ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

24時間パッとカンタン、スグ買える ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

         


トロント


カナダ「ETA」について

トロントについて

カナダ最大の都市で、オンタリオ州の州都である。
様々な民族が生活し、多民族文化を持ち合わせるトロント(Toronto)は、「人種のモザイク」と呼ばれる街である。
中華街、イタリア街、ギリシャ街、インド街、韓国街やユダヤ系マーケットなどがある。
国連選出の「最も住みやすい街」に選ばれ、安全でクリーン、緑が溢れフレンドリーな人々で有名である。
オンタリオ湖畔に広がるダウンタウンを中心に、観光スポットやエンターテイメント、ショッピングエリアやグルメまで、都市ならではの幅の広い楽しみ方が可能である。
トロントでは、6月のジャズフェスティバルをはじめ、7月に開かれるカーレース、グランプリ・オブ・トロント、カリビアンのお祭りトロント・カリビアン・フェスティバル、そして9月のトロント国際映画祭など注目のイベントも頻繁に開催されている。

トロントの基本情報

通貨

カナダドル

人口

約250万人(2006年現在)

言語

英語,フランス語

民族

白人、南アジア系、中国系と黒人など

面積

約630平方キロメートル

位置

五大湖の一つ、オンタリオ湖の北西に位置する。

気候

カナダでも南に位置しているため気候はマイルド。夏は暑く、意外に湿度があり、気温は16度から27度の間と考えて良いが、時折30度を越す。四季がはっきりしている。

時差

日本との時差はマイナス14時間。サマータイム期間中はマイナス13時間。

トロントの旅行情報

トロント旅行の見どころや文化など、旅行情報はこちら!

トロントへのアクセス

日本からトロント・ピアソン国際空港まで、直行便だとエア・カナダが成田国際空港から運航している。所要フライト時間は約12時間である。エア・カナダの航空券の券種は、正規割引運賃(PEX)のほうが、格安航空券よりも購入する割合が多い。その他は経由便となり、同じくエア・カナダ利用でバンクーバー経由でトロント・ピアソン国際空港へ入る場合、基本的に入国審査はバンクーバーで行われる。荷物もバンクーバーで受取税関を通過した後、再度預けることになる。但し当日の空港の混雑状況等のコンディションにより、変更になる場合があるので、出発時に確認された方が良い。その他アメリカ経由便のデルタ航空、ユナイテッド航空などアメリカ系航空会社も荷物に関しては同様で当日の空港のコンディション次第で予告なく変更となることもあるので、事前に確認されることをお勧めする。

トロントの空の玄関口

カナダ国内で最大の国際空港である。
空港からトロント市内方面への交通手段は、Airport Expressを利用するのが一番便利である。
Airport Expressは、20~30分間隔で市内中心部のホテルを巡回運行されている。
荷物が少ないなら、空港から市バス192番でKipling駅まで行き、地下鉄で市内に行く方法もある。
他には、タクシーやリムジン(大型タクシー)も多く走っている。

