ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

24時間パッとカンタン、スグ買える ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

         


青島


青島について

青島は、中国東部における重要な経済都市と港湾都市、歴史文化名城と観光景勝地であり、2008年北京五輪のヨット競技場の一ヶ所でもあった。
美しい風光のなかに多くの文化遺産があり、青島の百年にわたる変遷と東西文化の融合が豊富に内包されている。
多元的な都市の歴史文化が豊富で、よく保存されている古風な町並み、西欧風の別荘、ロマンチックな色彩に富む海湾、砂州、海水浴場などは、西欧風な風景区を成している。
代表的な建物としては元ドイツ総督官邸、提督ビル、カトリック教会、キリスト教堂、八大関別荘区がある。
青島ビールは中国で最も有名なビールであり、世界的に知られている。
また近年中国最大の家電メーカーとなったハイアール(海爾集団)も青島を本拠としている。

青島の基本情報

通貨

元(CNY)

人口

845万6,100人(常住人口)、(戸籍人口は計761万5,600人)

言語

漢語(北方語、客家語等)、共通語は漢語標準語

行政区画

7区5県級市:市南区、市北区、四方区、李滄区、ロウ山区、城陽区、黄島区 、膠州市、即墨市、平度市、膠南市、莱西市

面積

10654平方キロメートル(市街地の面積は1,159平方キロメートル)

位置

北緯35度35分から37度09分、東経119度30分から121度00分にあり中華人民共和国山東省の山東半島南端、黄海に面している。

気候

北温帯季節風地帯に位置し、温帯モンスーン気候に属し、同時に著しい海洋性気候の特徴をもち、空気が湿潤で気温がちょうどよく四季がはっきり区別できる。 春は気温の上昇は内陸部より1ヶ月遅く、夏は雨が多く酷暑はない。 秋は空が高く、さわやかで降水が少ない。冬は季節風が強く気温が低いが厳寒ではない。

時差

日本との時差は-1時間。中国の方が遅れている。夏時間はない。

青島の旅行情報

青島旅行の見どころや文化など、旅行情報はこちら!

青島へのアクセス

青島へは、東京・名古屋・大阪・福岡から直行便が就航している。東京は成田国際空港から全日空が毎日運航し、おおよその所要時間は往路:3時間半、復路:2時間50分。成田を午前中に出発するので、お昼過ぎには青島に到着することができる。 名古屋は中部国際空港(セントレア)より中国東方航空が毎日運航し、おおよその所要時間は往路:2時間50分、復路:2時間20分。往路は午前中に青島に到着し、復路は青島を夕方に出発するので、現地滞在時間を長く取ることができる。
大阪は関西国際空港から全日空と中国東方航空が週4便ずつ運航。所要時間は航空会社によって異なるが、往復とも約2~3時間で、フライトスケジュールは、全日空が往路:午前発、復路:午後発、中国東方航空が往路:夕方発、復路:昼発、となっている。福岡からは中国東方航空が週4便で運航しており、おおよその所要時間は往路:2時間20分、復路:1時間45分。
他の地方空港からは、大韓航空の朝発のフライトが就航している札幌、新潟、岡山では、日本国内で乗り継ぐよりも概ね所要時間が少なく、往路はお昼過ぎに青島に到着できる。また、航空券も比較的安価であることが多い。

青島の空の玄関口

青島市内から北へ約32kmの距離にある国際空港。華東地区において上海に次ぐ二番目の空港である。空港から青島市内方面への交通手段は、民航リムジンバス、タクシーがある。民航リムジンバスは民航営業所まで、約1時間であり、料金は、約10元である。タクシーの所要時間は、約45~60分で、料金は、80~100元が目安。無用なトラブルを避けるため、営業証明書とメーターが倒されているか必ず確認しよう。
乗車時に行き先の地名と番地、建物の名前などを漢字で書いたメモを渡すと理解してもらいやすい。

青島の観光スポット

桟橋:青島湾に突き出した長さ440メートルの石の桟橋は青島のシンボルである。八角形の回瀾閣は展望スポットである。
天后宮:天後宮は明代に創造された市内に存在する最古の廟。現在は<青島市民俗博物館>である。
小青島公園:別名「琴島」と呼ばれ、桟橋と並び青島のシンボル的な存在である。もともと海の中の独立する島であったが、いまは陸地とつながっている。
中国海軍博物館:海上軍隊によって創建された。各種武器が展示され、館外では、潜水艇、戦艦などを見ることができる。
迎賓館:典型的なドイツ風の建築物、元提督の官邸であるため「提督楼」と呼ばれていた。
八大関:中国の有名な別荘地として、保養地として、西洋伝統建築の地区として、そしてさまざまな花が咲き乱れる地区として有名な場所である。
湛山寺:1930年代当時、青島を訪れた国民党南京政府や仏学家たちが青島では仏教を振興するため、資金を集めて湛山の南麓に建設した。
青島ビール工場:1903年、ドイツと英国の商人が共同で青島ビール工場を建築し、既に100年以上経過し、現在では中国最古、最大のビール製造メーカーとして世界に知られている。
青島テレビ塔:高さ230m、中国随一の鉄塔だとも称えられ、青島で一番高い観光スポットである。

青島のグルメ

青島は海浜風光が美しいだけでなく、料理がおいしく、特に海鮮料理が有名である。青島料理は海産物(ナマコ、ホタテ貝、アワビ、ホラガイ、クルマエビ、タイなど)を主原料とし、厳選し、調理法がすぐれており、味があっさりし、新鮮で柔らかく、色と造形に工夫が凝らされている。各代表料理には優秀店を発表し、旅行客や食客が安心して食事ができるように“青島十大代表菜”及び“青島十大特色小吃”と制定されている。日本料理店も、本格的なものから、居酒屋、喫茶店(軽食)まで、様々なジャンルのお店がある。

青島のイベント

中国青島海洋祭:毎年7月に行われ、中国唯一の海洋をテーマとした祭りである。海辺の景色が美しく、青島の「中国海洋科学技術産業城」の強みを生かし、現代的祭りの精華を集めている。
青島金沙灘文化観光祭:毎年8月に行われ、1998年から開催され始めて以来、鮮明な個性と豊富な文化的内包によって多くの市民の共鳴と愛顧を受け、現在では国家級開発区の中の有名な文化ブランドとなり、開発区の文化事業を繁栄させている。
青島国際ビール祭:毎年8月中下旬に行われる。大型芸術出演、ファッションショー、海上花火大会、スポーツ競技、国内外ビール生産技術交流シンポジウム、経済貿易相談会などが催され、各ブランドの青島ビールを飲むことができ、毎年大勢の内外観光客で賑わう。
青島バー文化祭:青島市内のいろいろなバーが200余りあり、毎年12月に行われる。開幕式と閉幕式はバラエティにあふれている。
名人カクテルバーパーティー、撮影コンテスト、ワイン調合コンテストなど多彩なイベントがある。

青島以外の中国華東旅行情報

青島以外の、他の中国華東各地域の旅行情報はこちらから。

※記載している情報は予告なく変更される場合があります。最新情報はご自身でご確認ください。

青島旅行
格安航空券を検索する
出発地
目的地
アジア - 中国 - 青島
日本出発日(往路)
現地出発日(復路)
★さらに絞込みができます。
航空会社
座席クラス
人数
大人  人   子供  人

10人以上の方はこちらから

検索する

航空券+ホテル・セット割で検索する


上部へ戻る