメニューから自分に合った施術が選べる。

・メトロマニラ / Metro Manila
「氣」スパ(Chi Spa):エドサ・シャングリ・ラ・マニラ(Edsa Shangri-La MANILA)内。質の高いエレガンスとパーソナルサービスを追及した様々なアメニティが提供されるスパCHI「氣」。

マニラ市内中心の独特の乗り物について

マニラ市内には東南アジア文化たっぷりの独特な乗り物がある。まず一つ目は「トライシクル・ペディキャブ」である。自転車やオートバイにサイドカーを取り付けた乗り物で、オートバイのものをトライシクル(Tricycle)、自転車ものをペディキャブ(Pedicab)と呼んでいる。どちらもエルミタ、マラテ、イントラムロス、キアポ、パサイなど昔からある街の街角で客引きをしているケースが多く、マカティやオルティガスなど新興商業地区では見かけることはない。料金はいずれも交渉制となっており、日本のタクシーと違いメーター制でなない。
二つ目は、マニラ地区のイントラムロス内やキアポ地区そして観光客の集まる地区などでみかける乗り物が「カレッサ(二輪馬車)」である。トライシクル・ペディキャブと同様に料金は交渉制となっている。例に挙げた二つの乗り物は移動手段としては広範囲に動くことができないので、市内中心をゆっくりと観光するには調度良い。

マニラ以外のフィリピン旅行情報

マニラ以外の、他のフィリピン各地域の旅行情報はこちらから。

※記載している情報は予告なく変更される場合があります。最新情報はご自身でご確認ください。

マニラ旅行
格安航空券を検索する
出発地
目的地
アジア - フィリピン - マニラ
日本出発日(往路)
現地出発日(復路)
★さらに絞込みができます。
航空会社
座席クラス
人数
大人  人   子供  人

10人以上の方はこちらから

検索する

航空券+ホテル・セット割で検索する


上部へ戻る