トロントの観光スポット

CNタワー(CN Tower):トロントを象徴する高さ553.33mのタワー。346m、447mの位置にそれぞれ展望台があり、トロントの全景を見渡すことができる。
オンタリオ美術館(Art Gallery of Ontario):新旧のあらゆる美術作品数千点を展示する大規模な美術館。なかでも、ヘンリー・ムーアの彫刻コレクションは世界最大といわれる。
ロイヤルオンタリオ博物館(Royal Ontario Museum):カナダ最大の博物館で、中国をはじめとする世界中の美術品を所蔵。
古代エジプトのミイラや棺などの考古学遺産、恐竜や動植物など自然科学分野の展示物が充実している。
ロジャース・センター(Rogers Centre):世界初の開閉式ドームで、CNタワーとともにトロントの個性的なランドマークとなっている。旧名はスカイドーム。
トロント・アンティーク・センター(Toronto Antique Centre):小さなアンティーク・ショップ100店舗がぎっしりと並ぶ。
5~10月の日曜の午前中には80店舗が軒を連ねる屋外マーケットも開催される。
市庁舎(City Hall): 1965年に建築された、湾曲した2つのビルからなる近未来的な建物で、別名「カキの殻」と呼ばれる。
カサ・ロマ(Casa Loma):高い天井、重厚な木の彫刻、高価な大理石と輝くステンドグラスに飾られた、トロント市内にある威風堂々としたお城です。
ヨーク砦(Fort York):19世紀初頭にトロントの街を守るために築かれた砦で、1812年の米国侵攻の際には戦場となった場所である。
トロント動物園(Toronto Zoo): 287haもの広さを誇る敷地内で、460 種を超える5,000 頭以上の動物を飼育されている
オンタリオプレイス(Ontario Place):オンタリオ湖に飛び出した人工島に造られた広大なエンターテイメント・パークで、ピクニックサイト、野外コンサートホール、遊園地などが集まる。
ザ・ドックス(The Docks):オンタリオ湖畔に登場した大人向きのエンターテイメントエリア。レストランや巨大なナイトクラブ、広大な屋外スペースではビーチバレーやミニゴルフ、ロッククライミングなど15種類以上のスポーツやアトラクションが楽しめる。

ナイアガラの滝

ナイアガラへは、トロントからオンタリオ湖畔にそって車で約1時間半である。
ナイアガラの滝(Niagara Falls)には、馬蹄形に湾曲したカナダ滝と、まっすぐに落ちるアメリカ滝のふたつがある。
幅675m、落差が52mもあるカナダ滝の迫力は圧倒的。滝を目の前で眺められる展望台テーブルロックの上に立つと、その轟音で話し声もかき消されるほどである。 滝の楽しみ方は様々ですが、遊覧船「霧の乙女号」で滝坪に迫ったり、滝を真横や裏側から眺められるトンネル「ジャーニー・ビハインド・ザ・フォールズ」を体験したり、「ワールプール・エアロ・カー」で渦巻きができるナイアガラ川の湾曲地点の上をケーブルカーでゆらゆら渡ったり、滝の近くに建つスカイロンタワーの展望台に登ったり、ヘリコプターでの遊覧飛行したりして、滝を上から眺めるのも感動的である。
滝周辺には様々なアトラクションも揃っているのでお見逃しなく。

トロントのエンターテイメント

トロントはニューヨーク、ロンドンに次ぐエンターテイメントのメッカである。
市内にある大小40以上の劇場では、ブロードウェイのヒットミュージカルをはじめ、オリジナルミュージカル、バレエ、コンサートなど様々なショーが連夜繰り広げられている。
・ミュージカル:ロイヤルアレキサンドラ・シアター(Royal Alexandra Theatre)、キャノン・シアター(Canon Theatre)、プリンセスオブウェールズ・シアター(Princess of Wales Theatre)などで上演されている。
・オリジナルショー:各種ディナーショーやラスベガススタイルの華やかなエンターテイメントショーまで、個性豊かなショーが楽しめる劇場もそろっている。 ロックンロール・ヘブン・アット・ラ・カージ・ディナー・シアター(Rock'n Roll Heaven at La Cage Dinner Theatre)では、50's、60's、70'sのロックやポップススターのそっくりさんショーが人気。誰でも気軽に楽しめる。
フェイマスピープル・プレイヤーズ(Famous People Players)では、音楽に合わせてキャラクターたちが宙を舞い踊るミステリアスなディナーショー。 メディーバルタイムズ・ディナー&トーナメント(Medieval Times Dinner & Tournament)では、1400人収容可能な会場で、実際の騎馬トーナメントを観覧しながら中世風の食事を楽しむ。

※記載している情報は予告なく変更される場合があります。最新情報はご自身でご確認ください。

トロント旅行
格安航空券を検索する
出発地
目的地
北米 - カナダ - トロント
日本出発日(往路)
現地出発日(復路)
★さらに絞込みができます。
航空会社
座席クラス
人数
大人  人   子供  人

10人以上の方はこちらから

検索する

航空券+ホテル・セット割で検索する


上部へ戻る