• 初めての方へ
  • HELP
  • メルマガ
  • サイトマップ
  • ログイン(マイページ)

         


中国国際航空(Air China)


中国国際航空について

中国国際航空についての画像

中国国際航空(エアチャイナ)は、北京首都国際空港を拠点とし、国内と海外合計185都市へのネットワークを有する中国を代表する航空会社の1つである。中国ではかつて国営の中国民航と呼ばれる航空会社が、国内/国際/貨物等の航空事業を独占していたが、1988年に国内の各拠点をベースとする複数の民間航空会社に分割され、現在、中国国際航空(国航)、中国東方航空(東航)、中国南方航空(南航)の3社に集約されている。その中でも中国国際航空は、北京オリンピックの公式パートナーを務め、中国政府や海外の要人に利用される政府特別機の運航を任されるなど、中国のナショナルフラッグキャリアと言うべき存在となっている。旧中国民航系の航空会社としては、もともと国際線に強い航空会社であるが、2002年の中国西南航空との統合で成都を拠点とする内陸部への路線を強化し、また山東航空との提携により、中国全土への路線がさらに増え、国内線の充実が図られた。また、2007年12月12日に世界最大の航空連合・スターアライアンスに加盟したのを始め、現在、世界の主要航空会社20社以上と提携を結ぶなど、さらなるネットワーク拡大が図られている。

中国国際航空の基本情報

正式航空会社名

中国国際航空公司

英語名

Air China

通称

エアチャイナ(中国語:国航)

2レター

CA

3レター

CCA

日本発着路線

成田などの日本8都市9空港から北京・上海など中国6都市へのフライトあり

ハブ空港

北京首都国際空港(メインハブ空港)、成都双流国際空港、上海浦東国際空港、上海虹橋国際空港、広州白雲国際空港

ネットワーク

国内と海外 計185都市

アライアンス

スターアライアンス

所有機材

B747-400,B777-200,B737-800,A330-200,A321-200など322機

リコンファーム

不要(リコンファーム要・不要一覧

オンラインチェックイン

可能

中国国際航空の情報

中国国際航空の機内食やビジネスクラスなど、中国国際航空の情報はこちら!

中国国際航空 マイレージ

中国国際航空のマイレージプログラムは、2007年に改称された「フェニックスマイル(Phoenix Miles)」で、利点としては、スターアライアンスの規模を生かした提携航空会社の豊富さが挙げられる。全日空、ユナイテッド航空、アシアナ航空、シンガポール航空、タイ国際航空、ルフトハンザドイツ航空など、日本でも人気の高いエアラインでマイルの積算が可能なほか、スターアライアンス以外のパートナーでも、キャセイパシフィック航空、チャイナエアライン、ヴァージンアトランティック航空との提携があり、マイルの積算だけでなく、特典航空券への交換の際にも利用価値の高い選択肢が確保されている。また、上級会員ステータスであるエリートメンバーは、スターアライアンス特典も利用できるため、ここでもアライアンス加盟の恩恵を受けることができる。さらに、中国航空業界初のお子様向けプログラム「フェニックスジュニア」のサービスもフェニックスマイルの特徴のひとつと言える。フェニックスマイル・ジュニアカードは、2歳以上12歳未満のお子様に適用可能で、マイレージは大人の50%が積算され、獲得したマイルを使って、航空券との交換やアップグレードのほか、フェニックスマイル・ショッピングシティにて玩具や文房具との交換も可能である。なお、12歳になった時点で自動的にフェニックスマイルに移行となる。

中国国際航空 機内食

中国国際航空の機内食は、中国の航空会社ともあって中華料理をベースにしており、多種多彩なものを取り揃えている。ファーストクラスやビジネスクラスの機内食の中華料理では有名な北京ダックなど高級中華料理を機内で味わうことが可能である。
またメインコースも中華料理または洋食等も選択することが出来る。またランチには、お粥や飲茶などといったものもサービスされる。エコノミークラスの機内食についてはシーフードとビーフから選択することが可能であり、中華ベースの料理となっており、日本人好みに味つけがされていて、日本人でも味わい深い料理となっている。
特別食も用意されており、事前に連絡・予約が必要であるが、ベジタリアンミールやシーフードミール、宗教関係の機内食としてイスラムミールやヒンズーミールなど多種多様に取り揃えられており、どの搭乗者でも利用できるように準備がされているので安心して中国国際航空に搭乗できる。

ビジネスクラス

中国国際航空のビジネスクラスは、シェル型を採用し、各個人のプライベート空間を大切にしている。シートピッチは広く、シートは170度とほぼフルフラットの状態となり、睡眠をする際にはベットで寝ている体勢になることができ、機内にて快適に過ごすことが出来る。他にもインタラクティブ・エンターティメントを充実させていて、オンラインゲームや映画、音楽など多種多様なエンターティメントを楽しむことが出来る。
またビジネスマンでも利用できるようにシートには複数の電源コンセントと折り畳みが出来るワークテーブルが装備されていて、ビジネスマンにも満足できるシートとなっている。食事については豪華な中華料理のコースを用意されていて、北京ダックなどの高級料理を楽しむことが出来る。
中国国際航空では、もちろん洋風コースも準備されているので中華料理があまり好みではない搭乗者でもビーフなどのコース料理を楽しむことが出来る。

