ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

24時間パッとカンタン、スグ買える ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

         
       


ケアンズ国際空港


ケアンズ国際空港について

ケアンズ国際空港(Cairns International Airport)は、1984年に開港した市内から北西約8kmと市内から近い場所にある国際空港であり、市内へは車で約10分ととても近く、渋滞など一切ないため空港へのアクセスも快適である。
また、クイーンズランド州の北、グレート・バリア・リーフの玄関口でもあり、オーストラリア各地と結ぶハブ空港だ。
ケアンズ空港への乗り入れは、カンタス航空、ジェットスターが日本から直行便を飛ばしている。
そのほか、キャセイパシフィック航空、ニューギニア航空、エアニュージーランド航空、コンチネンタルミクロネシア航空などがある。
色鮮やかな熱帯植物が植えられており、コロニアル調の建物がトロピカルな雰囲気を醸し出しているので、自然あふれる夢大陸の到着を実感できる。小さい空港ではあるが、オーストラリア国内の地方空港としては最大、空港全体では5番目の規模とされている。開港から2020年までには利用者が590万人達する見込みとされている。

ケアンズ国際空港の基本情報

日本語表記

ケアンズ国際空港

英語表記

Cairns International Airport

IATA 3レターコード

CNS

ICAO 4レターコード

YBCS

国・都市

オーストラリア・ケアンズ

日本からの所要時間

約7時間~7時間半

日本からの行き方

成田・関空から直行便が就航

年間利用者数

360万人

ケアンズ国際空港のターミナル情報

国内線ターミナルと国際線のターミナルは隣接しており、両ターミナルは屋根の付いた連絡通路で繋がっている。国際線の旅客ターミナルは1階が到着ロビー、2階が出発ロビーとなっている。こじんまりとシンプルな造りになっているので初めての利用者でもわかりやすい。

1階到着ロビーにタッチパネルがあり、情報収集に利用できる。市内や近郊の観光スポットやショップなどのパンフレットも用意されており、宿泊の予約もタッチパネルでできる。

オーストラリアの入国

飛行機を降りたら、入国審査のカウンターへ。入国審査では、パスポートのほかに記入した入国カードが必要となるので、機内で記入しておく。入国審査官から滞在日数や目的など質問される。通過後、日本出発時に預けた荷物をターンテーブルより受け取る。荷物が出てこないときは、荷物引換証を持って遺失物相談所(BAGGAGE ENQUIRY)に申し出る。税関ではパスポートと入国審査で提出、押印された入国カードを税関で提出。食品、動物、植物製品など申告が必要なものを持ち込む際には申告が必要となるので、入国カード表面右側の欄に記入しておく。荷物はX線検査にかけるが、稀に荷物チェックが行われることもある。全ての手続きが済んだら到着ロビーへ。入国・出国カードは署名以外は、いずれも大文字のローマ字で記入。

到着→入国審査→手荷物受け取り→税関→出口

オーストラリアの出国

自分の利用する航空会社のカウンターへ行き、航空券を搭乗券に替えて荷物を預ける。その後、パスポートと出国カード、搭乗券を提示し、進む。手荷物検査を通過し、搭乗券に書かれた搭乗口へ進む。搭乗口には30分前までには着くことをすすめる。航空会社によっては、事前に航空券のリコンファーム(再確認)が必要な場合があるので確認しておく。

チェックイン→出国審査→手荷物検査→搭乗口から機内へ

ケアンズ国際空港の国内線・国際線の乗り継ぎ方法

国際線と国内線ターミナルは隣接しており、両ターミナルは屋根付きの連絡通路で結ばれている。ターミナル間は約300mで、徒歩5分の距離。エアポート・シャトル・バスのオーストラリア・コーチ(Australia Coach)も2ドルで利用できる。

国際線から国内線への乗り継ぎは、最短でも1時間かかるので、乗り継ぎ便は余裕をもったスケジュールを組むことをすすめる。国内線乗り継ぎカウンターは入国審査、税関を通過し、出たすぐ左手にある。日本出発時にケアンズからの国内線分のチェックインも済んでいる場合は直接手荷物検査場へ進むことができる。

ケアンズ国際空港の施設

・カスタマーサービス
到着し、税関を出て右へ進むとトイレがあり、その先にカウンターがある。

・タクシー乗り場・バス乗り場
税関を出て正面の出口から外へ出たところにある。

・タクシー・シャトルバスの受付所
税関を出て、右向かい、レンタカー会社カウンターの手前にある。

・レンタカー会社カウンター
到着し、税関を出て、右向かいにある。【銀行・両替所】到着ロビー出口の左側にある。

・レストラン・ショップ
2階の出発ロビーにて、出国審査、手荷物検査通貨後、免税店、ギフトショップがあり、オーストラリアの名産品や各種免税品が揃う。免税店の横にはレストランがある。

