ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

24時間パッとカンタン、スグ買える ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

         


バーレーン


バーレーンについて

アラビア湾に浮かぶバーレーンは、穏やかな気候の33の島から構成さる小さな島国である。国土のほとんどが石灰石の荒野であるが、北部の一帯は豊かな緑が広がっている。ここではジューシーで甘いナツメヤシをはじめ、色とりどりのフルーツが栽培されている。石油収入をもとにして急成長を果たし、最近では観光にも力を入れており、治安もよく、外国文化に寛容な国である。

バーレーンの基本情報

正式名称

バーレーン王国(Kingdom of Bahrain)

首都

マナーマ(Manama)

通貨

バーレーン・ディナールBD(Dinar)とフィルス(Fils)

人口

72万8000人(2009年)

言語

言語は公用語がアラビア語で、他に英語、ペルシア語、ウルドゥー語などが使われる。

宗教

イスラム教のシーア派が7割、スンニ派が3割

民族

バーレーン人は全体の51%、そのほかインド人、パキスタン人、イラン人など

面積

720.14平方キロメートル(奄美大島とほぼ同じ)

位置

バーレーンは中東・西アジアに位置し、サウジアラビアの東のペルシア湾のバーレーン島を主島とした国である。北緯は26度、東経は50~51度に位置する大小33の島々からなる島国。面積は日本の奄美大島と同じくらいである。国土の大半が砂漠と石灰岩に覆われており、平坦な島で最高地点は150メートルである。サウジアラビアとはキング・ファハド・コーズウエイという全長約24キロメートルの橋によって結ばれている。

気候

バーレーンは砂漠気候に属している。6月から9月にかけての夏季は、非常に暑く、日中の気温が40度を超えることも多い。これに対し12月から2月の冬季は、比較的過ごしやすい気候になり、日中の気温が20度前後となっている。ただし、夜は急激に冷え込むことが多い。また、年間を通して、アラビア海に囲まれている島国のバーレーンの湿度は高い。年平均の最高湿度も80%となっており、砂嵐が多く、季節の変わり目には島全体が覆われてしまうこともある。

時差

日本との時差はマイナス6時間

バーレーン旅行の格安航空券

バーレーン旅行への航空券はこちらをおすすめ!

バーレーンの旅行情報

バーレーン旅行の見どころや文化など、旅行情報はこちら!

バーレーンの空の玄関口

バーレーンの空の玄関口であるバーレーン国際空港(Bahrain International Airport)は、バーレーン・アル・ムハラーク島にある国際空港である。首都マナーマの北郊に位置し、北緯は、26度16分15秒で東経は50度38分01秒である。この空港は、国営航空会社のガルフエアがアジアやヨーロッパ、アフリカ、オセアニア諸国に乗り入れている他、世界各国の航空会社がバーレーン国際空港に乗り入れている。日本から行く場合はバンコク、ドバイなどで乗り換えていくのが一般的である。

バーレーンの観光スポット

生命の木
ドハン山の南東約2キロメートルに、砂漠にぽつんと立っている大きな木がある。水源が不明なのに力強く生い茂る姿から「生命の木」と呼ばれる。冬には葉を落とすが、春と秋に黄色い花を咲かせる。

バーレーン国立博物館
バーレーン国立博物館は1988年にオープンした中東で最大の規模を誇る博物館である。古墳の展示が有名であり、イスラムが伝播するまで3世紀にわたってバーレーンを支配したディルムン文明の展示や、タイロス時代に築かれたという地下灌漑システムを見ることが出来る。

アラード要塞
アラード要塞は、空港の近くに建つ15世紀建造の要塞である。典型的なアラブ様式で、ポルトガルに支配される前の時代に使用されていた。日が落ちると美しくライトアップされる。

グランド・モスク
グランド・モスクは、バーレーンで一番大きなモスクである。このモスクは夏の暑さを最小限にとどめるよう、繊維ガラスのドームになっている。最大7000の礼拝者が、1日5回、塔からの音声を聞きながら礼拝をするためにここに集まる。観光客は礼拝の時間を除いて見学可能ですが、靴を脱ぎ、女性は髪を覆って入場しなければならない。

バーレーンの世界遺産

カラート・アル・バーレーンは、バーレーンに残る遺跡で、紀元前2300年代から16世紀まで、人が住んでおり、かつてメソポタミアとインダスをつなぐ中継貿易の拠点として栄えていた。バーレーン・フォートあるいはポルトガル・フォートとも呼ばれている。遺跡は、バーレーンを支配したポルトガルが残した城砦跡であり、ディルムンのものだけではなく、サーサーン朝様式、イスラーム様式、16世紀に入植したポルトガルの様式まで、様々な建築物が積み重なっているのである。

バーレーンのグルメ

バーレーンの伝統的な食べ物は、魚と肉とお米、そしてデーツと呼ばれるナツメヤシの実で、魚や肉と一緒に供されるマクブースと呼ばれるスパイシーな味付けの炊き込みご飯が有名である。バーレーンのナツメヤシ栽培は古い歴史を持ち、その実はジューシーで甘くなっている。

また、西アジア諸国にあるファラフェルというつぶしたひよこ豆をボール型に揚げた、ピタパンに詰めたサンドウィッチや、回し焼き肉のシュワルマというドネルケバブや、サモサなどもよく食べられている。また、バーレーンではコーヒーが有名である。ローズウォーターやカルダモン、サフランで風味付けしたガーワと呼ばれるコーヒーがよく飲まれている。

※記載している情報は予告なく変更される場合があります。最新情報はご自身でご確認ください。

バーレーン旅行
格安航空券を検索する
出発地
目的地
中東・アフリカ - バーレーン
日本出発日(往路)
現地出発日(復路)
★さらに絞込みができます。
航空会社
座席クラス
人数
大人  人   子供  人

10人以上の方はこちらから

検索する

航空券+ホテル・セット割で検索する


上部へ戻る