サービス

中国国際航空は、「安心」「満足」「快適」「感動」の4つをサービスのモットーとし、中国の航空会社として初めてマイレージプログラムを取り入れたほか、中長距離路線でのプレミアムサービス、フルフラットシートの導入など、他社に先駆けて価値あるサービスの提供を行なってきた。スターアライアンスへの加盟によるネットワークの拡大および利便性のアップ、世界トップクラスのパイロット訓練センターや運航管理センターに代表される安全運航への高い意識など、あらゆる面でのサービス向上に努めている。また、最近では、国内線のエアバスA330-300型機に、ゆとりあるスペースと充実したエンターテイメントメニューが楽しめる「スーパーエコノミークラス」の導入が始まり、今後さらに搭載機材が増える予定となっている。なお、中国国際航空のシンボルマークは、古代中国の伝説上の鳥・フェニックス(鳳凰)のモチーフに、VIPの文字を掛け合わせたデザインとなっており、ここにも価値あるサービスを提供しようという中国国際航空の企業文化が見てとれる。ちなみに、機体に書かれた「中国国際航空公司」の文字は、鄧小平氏の筆によるものである。

日本路線

1973年に旧中国民航が東京国際空港(羽田)に初めての飛行をして以来、今日まで中国国際航空では多くの日本路線を運航している。現在、中国国際航空が自社の機材で運航する日本-中国間の直行便路線は、成田-北京・上海(浦東)・大連、羽田-北京線、関西-北京・上海(浦東)・大連線、中部-北京・上海(浦東)線、福岡-上海(浦東)・大連線、新千歳-北京・大連線、沖縄-北京線、広島-大連線となっており、日本7都市8空港と中国4都市4空港を結んでいる。さらに、全日空との共同運航便での、瀋陽・青島・杭州・アモイ・広州・成都へのフライトや、全日空・上海航空との共同運航便での羽田-上海(虹橋)線、山東航空との共同運航便での関西-済南線などのフライトもある(いずれも2015年夏期スケジュール)。ちなみに、成都・重慶・深センおよび一部北京へのフライトは、直行便ではなく経由便となり、経由地にて一度飛行機を降りて出入国審査を受ける必要があるが、係員の誘導があるため、気をつけていれば迷うことはない。また、国際線の就航が少ない日本の地方空港から出発する際は、中国国際航空の中国以遠のネットワークを利用したアジア・中東・ヨーロッパ・オーストラリア・北米・ブラジルへのフライトも利用価値が高い。ヨーロッパ行きは、多くのアジア系航空会社のような南回りのルートではなく、ロシア上空を通過する北回りルートとなるため、北京・上海-ヨーロッパ間の飛行時間は比較的短い。

北京首都国際空港

中国国際航空が拠点とする北京首都国際空港は、1958年に開港した空港で、北京市中心部の天安門広場から25.35kmの北東に位置する。1999年に日本のODA(政府開発援助)を受けて大改造が行われ、第2ターミナルを建設、さらに、北京オリンピックに向けて大規模な整備・拡張が進められ、2008年に第3ターミナルがオープンした。現在、北京首都国際空港には、24時間体制で運行される無料シャトルバスで結ばれた3つのターミナルと、3本の滑走路、2つの管制塔が備えられ、発展著しい中国の首都・北京の玄関口としてふさわしい空港へと発展を遂げている。また、フランスのパリ空港公団(ADP)が株式の一部を保有し、顧問となっているほか、第3ターミナルの設計をイギリス人建築家のノーマン・フォスター氏が行うなど、国際的な視点を取り入れた整備計画が進められ、航空業界において国際的に権威のあるイギリスの調査会社・スカイトラックス(SKYTRAX)が実施した2010年のワールド・エアポート・アワードでは、前年の17位から大きく順位を上げ、世界8位にランクされた。中国国際航空のフライトが発着する第3ターミナルは、単独としては世界最大の広さを持ち、コンコースの長さは3キロにもおよぶが、APM(Automated People Mover)と呼ばれる無人シャトルによって各拠点が結ばれており、スムーズな動線を確保している。市内から空港へのアクセスは、以前からの定番であるタクシー、値段が安価な空港バスのほか、料金も手頃で空港への所要時間が明確なため使いやすい地下鉄が北京オリンピックを前に新たに開通し、大きく改善された。

※記載している情報は予告なく変更される場合があります。最新情報はご自身でご確認ください。

中国国際航空
格安航空券を検索する

出発地
目的地
日本出発日(往路)
現地出発日(復路)
★さらに絞込みができます。
航空会社
中国国際航空
座席クラス
人数
大人  人   子供  人

10人以上の方はこちらから

検索する

航空券+ホテル・セット割で検索する


        


Copyright © AIRPLUS co.,ltd. エアプラス株式会社

  • オンライン海外旅行サイト
  • イーナ・カスタマーサービス