• 初めての方へ
  • HELP
  • メルマガ
  • サイトマップ
  • ログイン(マイページ)

         


ANA・全日空(All Nippon Airways)


ANA・全日空について

ANA・全日空についての画像

ANA(全日空)は日本の航空会社で、国際線では韓国・台湾などのアジア諸国とロサンゼルス・ニューヨークなどのアメリカ合衆国、ロンドン・パリなどのヨーロッパ諸国の計36都市へ就航している。正式名称は「全日本空輸株式会社」。1952年創業で2レターコードの「NH」は旧社名「日本ヘリコプター輸送」から由来しており、「トリトンブルー」と呼ばれるコーポレートカラーが目印である。
1999年に国際航空連合・スターアライアンスに加盟し、加盟後は世界初となるクラス別のチェックインカウンターを成田空港へ導入し、更にはスターアライアンス加盟航空会社と協力しアメリカ合衆国やドイツなど各国の空港ラウンジを開業するなど、新しいシステムやサービスを取り入れている。
保有機体には自らが率先して航空機の新型機製造計画を立ち上げドリームライナーB787を発注、リージョナルジェット(通称MRJ)と併せてを導入するなど新機材への導入も率先して行っている。
2011年には、世界の主要航空会社40社の中の定時到着率部門で世界1位の座に輝くなど、日本らしい決め細やかなサービスを提供する航空会社である。
2017年2月より、成田-メキシコ線が新規就航しているほか、既存路線においても、2017年10月より成田-ロサンゼルス便が1日3便運航へ増便予定となっているなど、意欲的な路線展開が注目を集めている。

ANA・全日空の基本情報

正式航空会社名

全日本空輸株式会社

英語名

All Nippon Airways

通称

全日空,ANA

2レター

NH

3レター

ANA

日本発着路線

成田-ソウル・北京・上海・バンコク・パリ・ロサンゼルス他、香港他多数就航

ハブ空港

成田・羽田・関西・伊丹・中部・新千歳

ネットワーク

アジア・アメリカ本土を中心に42都市就航

アライアンス

スターアライアンス

所有機材

B787-8 B767-300 B777-200 /-300 など多数所有

リコンファーム

不要(リコンファーム要・不要一覧

オンラインチェックイン

出発24時間前より可能

ANA・全日空の情報

ANA・全日空の機内食やビジネスクラスなど、ANA・全日空の情報はこちら!

ANA・全日空 国際線について

全日空は、1986年3月の成田-グアム線に始まり、国際線の運航は2017年で31年目を迎えるが、1954年には運行を開始していたJALと比較すると国際線就航の歴史は浅い。1986年に成田-ロサンゼルス、ワシントンDC、1987年には、北京、大連、香港、シドニーと着実に路線網を増強した。特に1994年の関西空港開港後は、関西空港から、ヤンゴン、デンパサール、ムンバイ、ホノルル、バンクーバー、ローマ、ブリスベンなどのワールドワイドな路線拡大を行った。同時期には、名古屋からホノルル、福岡からバンコク、上海など地方路線の拡大も行った。ただし、その後の航空不況もあり撤退した路線も多い。1999年のスターアライアンス加盟によって、アライアンス内の各社と共同運航を行い、全日空運航の少ない路線網を補う形ができた。
2010年10月の羽田空港国際化により、国際線を拡充させた。アジア路線では、ソウル(金浦)、台北(松山)、北京、上海(虹橋)、香港、バンコク、シンガポールなど約20都市へ就航。他、成田・羽田発着のホノルル路線や、長距離では、北米路線でロサンゼルス、シアトル、ニューヨークなど、ヨーロッパ路線ではロンドン、パリ、フランクフルトなど主要5都市へ就航している。

ANA・全日空 マイレージ

ANAマイレージクラブ(ANA Mileage Club)というマイレージサービスがあり、世界最大規模の航空会社連合スターアライアンスに加盟している。ユナイテッド航空やシンガポール航空など提携航空会社が多いためマイル加算対象となる路線が豊富である。
貯まったマイルは1000マイルから利用することができ、貯めたマイルは利用した月から数えて36ヵ月後の月末まで有効である。国内線利用時はもちろん、ホテルでの宿泊やレンタカーの利用など、日常生活でマイル加算できる提携先も豊富である。
2003年より電子マネーEdyと提携し、ANAマイレージクラブの会員証にEdyカード機能を追加した「ANAマイレージクラブEdyカード」やEdy機能付きの「ANAカード」を発行し、Edyを使い200円買い物をするごとに1マイルが加算されるサービスを実施している。また、2007年からはJR東日本とも提携を結んでおり、ANAマイルとSuicaポイントの交換等のサービスを行っている。入会金・年会費は無料である

