ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

24時間パッとカンタン、スグ買える ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

         
       


インディラ・ガンジー国際空港


インディラ・ガンジー国際空港について

インディラ・ガンディー国際空港(Indira Gandhi International Airport)は、インド共和国の首都デリーにある国際空港である。デリー市中心部から南西に約19kmの距離に位置している。
名称の由来は、元主相であるインディラ・ガンディーからきている。旧名は、パーラム国際空港。
2010年7月3日に新ターミナルビル(第3ターミナル)が開港され、世界第6位の規模に発展した。それに伴い、日本航空(JAL)は同月30日に利用ターミナルビルをターミナル2からターミナル3に移行することとなった。ターミナル3は国内線と国際線の両方の運航を行っている。ターミナル3開港にあたり、現在ターミナル2は運航休止中。ターミナル1は国内線を取り扱っている。
2010年11月にインドでもっとも優れた空港として選ばれ、ますます注目を浴びている。

インディラ・ガンジー国際空港の基本情報

日本語表記

インディラ・ガンジー国際空港

英語表記

Indira Gandhi International Airport

IATA 3レターコード

DEL

ICAO 4レターコード

VIDP

国・都市

インド・デリー

日本からの所要時間

8時間半

日本からの行き方

成田・関空・中部から直行便が就航

年間利用者数

2300万人(2007年)

インドの入国

インディラ・ガンディー国際空港到着後、入国審査へと進む。インドに入国する際には、ビザが必要である(ビザ申請時にパスポートが6ヶ月以上有効であること)。入国審査官にパスポートと入出国カードを渡し、審査後パスポートと入国カードの半券(税関申告書)は返却される。次にターンテーブルに向かい荷物受取りを行う。

次に税関審査に向かう。申告するものがあれば赤い通路を通り、なければ緑色の通路を通り、入国審査で返却された入国カードの半券(税関申告書)を提出する。なお課税品がない場合でも、税関申告書の記入は必須である。日本からの入国の場合は通常検疫検査は行われないが、汚染地域から、または汚染地域を経由してきた場合は黄熱病の予防接種が必要となる。

インドの出国

インディラ・ガンディー国際空港到着後、利用する航空会社ごとに搭乗手続きを行い搭乗券を受け取る。その後、出国審査に向かう。出国審査では、審査官にパスポートと出国カードと搭乗券を提示する。この際に、税関で申請するものがある場合は審査官に申し出る必要がある。

次に、税関に行き検査を受ける。入国時に税関申告・通過申告を行った場合は、申告書とパスポートを提示する。骨董品、美術品、動物の皮や革製品は持ち出しすることができないため注意が必要である。

税関を終えた後、最後に保安検査を受ける必要がある。出発ゲート待合室入り口にて、X線による身体及び手荷物の検査が行われる。問題がなかった場合はX線終了後、手荷物タグにスタンプが押される。このスタンプがない場合、搭乗口にて再び検査を行う必要が出てくるので注意が必要だ。待合室の免税店で購入した物に関しては、スタンプを押されることはないが領収書の提示が必要である。この検査を終え、ようやく出国完了となる。

インディラ・ガンジー国際空港の最低乗り継ぎ時間(MCT)

エアインディア(AI)
国内線 » 国際線:1時間~3時間
国際線 » 国内線:1時間~2時間30分
国際線 » 国際線:1時間~3時間

2013年10月現在
注意:時間帯・便名により異なりますのであくまでも参考値とお考え下さい。詳しくは、当社コールンセンターもしくは、航空会社にお尋ね下さい。

インディラ・ガンジー国際空港のラウンジ

インディラ・ガンディー国際空港には、エアポートホテルは完備されていないが、それに代わる新しい特質を空港ラウンジに加えた。それは「SAMS SNOOZE AT MY SPACE」と呼ばれる料金制ラウンジの睡眠用ポッドで、個人の快適なポッド(部屋)を利用することができる。これはホテルとしてやフライトの待ち時間が余っている時、仮眠の際にも使え、最高水準のベッドやWi-Fi、電気プラグ、TV、DVDプレーヤーなども完備されている。

