ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

24時間パッとカンタン、スグ買える ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

         
       
ena(イーナ)なら安心予約

流亭国際空港

流亭国際空港について

青島流亭国際空港(チンタオりゅうていこくさいくうこう)は中華人民共和国山東省青島市に位置する国際空港。青島市内から北へ約32kmのところにあり、山東航空がハブ空港としている。中国内外を問わず避暑地、保養地としてその名が知られつつある青島。街は「小ベルリン」とも呼ばれるほどのドイツの街並みに似ており、カトリック教会や欧風建物が多く残されている。青島流亭国際空港はその市内中心部から約32kmに位置しており日本からも多くの観光客が訪れている。

流亭国際空港の基本情報

日本語表記

流亭国際空港

英語表記

Qingdao Liuting International Airport

IATA 3レターコード

TAO

ICAO 4レターコード

ZSQD

国・都市

中国・青島

日本からの所要時間

約5時間

日本からの行き方

成田・関西・中部・福岡

年間利用者数

820万人

流亭国際空港のターミナル情報

2007年12月30日から国際線ターミナルの運用が始まった。これまでは、国内線と国際線が1つターミナルに同じであったため、今回国際線ターミナルが新しくでき、とても広い空港になった。また以前は、国際線のチェックイン後は、ロビーに出られなかったのだが、これも改善されたようだ。ただタクシーやエアポートバスに乗る場合は、国内線ターミナルに移動する必要がある。中国銀行は国内線の到着ロビーにあるので、注意すること。 国際線の到着ロビーからは、一度2階に上がって、国内線ターミナルに移動し、また1階に降りる必要がある。国際線及び国内線の到着ロビーに中国銀行のATMがある。青島から日本への直行便:東京(成田空港)へは全日空(ANA)が、大阪(関西国際空港)へは全日空(ANA)、中国東方航空、山東航空が、名古屋(中部空港)と福岡へは中国東方航空が就航している。

中国の入国

飛行機機内で入国手続きに必要な用紙2通、入国カード、検疫申告書(普通機内で配らます。また旅行社よっては日本にてビザ申請時に一緒に準備してくれるところもある。)に記入しておくこと。 入国審査窓口に行き、パスポートと入国カード(入境登記カード)を提出する。審査が終わると、階段(エスカレター)で1階に下り、荷物受け取り場で荷物を受け取ること。

中国の出国

出国:2階の空港内に入ると、下記のチャックインカウンターで、各航空会社で発券と荷物を預ける。次に、検疫と関税検査所を済ませる。(別段、関税が掛からないものにチェックをしていれば問題はない。ただし、旅行者がよく申告漏れをする犯す過ちとして、中国から果物を持ち帰る場合は申告が必要である。)出国手続きを済ませ、手荷物検査を済ませる。出国手続が終わったら、各航空会社が指定する搭乗口(ゲート)の前で待機。(搭乗券にゲート番号が明記してある。)

流亭国際空港の観光スポット

桟橋:桟橋は旧市街地の青島湾に位置している青島の最も有名な観光スポットで、青島市のシンボルと呼ばれている。青島ビールのラベルマークも桟橋の絵を使っていることからも、そのことが伺える。桟橋の建設は1891年から始まり、1931年、当時の国民党政府が再改修して、桟橋の先端に「回潤閣」を建造した。また、1933年には全長440メートル、幅10メートルとなり、現在に至っている。 天后宮:青島市に現在する建築物が最も古い廟。もともとは天妃宮、後に天后宮と名付けられた。

天主教会:青島には多くの西洋建築が点在している。それらは、青島で1番魅力的な存在である。この天主教会もまた、有名な建築の1つとして知られている。1934年に完成させられたこの教会の塔高は60m、塔上には4.5メートルの巨大な十字架があり、青島花崗岩で作られた重厚な建築物となっている。

流亭国際空港へのアクセス

青島市内方面 リムジンバス 1号線が空港から世界貿易センター経由で海天ホテルまで運行している。 所要時間 約60分 ※渋滞などの交通事情によって長くかかることがある。 料金 20元(片道) 運行時間 国内最終便到着時刻まで タクシー 乗り方は日本と同じだが、メーターが倒されているかどうかを必ずご確認すること。また白タクには注意が必要。行き先は口頭で伝えるより漢字で書いたメモを運転手に見せるとわかりやすいだろう。 所要時間 約45~60分 ※渋滞などの交通事情によって長くかかることがある。 料金 約80~100元 運行時間 24時間 ホテル送迎バス ホテルによって運賃、巡回時間などが異なりますので、ご利用になるホテルに確認すること。

中国青島の市内を走るバスのご利用方法

青島の庶民の交通手段といえば市バス。市バスの路線は150を超え、乗り換えさえをすると、ほとんどの青島市内地域を埋めることになる。バスは1元と空調付きバス2元、また、区間によって2元になるバスがある。料金に払う方法は、運転席の横に料金徴収箱にお金を入れる方法と、車掌に払う方法がある。車掌に払う場合、場所を告げなくてはならない場合が多く、区間によって運賃が違う時によく乗り合わせている。その他に、バスカードで支払う場合がある。バスカードで支払う場合、料金徴収箱にバスカードをかざすと、アラームが鳴り料金を支払った事になる。※料金が足り無い場合は、何度もなり料金が無くなった事を知らせてくれる。バスカードは、主なバスの駅で販売している。香港花園のMY KALの東側の販売所が便利です。このカードを購入する場合は、保証金25元が必要で、お金をそのカードに補充しながら使うことになる。保証金は払い戻しが手数料2元で返ってくる。入金は10元から可能だが、殆ど50元を補充する場合が多いとのこと。このカードで支払う場合、20%の割り引きになる。但し、専用路線等は4%。また、ビール祭り時には、ビール城の入場料をこのカードで支払うと割り引きがある。

流亭国際空港の格安航空券一覧

流亭国際空港の格安航空券の一覧です。

※記載している情報は予告なく変更される場合があります。最新情報はご自身でご確認ください。
流亭国際空港
格安航空券を検索する
出発地
目的地
アジア - 中国 - 青島
日本出発日(往路)
現地出発日(復路)
★さらに絞込みができます。
航空会社
座席クラス
人数
大人  人   子供  人

10人以上の方はこちらから

検索する

航空券+ホテル・セット割で検索する

中国の旅行ガイド

中国旅行を楽しむための旅行ガイドはこちら!

中国旅行ガイド
google play APP

上部へ戻る