ANA・全日空 機内食

日本の航空会社だけあって、和食はもちろん、洋食の機内食も日本人の口に合うようで評判がよい。エコノミークラスにおいてはFacebookやTwitterを通じて実施する「機内食総選挙」での投票結果をもとに人気上位メニューを中心に構成するなど、「お客様と共に創る機内食」をモットーに、より親しみのある機内食サービスの提供を目指している。一方、ファースト・ビジネスクラス搭乗者に人気があるのが、東京全日空ホテルのソムリエを中心に、ソムリエ資格を持つ客室乗務員などが選定するオリジナル・ワイン・セレクションで、選りすぐりの20種類のワインを楽しむことができ、加えて日本各地の地酒も堪能できる。また、他のアルコール類として、ビールはキリン、サッポロ、アサヒ、サントリーの国内主要メーカーが揃うのも嬉しいところ。
ホノルルを除く欧米路線を対象として、エコノミークラス利用の場合でも、ビジネスクラス用に厳選された日本酒や焼酎を有料にてサービスを受けることが可能である。特別機内食のリクエストは、アレルギー対応ミールは搭乗の96時間前まで、その他の特別機内食はWEBでのリクエストは搭乗の2日前、電話でのリクエストは搭乗の24時間前までリクエストが可能である。

ANA・全日空 機内エンターテイメント

映画・音楽もB777-300ER/200ER等は個人モニターを装備しており、エコノミー・ビジネス・ファーストクラスと全てのクラスで自分の好きな時に楽しめるオンデマンドを提供している。
チャンネル数は160チャンネルと幅広い層に対応したサービスである。更にニューヨーク・フランクフルト・ロンドン線のB777-300ER機に至ってはエコノミークラスで最大の10.6インチのタッチパネルを採用し、大型モニターでのエンターテイメントを提供している。ANAホームページより自分が搭乗する飛行機の機内サービスを搭乗前にチェック出来るページもある。
B737-700、A320、B737-700ERのビジネスクラスにはハードディスクドライブを内臓したポータブルメディアプレーヤー(PMP)の設備があり、ファーストクラスの一部の路線に関してはノイズキャンセリングヘッドホンで映画・音楽を楽しむことができ、機内の嫌な騒音を気にせず過ごすことができる。

ビジネスクラス

ANA(エー・エヌ・エー)のビジネスクラスは、国内線から国際線まで幅広いサービスを設けている。中でもシート(座席)については路線に合わせた独自のスタイルを持っている。長距離国際線のビジネスクラスにおいては、ボーイング777-300ER型機で、2012年2月現在成田⇔ニューヨーク、ロンドン、フランクフルト線などで利用可能な「全席通路側」スタイル、フルフラットシートの「エー・エヌ・エー ビジネス スタッガードシート配列」を搭載している。この配列は、日本の航空会社で初めて採用されたもので、各シートには大型サイドテーブル(読書灯付)や映画、ビデオ、音楽、ゲームなどのデジタルAVOD式エンターテインメントに加え、機内販売品の購入などもタッチパネル式大型液晶ワイドスクリーンで操作可能な機器も搭載している。2012年1月から新規就航と同時に、ボーイング787型機の新造機で羽田⇔フランクフルト線もフルフラットシートの搭載を開始し、2012年3月末までは出発日限定での運航となっているが、4月以降より全日ボーイング787型機の運航となる。

ANAの新規就航・羽田発着路線

2017年2月より、成田-メキシコシティ線が新規就航開始。
また羽田発着路線に関しては、以前から引き続き新規就航路線を拡大している。近場のアジアではハノイ、マニラ、ジャカルタへ、長距離路線ではバンクーバーやロンドン、パリ、ミュンヘンなどへ就航しており、羽田発着の就航都市は既存路線と併せて全21都市となった(2017年8月現在)。既存アジア路線に関しても、ソウル(金浦空港)線は1日3便、他に台北線(松山空港)やバンコク線、シンガポール線など、1日2便以上の路線も多く、ますます利便性が高まっている。

※記載している情報は予告なく変更される場合があります。最新情報はご自身でご確認ください。

ANA・全日空
格安航空券を検索する

出発地
目的地
日本出発日(往路)
現地出発日(復路)
★さらに絞込みができます。
航空会社
ANA・全日空
座席クラス
人数
大人  人   子供  人

10人以上の方はこちらから

検索する

航空券+ホテル・セット割で検索する


        


Copyright © AIRPLUS co.,ltd. エアプラス株式会社

  • オンライン海外旅行サイト
  • イーナ・カスタマーサービス