また「SAMS SNOOZE AT MY SPACE」はセキュリティーの完備されたターミナル3の出発ラウンジにあるため安心である。早朝に空港を出発する場合や夜遅くに到着した際にも大変便利で、1時間単位で使用することができ、観光客ならだれでも利用することのできる画期的なサービスである。

インディラ・ガンジー国際空港へのアクセス

鉄道

デリーメトロは、デリー市内でのも新しい交通手段であり、現在も拡大中である。デリー市内の交通網で最も速い交通手段である。また、公共輸送機関としても活躍していて、ニューデリーの生命線ともなってきている。2010年内にデリー全体をメトロでアクセスできるように計画されており、インディラ・ガンディー空港も路線のうちに組み込まれている。完成すれば非常に便利な交通機関である。  [シャトルバス] 24時間営業で、20分毎に運航している。コンノート・プレイスまで約1時間で到着する。

バス

780番のバスに乗り、国内線空港を経由しコンノート・プレイスに向かう。所要時間は約1時間かかる。

タクシー

プリペイト・タクシーは、空港のカウンターにて申込をする必要がある。ナンバーの指定されたタクシーに乗車するシステムとなっている。申込んだの際に渡されたチケットに記載されている車両番号と同じタクシーを見つけ乗車する。荷物1個につきチャージ料がかかる。コンノート・プレイスまで所要時間は約40分かかる。

ハイヤー

インド開発観光公団とデリー観光開発公社のカウンターで申し込む。コンノート・プレイスまで所要時間は約40分かかる。

マッサージ・スパ

インディラ・ガンディー国際空港には、マッサージ・スパが3か所設置されている。

Ishanaは、目的に合わせたサービスを通じてインドの文化を披露している。サービス内容には、スパ・ヨガ・瞑想・占星術などがあり、また食べ物や飲み物も今まで食べたことのないようなインドのものを提供している。場所は第3ターミナルの出発側にある。

第1ターミナルにある 02 Spa は、来客者にリラックスしてもらうことを目的とし、楽しみながら、体が回復する手助けと若返りを与えようと努力している。インドの成分とタイ式の融合によるスパである。場所は第1ターミナルにある。

02 Spa(第3ターミナル)は、インドの成分とタイ式の融合によるスパ。旅行に出発する前にリラックスと回復を与える。場所は第3ターミナル(国内線)にある。

ビザ(査証)

インドに入国するにはビザが必要となっている。ビザ申請窓口は、近畿より東の地域と沖縄県在住者はジャパン・オーバーシーズ・コーポレーションで。近畿より西の地域在住者はインド総領事館で申請することになる。

ビザ発行の際には、有効残存期間6ヶ月以上のパスポート、6ヶ月以内に撮影したパスポートサイズの証明写真が1枚、申請費用1935円、ビザ申請書が必要となる。ジャパン・オーバーシーズ・コーポレーションで申請した場合の受領期間は、午前中に申請した場合は翌営業日から1週間以内。午後に申請した場合、翌々営業日から1週間以内となている。インド総領事館で申請した場合は、翌日となっている。

また、他の国を経由してインドに入国する場合は、その国にあるインド大使館で取得することも可能である。しかし国によってルールなどが違うため、事前に日本で取得していくことをお勧めする。

インディラ・ガンジー国際空港のお役立ちリンク集

※記載している情報は予告なく変更される場合があります。最新情報はご自身でご確認ください。

インディラ・ガンジー国際空港
格安航空券を検索する
出発地
目的地
アジア - インド - デリー
日本出発日(往路)
現地出発日(復路)
★さらに絞込みができます。
航空会社
座席クラス
人数
大人  人   子供  人

10人以上の方はこちらから

検索する

航空券+ホテル・セット割で検索する


上部へ戻る