・公衆電話
1階到着ロビーエスカレター両脇、2階出発ロビーは出国審査、手荷物検査通過後にある。

・喫煙所
出国審査、手荷物検査通過し右手へ行くと2番ゲート付近に「スモーカーズバルコニー」という喫煙所がある。

・ラウンジ
2階出発ロビー出国審査、手荷物検査通過し右手にカンタス航空のラウンジ、カンタスクラブがある。

ケアンズ国際空港の観光スポット

【ジャプカイ・アボリジナル文化パーク】
ケアンズ近郊に住んでいた先住民族アボリジニをジャプカイと呼ぶ。そのジャプカイの4万年に渡る歴史や文化、風習に触れられるテーマパーク。ブーメラン投げを体験できたり、ジャプカイバイナイトとしてディナーショーを見ながらビュッフェ形式のディナーを楽しむことができる。体中にペイントを施したジャプカイが踊るダンスと歌はは迫力満点なので必見である。館内には日本語の案内もある。入場料は29ドル。

【フレッカー植物園(Flecker Botanic Gardens)】
熱帯雨林の植物にあふれる植物園で鳥もたくさん飛び交う。敷地内には遊歩道やバーベキューエリアがあるほか、とても雰囲気の良い「ボタニックガーデンズカフェ」のマンゴースムージーと、ベルギーワッフルがおススメ。散策の際には虫除けスプレーがあったほうが良い。それほど街の喧騒を忘れさせてくれる癒しの空間である。

ケアンズ国際空港へのアクセス

バス

オーストラリア・コーチ、ケアンズ・シティ・エアサポーターは、市内のホテルならどこでも停車してくれるシャトルバス。国際線、国内線の両ターミナルからフライトに合わせて運行している。到着ロビー出口横にあるカウンターでチケットを購入して乗車できる。市内までの所要時間は約20分、料金は8ドル。帰国や国内移動に利用する場合は予約が必要だが、主要ホテル以外のモーテルやバックパッカー向けの宿泊施設からも利用できる。

コーラル・リーフ・コーチズは、ケアンズ市内から北へ走るバスで、空港からトリニティー・ビーチやパーム・コーブ、ポート・ダグラス、モスマン、ケープ・トリビューション方面へ運行している。空港から直接モスマン方面へ移動したい人には便利。空港からポート・ダグラスまでは片道大人32ドル、子供14ドル。所要時間は約1時間20分。

タクシー

到着ロビーを出てすぐの前の道を渡ったところに、タクシー乗り場がある。到着ロビーにある呼び出し電話を利用し、呼んだほうが良い。ワゴン車のタクシーは相乗り乗車ができる。市内までの料金は約20ドルなので、3人以上ならタクシーのほうが得になる。流しのタクシーが少ないので市内でも呼び出したほうが良い。

ビザ(査証)

オーストラリアに入国する場合、ビザ(査証)かETASが必ず必要になるので事前の申請をしておく必要がある。オーストラリアに3ヶ月以内の観光やビジネス目的で渡航する場合の電子渡航許可システム。ETASの適用者は、日本国籍などETAS対象の国籍保持者、対象の航空会社を利用していることが必要条件。対象外の場合はビザが必要となる。申請は、株式会社テレキュートETASセンターでの申請か、旅行会社を通しての申請方法がある。センターの場合、インターネットでは1260円、来店では1365円。旅行会社経由の場合は別途各旅行会社の代行料金が発生する。詳細はオーストラリア大使館ホームページにて。ビザの場合は大使館に申請する。

ケアンズ国際空港のお役立ちリンク集

※記載している情報は予告なく変更される場合があります。最新情報はご自身でご確認ください。

ケアンズ国際空港
格安航空券を検索する
出発地
目的地
オセアニア・南太平洋 - オーストラリア - ケアンズ
日本出発日(往路)
現地出発日(復路)
★さらに絞込みができます。
航空会社
座席クラス
人数
大人  人   子供  人

10人以上の方はこちらから

検索する

航空券+ホテル・セット割で検索する

オーストラリアの旅行ガイド

オーストラリア旅行を楽しむための旅行ガイドはこちら!

オーストラリア旅行ガイド

上部へ戻る