ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

24時間パッとカンタン、スグ買える ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

         


パラグアイ


パラグアイについて

パラグアイ(パラグアイ共和国)は、南米中心部に位置する共和制国家である。内陸国であり、国境をブラジル、ボリビア、アルゼンチンと接している。首都は最大都市でもあるアスンシオン。
国名の由来でもあるパラグアイ川が国土の中心を南北に流れ、東西ふたつの異なる自然の特徴を持つ地域に分かれている。豊かな自然が残る西部のチャコ地方には、手付かずの平原が広がり国立公園や自然保護地も多く、多様な野生動物が生息している。
パラグアイの魅力のひとつは、穏やかでのどかな空気と、人懐こくて素朴な現地の人々。また、日本人移住地があり、南米有数の親日国といえる。

パラグアイ旅行の人気エリア

アスンシオン旅行

州にも属さない特別区。パラグアイ川の東岸に位置する。

パラグアイの基本情報

正式名称

パラグアイ共和国 (Republic of Paraguay)

首都

アスンシオン *人口約51万2千人(2005年)

通貨

グアラニー(PYG)

人口

約634万9千人(2008年)

言語

公用語はスペイン語とグアラニー語

宗教

ローマカトリックが国民の90%を占める。その他、メノニータやモルモン教など。

民族

グアラニー族とスペイン人との混血(メスティーソ)が国民の90%以上を占める。その他白人やグアラニー族。

面積

約40万6千平方キロメートル

位置

南緯19度18分~27度31分、西経59度19分~62度38分の間、南米中心部に位置する

気候

パラグアイの気候は亜熱帯性に属する。平均気温は夏は25度、冬は18度。最高気温は夏は38度、冬は28度である。旅行のベストシーズンは5月~8月で、この時期は雨が少なく暑さが和らぎ過ごしやすい。

時差

日本との時差はマイナス13時間。サマータイム期間(年によって異なる)はマイナス12時間。

パラグアイ旅行の格安航空券

パラグアイ旅行への航空券はこちらをおすすめ!

パラグアイの旅行情報

パラグアイ旅行の見どころや文化など、旅行情報はこちら!

パラグアイの空の玄関口

パラグアイの空の玄関口は、首都アスンシオンの中心部から約20キロメートルのルケに位置するシルビ ・ペティロッシ国際空港(アスンシオン国際空港)である。日本からの直行便は無く、北米(ニューヨークやロサンゼルス)を経由し、さらにアルゼンチンやブラジルの主要都市(ブエノスアイレスやサンパウロ)などで乗り継いで行くのが一般的である。所要時間は乗り継ぎも含めておよそ30時間。ヨーロッパやメキシコ経由の行き方もある。

空港からアスンシオン市内までの移動はタクシーを利用して所要時間約30分、料金は約20ドルである。路線バスを利用する方法もあるが、空港ターミナルからバス停までやや離れていることと、リムジンバスのような旅行者向けのものではないため、タクシーでの移動が一般的である。

パラグアイの世界遺産

パラグアイには世界遺産(文化遺産)が1件存在する。ラ・サンティシマ・トリニダー・デ・パラナとヘスース・デ・タバランゲのイエズス会伝道所群は、首都アスンシオンの南東のエンカルナシオン近くに位置している。南米大陸各地に17世紀から18世紀に建築された、先住民にキリスト教を布教するための小規模集落群の一環。現在残る3つの遺跡のうちの2つが登録対象である。中でも、赤レンガ造りで美しく保存状態も良い「ラ・サンティシマ・トリニダー・デ・パラナ」は、国内の観光スポットにおける最も身近な史跡である。1993年に登録された。

パラグアイのグルメ

パラグアイの料理は、先住民グアラニー族の食文化と、かつて統治されていたスペインの影響を受けているのが特徴である。また、この国の主産物は肉や牛乳、チーズ、とうもろこしなどであり、代表的な料理にはボリ・ボリ(とうもろこしの粉でできたすいとんをチキンスープに入れたもの)、ソージョ(ひき肉と野菜などのスープ)、ギーソ(トマト味の雑炊)、ソパ・パラグアージャ(料理名はパラグアイ風スープを意味するが実はコーンケーキ)などがあり、また、アサード(バーベキュー料理)などアルゼンチンやブラジルと共通したものもある。

マテ茶をよく飲む習慣があり、中でもテレレ(冷水でいれるマテ茶)はこの国ならではの飲み方で名産品となっている。パラグアイにはこれら郷土料理の他にも、日本人移住地があるため日本料理店もあり、また、イタリア、中国、韓国、スペイン、ドイツ、ペルー、ブラジル、ポルトガルなど世界各国の料理を楽ことができる。

パラグアイの歴史

この地には先コロンブス期にグアラニー族や狩猟民族の存在があったとされている。1537年、スペインが植民地化すると、この植民地社会と、イエズス会士によるグアラニー族へのカトリック布教村落との二重社会が成り立ち、現在のパラグアイ共和国の前の形といえる領域的な一体感が、スペインによる統治の下で形成された。高度な文化をグアラニー族が発展させたイエズス会の布教村落は1767年に起きたイエズス会追放により衰退し、その後1811年に他のイスパノアメリカ諸国に先駆けてパラグアイは独立を果たした。

独立後、国家は南米で最も産業化が進んだものとなったが、1864年~1870年に起きた三国同盟戦争により大幅な国土と半数以上の国民を失い、その基盤は完全に崩れた。その後、停滞した社会のまま20世紀を迎えチャコ戦争、内戦を経て、1954年に起きた軍部のクーデターによって、アルフレド・ストロエスネルによるラテンアメリカでも稀に見る独裁政権が樹立し、その後35年にも及んだ。しかし、1989年にロドリゲス将軍によってクーデターが勃発し独裁政権は崩壊、同年5月ロドリゲス将軍は大統領選挙で勝利し、1993年まで政権を担当し民主化政策をとった。

パラグアイ以外のカリブ・中南米旅行情報

パラグアイ以外の、他のカリブ・中南米地域の旅行情報はこちらから。

※記載している情報は予告なく変更される場合があります。最新情報はご自身でご確認ください。

パラグアイ旅行
格安航空券を検索する
出発地
目的地
カリブ・中南米 - パラグアイ
日本出発日(往路)
現地出発日(復路)
★さらに絞込みができます。
航空会社
座席クラス
人数
大人  人   子供  人

10人以上の方はこちらから

検索する

航空券+ホテル・セット割で検索する


上部へ戻る